「渋谷グルメ食べ歩き女子部」第5弾 〜ひとりでも行きたい かつどん屋 瑞兆〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションからカルチャーまで、何でも揃う街「渋谷」。その中でも忘れちゃいけないのが、“グルメ”情報です。THE SCRAMBLEでは、不定期連載で渋谷のグルメ情報を紹介する企画を慣行中。
第5弾は、「どんぶり」です。丼物と聞くとなかなか女性は敬遠しがちかもしれませんが、実は渋谷には「カツ丼」だけを専門に扱う超名店があると聞くと、これは気になっちゃいますよね!?
今回は、女子部ライターTが足繁く通う「かつ丼」の名店を紹介します!

渋谷グルメ食べ歩き女子部とは?

O部長を中心とした、シブヤニスタ女子たちによる食べ歩き部隊。
▼O部長
 東急百貨店宣伝部に所属し、THE SCRAMBLEの担当者。勤務地が渋谷なこともあり、グルメ情報をたくさん握っている人物。特にお酒に関する情報では、女子部の中で右に出るものはなし。
▼T部員
 THE SCRAMBLEのライター。渋谷駅から徒歩圏内に住んでいるため、外食するときの9割は渋谷で済ませる生粋のシブヤニスタ。特に男性が好みそうな丼ものやラーメンなどの一品料理や、円山町界隈の店などに足繁く通っている。今回のお店も、T部員の行きつけ。体型のことを気にしつつも、月に一度は必ず足を運んでしまうお店。
▼K部員
 THE SCRAMBLE編集長。またの名を「美人すぎる編集長」ともいう。そんなK部員の好物は、「塩」。その塩狂いっぷりと言ったら天下一品で、塩があればなんでもいいとまで言い切るレベル。自宅には旅先で出合った数々の塩に加え、岩塩各種、薫製塩、キャビア塩など、塩まみれの生活を送っているそう。

気になる「のぼり」を発見!?

渋谷瑞兆 カツ丼

渋谷駅から徒歩10分ほど歩き、宇田川町の先の細い路地を歩いて行くと「かつどん屋」と揺らめくのぼりが見えてきます。そのお店こそ、知る人ぞ知る丼ぶりの名店「瑞兆」です。補足ですがこのお店が入っているビル、渋谷の中でも知る人ぞ知る名店揃いなので、一度チェックする価値ありの場所ですよ。

メニューは2品のみ! いたってシンプルです。

渋谷瑞兆 カツ丼

メニューはなんと潔く、「かつ丼」(1,000円)と「ビール(中)」(500円)のみ。ここまでシンプルなメニューを見るのは、人生初かも(笑)。さすが、「かつ丼屋」と言い切るだけのことはあります。その男らしい姿勢に、ますます期待値も高まります!

ご飯の量は調整可能です♡

お店に入るとまず、「ご飯の量はどうしますか?」と聞かれるので、お腹の具合と相談しながら分量を決めてください。ちなみに私は普段から「普通でお願いします!」と言っていますが、女性でもペロリと食べられる量なのでご安心を。
頼んでから数分。いよいよ待ち望んだ「かつ丼」が登場しました♡

40年以上も続く、「卵焼き on カツ」スタイル

渋谷瑞兆 カツ丼

そうなんです。卵焼きの上に、サクサクのカツがどーんと陣取り、さらにその上から甘い醤油ダレを垂らしてあります。なんとも食欲をそそる見た目……。ご主人によると、このスタイルは女将さんのお父様から引き継がれていて、40年以上も前から存在しているそう。「瑞兆」はオープンして3年ですが、このカツ丼は、もっと以前からカツ丼好きの間で親しまれてきた味だったんですね。

渋谷瑞兆 カツ丼

ちなみにかつ丼には、お吸い物とお漬物もついてきますよ!どちらもカツ丼との相性抜群、美味しさを引き立ててくれるスペシャルサポーターです♡

一口で、カツ丼の概念を覆されました

渋谷瑞兆 カツ丼

うーん、本当においしい……。

個人的に大好きなカツ丼ですが、普通のかつ丼って卵でとんかつを閉じるのでどうしてもべちゃっとした質感になってしまうのがちょっと……と思っていたんです。けれど、こちらのかつ丼は卵と分かれているので衣がサクサクのまま。甘じょっぱいタレと卵の優しい味が絶妙にマッチして、どんどんご飯が進むんです。これは今まで食べたものとはまったく違う「カツ丼」。何度食べても飽きがこないから、ついつい通い詰めてしまいます。

そんなこんなで、10分もかからないうちにぺろりと完食!
時間がないときでもさくっと食べられるのも、丼ものの魅力の1つですよね。
ちなみに私、最近では自宅で勝手にレシピを考えて真似しちゃうほどハマっています(笑)。

海外では「東京=カツ丼の街」と噂されている?

渋谷瑞兆 カツ丼

「どんな方が食べにいらっしゃいますか?」とご主人に伺ったところ、場所柄、テレビ局の方や、撮影や収録を終えて立ち寄る芸能人の方も多いそう。そしてなんといっても最近は海外からのお客様が多く、「知らない間にスペイン版のファッション雑誌に掲載されていたこともあった」とか!(笑) その記事には、「北海道は漁港の町、京都は寺の町、東京はカツ丼の町」と謳われていたそうです! これにはご主人もたいそう驚かれたそうですが、お店を目指して訪れる海外からの観光客は日に日に増えているとか。瑞兆パワー、恐るべし……。

カツ丼メニューが「カツ丼」だけだからこそ、ここまでこだわり抜いた美味しさが出せるのではないでしょうか。
一度は足を運ぶ価値あり、だと思います!
カウンター8席の店内はとてもキレイだし、女性1人で入ってもまったく問題無し。気になった方はぜひ行ってみてくださいね。

かつどん屋 瑞兆
■住所:渋谷区宇田川町41-26 パピエビル1F
■営業時間:11:30〜18:00(平日)、11:30〜20:00(土曜) ※定休日:日曜日

■【連載 短編小説】シブヤ関係 第9回 「今夜、あなたとエスプレッソを」
■2016秋冬の一大トレンドアイテム「プリーツスカート」を徹底攻略!
■簡単&「目尻カラーライン」で“旬顔”にアップデート

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加