暑さ対策万全でお出掛けしよう! 目指せ、“涼やか”浴衣美人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏定番のイベント服でもあり、夏の「勝負服」といえば・・・そう、“浴衣”。普段のお洋服よりも格段に女性の「色気」や「艶やかさ」を感じさせることの出来る浴衣ですが、着るだけで自ずとしぐさや立ち振る舞いまで美しくなり、いつもより上品な大人の女性に魅せてくれる、そんなとっておきの勝負服なんです。

浴衣 着こなし方

見た目よりもずっと暑い・・?
暑さ対策は万全に。

そんな浴衣ですが、着るときに最も気を付けたいのが「暑さ対策」。見た目にはとっても涼やかな浴衣ですが、実際に着てみると意外に「暑い!」と、びっくりするかも。
特に帯の部分は、硬くて厚地の帯をしっかりと巻くうえに通気性も悪いため、かなり蒸し暑く感じるでしょう。
でも、せっかくの勝負服!汗だらだらで「大丈夫・・?」なんて彼に心配されるようではがっかりですよね。
今日は、そんな浴衣を着る際の暑さ対策をご紹介しちゃいます。

「着る前」に万全の準備を!

着付けの前に、まずはあまり暑すぎないぬるめのシャワーで汗をしっかりと流しましょう。着る前に制汗スプレーなどを使って汗を抑えるのも、効果がありますよ。
また、着付けには慣れていないと意外に時間がかかるもの。着付けをする部屋をあらかじめ冷房でしっかりと冷やしておくのもポイントです。

見えないところに工夫して

浴衣を美しく、そして快適に着こなすには「インナー選び」が最も重要とも言えます。
一枚中に着てしまうとかえって暑いのでは・・?と思うかもしれませんが、インナーは汗を吸ってくれるので体温調節が上手に出来て断然快適に過ごせます。
最近では吸水速乾など様々な機能性のある肌着も販売されているのでチェックしてみましょう。
一番汗をかきやすい帯を巻く位置には、タオルを巻いておくと汗をしっかり吸ってくれます。ちなみに帯は簡単に洗えないものがほとんどなので、汗を吸わないように注意して。

これは持っていきたい!
浴衣コーデに必須の涼感アイテム

浴衣 着こなし

「うちわや扇子」
浴衣は襟元や首元が広く開いているので、ここに風を送ると全身クールダウンできます。たもとに向けて風を送るイメージであおいでみて。
うちわや扇子はおしゃれアイテムとして持っていたいのももちろんですが、実用的にも使いこなしてしっかり涼しさを感じちゃいましょう。

「タオルハンカチ」
肌の露出部分が少ない浴衣ですが、唯一しっかりと出ている首筋に冷たいものを当てると即、冷却効果が感じられます。タオルハンカチを水で絞って首筋にあてたり、こまめに脇の下をぬぐうと、汗による不快感がかなり和らぎます。
そのままだと鞄や巾着が濡れてしまうので、おしぼりケースのような入れ物があるとベターです。

「保冷剤や冷却スプレー」
色々あるけど、でもまだ暑い!そんなときは四の五の言っていられません。
上級者は、保冷剤を凍らせてタイルに包んで持参したり、二の腕に冷却シートを貼ったりしている様子。冷却スプレーも、うだるような暑い夏の必須アイテムです。

見ためだって重要!
涼やかな着こなしとは?

浴衣 着こなし

さて、自分が涼しいのももちろんですが、ぜひ一緒に出掛ける相手にも「涼し気だな」と思ってもらいたいところ。気を付けたいのは浴衣×帯の色合わせやデザインです。
例えば濃い青系統の色を選ぶと、全体に締まって見えるうえに、さわやかさ・涼やかさも演出できます。
ブルー×ホワイトの組み合わせやネイビ~パープルのグラデーションカラーで全体にコントラストをつけすぎず、シンプルなワントーンでまとめると上品な雰囲気に仕上がります。

今年のトレンド「レトロ柄」で
涼感美人に

浴衣 着こなし

これまではカラフルでポップな浴衣が人気でしたが、最近の浴衣トレンドはずばり「レトロ」。伝統的な和のテキスタイルや古典的な花の模様など、どこか懐かしい雰囲気が逆に今っぽくて、上品で楚々とした儚げな雰囲気も演出できると大人女子の注目を集めています。
ベースカラーはシンプルなモノトーンやネイビー、グレーなどで落ち着いた大人っぽさを表現しながら、柄や帯でさりげなく差し色を効かせて。

<東京ますいわや>
婦人浴衣・・・<税込>45,360円、半巾帯・・・<税込>16,200円、下駄・・・<税込>10,584円、かご・・・<税込>12,960円

親子でコーディネートも☆
お子様用にこんな可愛い浴衣も!

浴衣 着こなし

キッズ向けの浴衣も、最近は可愛いデザインのものが多数販売されています。
キッズだっておめかししてお出掛けすれば、お祭りや花火が一層思い出に残る特別な一日に。
こちらの写真は子供服の老舗<ミキハウス>の女児用浴衣。可愛らしさを一層引き出してくれる白地に、可憐な赤の小花柄をちりばめました。
帯&鼻緒も赤で揃えて女の子らしく。ちょっと背伸びして、大人気分になれる一着です♪

<ミキハウス>
女児浴衣・・・<税込>12,960円~16,200円、帯・・・<税込>8,424円、下駄・・・<税込>5,508円

着こなしにも見た目にも、涼やかさが重要な浴衣コーディネート。
この夏はぜひ快適&キュートな浴衣スタイルで、渋谷の街を歩いてみませんか?

■渋谷駅・東急東横店 西館7階 東京ますいわや
■渋谷駅・東急東横店 西館6階 ミキハウス

■旅先のお供に!便利で優秀なトラベル用コスメキット
■渋谷が舞台のおすすめ映画をSHIBUYA TSUTAYAでリサ―チ
■【連載 短編小説】シブヤ関係 第二回ミラーボールの下のパンケーキは時間をかけて焼きあがる

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加