今さら聞けない「お中元」の基本マナー バッチリ押さえてデキる大人の女性に♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段お世話になっている方へ、日頃の感謝とこれからもよろしくという意味を込めて贈る「お中元」。こういった日本ならではの慣習への対応がきちんと出来てこそ、「真の大人の女性」と言えるのではないでしょうか。とはいえ、「いつ、誰に、どんなものを贈れば喜ばれるの?」そんな風に迷ってしまう方も多いはず。
お店などで「のし紙はいかがいたしましょうか?」
 と言われて、う~ん・・・と困った経験がある人も少なくないはず。

そもそも、お中元の起源とは?

お中元 マナー

元々、「中元」とは道教の思想に由来した古く中国で伝わる祭日で、人々はお祝いにお供え物をしていました。
一方、日本には仏教の先祖供養の行事「盆」があり、盆には親や親戚、近所の人々の間で霊前に供える品物をやりとりする習慣がありました。当時から、死者を供養すると共に生きた魂も供養するという考え方の下、物品の取り交わしも行われていたようです。
この「盆」の慣習が中国の中元の文化と結びつき、現在のように盆の時期に贈り物のやりとりをするようになったそう。
この慣習は室町時代に公家の間で広まり、江戸時代になると庶民の間でも定着したということです。

誰に贈るものなの?

一年の上半期の区切りを意味する「お中元」。
夏のご挨拶とも言われ、日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちや挨拶を伝える習わしがあります。親や兄弟、親戚、結婚式の仲人、恩師、会社の上司、仕事の取引先などが主な贈り先となります。

お中元を贈る時期は地域によって違う?

お中元は6月下旬から8月上旬までの間に送るのが通例ですが、関東なら7月初旬~7月15日まで、関西なら7月下旬~8月15日までに贈るのが一般的です。贈る相手先の住んでいる地域によって期間が違うので、ここはしっかりと気をつけましょう。

お中元の「のし紙」の書き方は?

いざ贈る時に意外に困ってしまうのが「のし紙」。
お店などで「のし紙はいかがいたしましょうか?」と言われて、う~ん・・と困った経験がある人も少なくないはず。
お中元の場合、水引きは「紅白の蝶結び」のものを選びます。用向きには、「御中元」または「お中元」と書きましょう。
個人で贈る場合には、下段中央にフルネームで自分の名前を。連名で贈る際には、目上の人の名前を右側から順に書きましょう。

お中元の選び方は?

喜んでいただく事が何よりも大事なお中元。 贈り先の家族構成や好みに合わせたものを選ぶのが一番です。お子さんがいるかどうか?お酒が好きか?グルメであるか?など、出来るだけ詳しくリサーチしてみて。
ひんやりしたものやスタミナのつくものなど、夏らしい贈り物も喜ばれます。
最近では、地域限定(産地直送など)のものや、お中元用に販売されている期間限定商品なども人気が高いようです。それでは、実際に選ぶ時のポイントをチェックしておきましょう!

定番品には、ちょっと一ひねりを

お中元 ビール

https://shop.tokyu-dept.co.jp/ec/p/C16-553-966H

夏の贈り物の定番「ビール」なら、普段なかなか飲めないものをセレクトして贈るとみんなと差が付きます。地ビールや上面発酵(エール)によってつくられたフルーティーで複雑な味わいをもつ〈YONA YONA ALE〉の入ったセットはいかが?

ボリュームも考えて選びたい

お中元 ハム

https://shop.tokyu-dept.co.jp/ec/p/C16-546-533QT

こちらもお中元の大定番ともいえる「ハム」。
これだけのボリュームがあれば、家族みんなでしっかりと楽しんでいただけそうです。なにより、毎日食事を考えるお母さんたちの評価は確実に◎なはず。
こだわりの味を受け継ぐドイツの老舗〈ダルマイヤー〉のハムとソーセージは、伝統の手法で肉の旨味と個性を最大限に引き出した一品です。

見た目の華やかさは重要!

お中元 京橋千疋屋

https://shop.tokyu-dept.co.jp/ec/p/C16-567-251L

お中元が手元に届くと、「何が届いたのかな?」ってわくわくしますよね。包みをほどき、箱を開けるまでのあの期待感・・・!それこそが、お中元の醍醐味ではないでしょうか?
そんなを裏切らないためには、こんな美しいスイーツギフトはいかが?
フルーツの鮮やかな彩りとみずみずしい香りに思わずうっとりしてしまう〈京橋千疋屋〉のシーズンスイーツなら、年齢を問わず家族みんなで楽しんでもらえそうです。

季節感を重視して

お中元 PARIYA

https://shop.tokyu-dept.co.jp/ec/p/C16-572-284L

お中元もお歳暮も、四季のあるこの国らしい風習。昔に倣って、現代でもやはり季節を感じるものを贈るのが、通な女性のたしなみです。
絶品ジェラートが揃う〈PARIYA〉では、季節ごとに新しいジェラートも登場するので新しい物好きの方へもオススメ。ひんやり癒されて、元気に夏を乗り切れそうです!

いかがでしたか?
自分が贈りたいものより、相手が喜ぶものを想像してリサーチして選ぶのが、喜ばれるお中元を選ぶ秘訣だとか。
気持ちが伝わる贈り物で、お相手との関係がさらに深まりますように。

ライター:入澤 華子

■印象アップ間違いなし! 接待の手土産&客先へのお土産の上手な選び方
■「渋谷グルメ食べ歩き女子部」第3弾 〜女子ひとりでも大歓迎なラーメン店3選〜
■注目のファッションや話題のスイーツが揃った「HINKA RINKA」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加