もしかして、5月病? そんなとき試してほしい3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近なんとなくやる気が出ない。気力が沸かない…。それってもしかしたら、5月病かも。
5月病は特に4月から環境が変わった新入社員や転職者などがなりやすいと言われています。ゴールデンウィークでゆったり過ごしたあとの仕事復帰時に、溜まっていた疲れに気がつく人も多いようです。ネガティブな思考になったり、なんとなく身体が重かったり。あなたは大丈夫でしょうか…?

そこで今回は「これって5月病?」と思ったときに試してほしい3つの対処法を紹介します。

キャンドルで、ゆっくり癒しのひとときを。

アロマキャンドル

画像出典:https://iroza.jp/specials/candle

休日にどこかに行くのもいいけれど、なんだか今日はお家にいたい。そんなふうに思うこともありますよね?特にゴールデンウィーク明けは、お出掛け疲れでドッと疲労がたまることも…。

お家でのリラックスタイムを充実させるために、ぜひ使ってみて欲しいのが「キャンドル」。ゆらゆらきらめく炎を見ていると、ふっと気持ちが安らぎます。キャンドルは雰囲気をつくってくれるだけではありません。炎のゆらめきは心臓の鼓動と同じリズムなので、自然にカラダと脳のストレスを和らげてくれるそう。なんとキャンドルを1時間使用したときに脳が感じる癒しの効果は、スパで1時間過ごしたときと、ほとんど同じなんだとか!

香り付きのアロマキャンドルを使えば、甘く広がる香りが疲れたカラダも心も癒やしてくます。夏を思わせる爽やかな海の香り、夜もぐっすり眠れるラベンダーの香り、大切な人との時間をより濃厚にしてくれそうな情熱的な甘い香り、女性らしさを引き立てる優しいローズの香りなど、お気に入りのアロマキャンドルを探してみては?

(※医薬品ではございません。人により効果は異なります)

「ゆらゆら揺れるキャンドルの灯りで癒やされる時間」
典元:IROZA MAGAZINE

アクティブスタイルでアウトドアにお出かけ!

デニム

画像出典:https://iroza.jp/specials/denim

外で過ごすにはもってこいの季節。暖かな春の日差しを浴びているだけで、心も身体もリフレッシュします。綺麗な花や緑などを愛でながら自然の色や風を感じているだけで、疲れた心も洗われそう。本格的な暑さが始まる前のこの時期は、河川敷でのバーベキューやフルーツ狩りもおすすめ。ペットを連れて近所の公園などにお出掛けするだけでも、癒し効果バツグンですよ。
普段は誘われるのを待っているあなた。たまには自分から、友人に声をかけてお出掛けしてみてはどうでしょう?

アクティブに過ごすときには、服装もいつもよりリラックスモードで。動きやすさや着心地を重視して、休日スタイルをセレクトしましょう。
アクティブスタイルの定番、不動の人気ファッションアイテムといえばやっぱり「デニム」。気分が落ち込んで何もやる気が出ないときこそ、アクティブさたっぷりのデニムコーデで気分を盛り上げましょう!5月は心地よい気温で過ごくなるタイミングなので、Tシャツとデニムの定番ラフスタイルや、ゆるめのボーイズデニムで少年っぽさを出すのもかわいいですよね♪

「ワードローブの必須アイテムといば「デニム」!」
典元:IROZA MAGAZINE

風水で、気分も運気もUP!

チェック柄 ティート

画像出典:https://iroza.jp/magazine/lucky-items

「なんかツイてないな…」「うまくいかないな」と思うような出来事が続いてしまったら、風水のチカラを借りてガラッと運気ごと変えてみましょう!風水カラーを意識したラッキーアイテムで、強運を呼び込んでみるのもアリ。
風水って難しいんじゃない?と思われがちですが、そんなことはありません。
「色」や「模様」にも風水が関係しているので、実は普段のファッションにも意外に簡単に取入れられちゃうんです。
風水によると2016年は「地盤を固めるのによい年」。そのため、ファッションも“土”の気を持つ素材、色柄を楽しむことが開運の近道。コットンやリネンのような天然素材を使った服を選んでみましょう。ラッキーカラーは土に含まれるイエロー、土から育っていく草木のグリーン、コーディネートに迷ったときは他の色のパワーを増大させるホワイトを取り入れるとGOODです。

「2016年は二黒土星の年、風水的ラッキーアイテムの選び方」
典元:IROZA MAGAZINE

いかがでしたか?あなたの体調や気分に合わせた方法でリフレッシュして、5月病対策もバッチリ。自分の気分を上手にコントロールして、プライベートも仕事も楽しめる充実した毎日を。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加