この秋一番、色っぽい。ボルドーのワントーンメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋一番の人気カラーといっても過言ではない「ボルドー」。アイメイクもチークもリップも、ボルドーで統一すると洗練感が増し、瞬時にトレンド顔に変身できちゃいます。
各ブランドの推しボルドーコスメアイテムとともに、ボルドーメイクの上級テクニックをご紹介!

アンニュイで色っぽいのが「ボルドーメイク」の魅力

ボルドーメイク

目元も頬も口元もボルドーで統一してしまったら、ちょっとハデになるのでは?そんなふうに懸念しちゃう女性も多いようですが、でも大丈夫!温かみを感じさせる深みのあるボルドーは思っているよりもずっと肌なじみがよく、落ち着きのあるシックな表情を引き出してくれますよ。大人の女性だからこそ似合うこの色を上手に使いこなして、この秋、あなたの魅力をぐーんと上昇させちゃいましょう♡ 

2色のボルドー使いで立体的な目元に

ボルドーメイク

まずは〈RMK〉のアイシャドウパレット(下写真参考)の中央のボルドーを、まぶた全体にのせていきます。さらに〈ナチュラグラッセ〉のアイシャドウパレット(下写真参考)の右上のボルドーを、黒目の上から目尻までの1/2程度に重ねて、ボルドーのグラデーションをつくります。

ボルドーメイク

2色のボルドーが織りなす絶妙なグラデーションがまぶたに奥行きを出し、伏し目も横顔も見惚れるほど色っぽくて美しい目元が完成!

ボルドーに満ち満ちた、質感と発色の美しい口元に

ボルドーメイク

〈クリニーク〉のリップ(下写真参考)は、熟したベリーのように濃厚なカラー。専用のチップ、又は細いブラシを使って色みを加減しつつ、唇の縦ジワを埋めるように丁寧に塗りこんでいくと一層美しい発色が叶います。
唇全体をフチどってから中心に向かってなじませ、マットな質感を出すのがポイント。

2016年秋のイチオシ! ボルドーのアイシャドウ&チーク

ボルドーメイク

ジュエリーのようにきらめく〈エレガンス〉のアイシャドウパレットは、熟成ワインのようなボルドーが目元に色気をプラス。
〈RMK〉は今回のモデルアイメイク使用色。ブレンド次第で仕上がりの強弱をコントロールできるから、ボルドーが気軽に取り入れやすい。〈M・A・C〉のチークで、上気したような赤みを頬に再現。
〈ナチュラグラッセ〉はモデルアイメイク使用色。天然ミネラル成分配合のなめらかなパウダーはフィット感が高く、色持ち抜群。エレガントな目元を演出します。
ピュアな雰囲気もありつつセクシーさも引き出してくれる〈ジルスチュアート〉のチークは、火照ったようなリアルな血色感を再現できる逸品!

写真左から:
〈エレガンス〉エレガンス ヌーヴェルアイズ 19・・・〈税込〉5,940円
〈RMK〉カラーパフォーマンスアイズ 04・・・〈税込〉4,860円
〈M・A・C〉ミネラライズ ブラッシュ グリーフル・・・〈税込〉3,780円
〈ナチュラグラッセ〉アイカラー パフェ BO1・・・〈税込〉3,888円
〈ジルスチュアート ビューティ〉ミックスブラッシュ コンパクト N・・〈税込〉4,860円

女っぷりを高める!ボルドーリップ

ボルドーメイク

〈クリニーク〉はモデルリップメイク使用色。ひと塗りで濃密に発色し、飲食しても美しい仕上がりをキープ。塗った瞬間に旬の秋顔になれ「マストバイ」リップ! 
流れ星のような〈アナ スイ コスメティックス〉のリップスティックは、可愛らしさとセクシーさの両方が手に入ります。
〈NARS〉は視線を奪うほど濃厚な発色! 直塗りもいいけれど、指でポンポンとラフ塗りしてカジュアルに仕上げるのも今っぽい。
植物オイルとエキスが配合された〈ナチュラグラッセ〉のルージュは、乾燥しがちな唇をしっとり潤しつつ鮮やかに彩ります。〈RMK〉のルージュは上品なツヤ感で、華やかな口元に変身させてくれます。

〈クリニーク〉クリニーク ポップ リキッド マット 05・・・〈税込〉3,456円
〈アナ スイ コスメティックス〉リップスティック V 402・・・〈税込〉3,024円
〈ナーズ〉オーディシャスリップスティック 9478・・・〈税込〉3,888円
〈ナチュラグラッセ〉ルージュ ドロップ モイスト RD01・・・〈税込〉3,456円
〈RMK〉イレジスティブルグローリップス 12・・・〈税込〉3,240円

この秋はボルドーのワントーンメイクをマスターして、オシャレで色っぽい顔を手に入れましょう♪

■渋谷駅・東急東横店 西館1階SHIBUYAスクランブルⅠ RMK/M・A・C/ジルスチュアート ビューティ/アナ スイ コスメティックス/NARS
■渋谷駅・東急東横店 西館5階 エレガンス/ナチュラグラッセ/クリニーク

ライター:松下侑衣花

■今シーズン一番の注目色! 誰でも今顔になれる、大人のテラコッタカラー
■ファッショニスタ、キレキレのダンス、謎の人気者!? 可愛いだけじゃない「東横ハチ公」の秘密
■「僕らが渋谷スクランブル交差点に来た理由」 vol.01 ポーランド出身のラドスロー&アダムの場合

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加