あなたはどっちで夏を楽しむ? 「夏シロ」vs「夏クロ」スタイリングバトル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラフルで華やかなカラーに目が行きがちな夏だけど、実は夏こそ街で目を引くのが、意外にも「モノトーンスタイル」なんです。
肌の露出が増え、そのぶんお洋服がボリュームダウンするので、シンプルなカラーのコーディネイトでも寂しくなりすぎず、むしろカラフルなコーディネートよりもお洒落にこなれて見えるから不思議。日焼けした肌と真っ白なスタイリング、美白肌を引き立たせる黒コーデなど、自分の肌色とのコントラストまで計算すれば、真のお洒落上級者です♪
爽やかなシロに、モードなクロ。あなたはどちらをチョイスして夏を楽しみますか?

夏シロvs夏クロバトル その1
「ワンツーコーデ」

モノトーンコーディネート

1着ずつのシンプルなワンツーコーデバトル。
ホワイトは、この夏大ブームのオフショルで勝負。ふんわりシルエットのブラウスは肌見せを上品に仕上げてくれます。ボトムにはレディな花柄スカートを合わせて、フェミニンなオールホワイトコーデに。
一方ブラックは、ジョーゼットで軽やかなスカンツをメインにゆるっとした女性らしいスタイリング。トップスに迎えたのは、ジョーゼットのドッキングプルオーバー。バックがプリーツになった後ろ姿も可愛くて、細かい部分のディテールがニクい!定番カラーで季節感を出すのが難しいクロも、素材やシルエットで変化をつけて遊びを加えるのがポイントです。

【シロ】
〈エディットコロン〉
リボンオフショルダー・・・〈税込〉6,912円、モノトーンシアーフラワースカート・・・〈税込〉11,448円

【クロ】
〈プチ ビス〉
後ろプリーツプルオーバー・・・〈税込〉3,132円、ジョーゼットスカンツ・・・〈税込〉4,212円

夏シロvs夏クロバトル その2
「セットアップ」

モノトーンコーディネート

続いてはトレンドど真ん中の「セットアップ」対決。
シロの夏らしく涼しげなセットアップは、スポーツ感のでるスポサンを合わせると今年らしいコーディネートに仕上がります。足下がフラットな分、ハットを加えて全体のバランスを調整して。
クロのセットアップは、透け感のあるブラウスにゆるっとしたパンツを合わせて、全身クロでも重たくならないように仕上げたのがポイント。足下にはシロと同じくフラットなサンダルを合わせてヌケ感を。バッグのゴールドチェーンでコーデをさりげなく格上げを狙って★

【シロ】
〈アンカットバウンド〉
〈SUPP.no one else〉トップス・・・〈税込〉14,040円、〈SUPP.no one else〉パンツ・・・〈税込〉18,360円、〈PASSEPARTOUT〉ハット・・・〈税込〉5,148円、〈Calzanor〉サンダル・・・〈税込〉15,984円

【クロ】
〈アンカットバウンド〉
〈Ecua-Andino〉ハット・・・〈税込〉10,260円、〈EDER shoes〉サンダル・・・〈税込〉12,960円、〈Kassiopea〉バッグ・・・〈税込〉15,120円、〈Munich〉トップス・・・〈税込〉15,120円、〈MARECHAL TERRE〉パンツ・・・〈税込〉15,120円

夏シロvs夏クロバトル その3
「ガーリースタイル」

モノトーンコーディネート

ちょっと女らしさを楽しみたい日のシロコーデは、デッドストックのフラワープリントの素材で作ったオールインワンにシースルートップスをレイヤード。フレアに大きく広がったシルエットが甘さを演出し、なおかつスタイルアップも狙えちゃいます。バッグはカジュアルになりすぎないよう、辛口なクラッチバッグを合わせて。
一方クロは、首元のリボンがインパクトのあるシンプルだけど存在感のあるワンピースをチョイス。大人っぽさと少女のような可憐さが同時に表現てきる一枚です。足下をカジュアルダウンすることで、ドレッシーになりすぎず、デイリーにも着こなせます。

【シロ】
〈イロザ〉
〈Dolly&Molly〉シースルーAライントップス・・・〈税込〉10,584円、〈So〉オールインワン・・・〈税込〉15,660円、〈RGB Laboratory〉バッグ・・・〈税込〉5,184円、〈FREE FISH〉シューズ・・・〈税込〉4,104円、〈A Cloudy Dream〉イヤリング・・・〈税込〉7,452円

【クロ】
〈イロザ〉
〈tiit〉ワンピース・・・〈税込〉18,900円、〈Rough’N’tumble〉ピアス・・・〈税込〉12,960円、〈NL〉バッグ・・・〈税込〉17,820円、〈FESSURA〉シューズ・・・〈税込〉19,224円

シロ×クロのコーディネートバトル、いかがでしたか?
番のモノトーンコーデも素材やシルエットで遊びをきかせれば、おしゃれ度が劇的にアップ。夏こそモノトーンにぜひチャレンジしてみてくださいね♪

■渋谷駅・東急東横店 西館1階 SHIBUYAスクランブルⅠ アンカットバウンド/イロザ/エディットコロン/プチビス

ライター:池城仁来

■誰よりもおしゃれで可愛く目立ちたい! NEOフェスコーデ
■劇的においしく食べられる? “梅雨”こそ吟味したい、こだわりの麺“つゆ”
■3ステップで簡単!トレンドの「グリーンメイク」をマスター

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加