帰省しない派、に吉報。渋谷で味わえる「年越しそば」と「お雑煮」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まもなく2016年。年末年始といえば、大晦日の「年越しそば」と年始に食べる「お雑煮」は季節の風物詩として外せないメニューですよね。
でも、ひとり暮らしで実家に帰省されない方などは、「そんなの準備する時間もないし」「自分で作るのもめんどくさいし」なんて、うっかり食べ損ねてしまうことも多いのでは?
そんなあなたも、今年は渋谷に来れば大丈夫。
都心でだって、美味しい年越しそばはもちろん、お雑煮だって食べられちゃうんです。

渋谷の雑踏にひっそりとたたずむ。
「福田屋」の蕎麦で、しっとり年越しはいかが?

福田屋 天せいろ

年越しそばとしても人気の高い「天せいろ(1,600円〈税込〉)」

渋谷にもそばを食べられる店は数多くありますが、その中でも老舗の一軒がこの「福田屋」。「こんなところにそば屋が?」と驚いてしまうほど渋谷のど真ん中、道玄坂を登って右に曲がるとビルの2階にお店を発見。
店内は落ち着いた和の雰囲気で、小さな箱庭の景色なども楽しめ、穏やかな気持ちで年越しそばをいただけそうです。
創業60年以上の歴史を誇るこの店では、基本に忠実につくられた昔ながらの2:8そばをお召しあがりいただけます。
年越しそばとして人気なのは、写真の「天せいろ」と「天婦羅そば(1,400円〈税込〉)」。海老はサイズが大きくて食べ応えも抜群です。
こちらの店舗では、お酒をたしなみながらそばをいただく方も多いとか。
そんなゆったりした大人の楽しみ方も、年末ならではですね。

福田屋
東京都渋谷区道玄坂2-25-15 福田ビル2F
Tel.03-3476-6437
営業時間11:00〜15:30、17:00〜20:30
※土曜日は〜15:30まで。
※日曜・祝日休み
※1月1日(金)〜4日(月)は休業。

みんなでいただくと、もっと美味しい!
「東京へぎそば匠」でそばを囲んで年越しを。

東京へぎそば匠 渋谷文化村通り店 へきそば

繊細かつ豪快な盛り付けで、目にも楽しい「へぎそば 中(2〜3人前)2,330円(税込)

“へぎ”と呼ばれる器に小分けに盛られた新潟名物のへぎそばをいただけるのが、「東京へぎそば匠」。最大で6人前までがひとつのへぎに盛られてくるので、みんなでワイワイ分け合って食べるのがおすすめです。
つなぎに布海苔をつかっているのがへぎそばの特徴。ツルツルとしていてコシがあり、のどごしも良く、さらに布海苔による少し粘度のある食感も楽しめます。
新潟では甘めのつゆで食べるのが一般的だそうですが、こちらでは濃いめで少し辛めの東京のそばつゆでいただきます。生そばの持ち帰りもOK。
夜遅くまで営業しているのも嬉しいポイントです。

東京へぎそば匠 渋谷文化村通り店
東京都渋谷区道玄坂2-23-14 道玄坂225ビルB
Tel.03-5784-6680
営業時間17:30〜翌4:00(ラストオーダー3:30)
※1月1日(金)〜4日(月)は休業。

日本各地のお雑煮や新年を祝う郷土料理が
渋谷でいただける「d47食堂」

d47食堂 お正月限定メニュー

※写真はイメージです。

年が明けたら、渋谷ヒカリエ8Fにあるd47食堂へ。
1月2日(土)、3日(日)の2日間限定のお正月特別メニューとして、日本各地のお雑煮や新年を祝う郷土料理がいただけるそうです。
白味噌に餡餅をいれて食べる香川県の「あんもち雑煮」をはじめ、押し寿司や麺をメインにした日本各地の3種のお正月料理も登場。 あたなの懐かしい故郷の味が食べられるかも?
東京で年末年始を迎えられる方は、ふるさとを思い出しながら渋谷でお雑煮を召しあがってみてはいかがでしょうか。

あたたかいおそば&お雑煮でほっこり温まって、
みなさまどうぞよいお年をお迎えくださいませ。

d47食堂
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F
Tel.03-6427-2303
営業時間11:30〜22:30
※1月1日(金・祝)は全館休業。
※12月31日(木)、及び1月2日(土)の営業時間は11:00~20:00
(フードラストオーダー19:00、ドリンクラストオーダー 19:30。)
※仕入れ状況によりメニュー内容に一部変更がある場合がございます。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加