「僕らが渋谷スクランブル交差点に来た理由」 vol.12 スペイン出身のモニカ&アヴェルの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピックに向けて、日々増え続ける外国人観光客。彼らにとって、もっとも“COOL!”な場所の一つがここ、渋谷のスクランブル交差点。
どこから?どんな目的で?何を求めて、外国人観光客はこの地にやってくるのか。
THE SCRAMBLEのスタッフが現場に出かけて、突撃インタビューしてきました!

「友達には、スクランブル交差点に行くなら夜がオススメって伝えたいです!」

外国人インタビュー

◆名前:
モニカ&アヴェル
◆出身国:
スペイン

◆日本に来て何日目?(何回目?):
「日本に来て今日で11日目です。京都、大阪、奈良、福岡、宮島に行って、東京に帰ってきました。」

◆なぜ日本に来たの?:
(アヴェル)「日本に来るのは子供の頃からの夢でした!小さい頃から、テレビゲームやアニメを通して日本には憧れを持っていましたし、ショッピングも大好きなので東京のファッションをこの目で見てみたいとずっと思っていました。」
とってもファッショナブルなアヴェルさんですが、原宿や渋谷のファッショに影響を受けているようです。原宿の竹下通りでショッピングを楽しんでから渋谷に来たんだとか。

◆日本に来てみて、感じた印象は?:
(アヴェル)「期待以上でした!人も素敵だし、文化も素敵だし、日本最高!!」
(モニカ)「日本中色々な場所に行きましたが、どこも本当に素晴らしかったです!どこが一番良かったかって?選べません!(笑)」
子供の頃から夢見てきた場所が期待以上だった、なんて経験なかなかできませんよね。二人とも日本をとっても気に入ってくれていて嬉しい限りです!

◆スクランブル交差点はどうやって知ったの?:
(アヴェル)「スクランブル交差点は本当に有名だし、日本を訪れる旅行者にとっては常識みたいなものですよ。」
◆スクランブル交差点を自分の国の友人に紹介するとしたら?
(モニカ)「私たちきのうの夜も、スクランブル交差点に来たんだけど、特に夜はネオンが美しいですね!だから、友達にはスクランブル交差点に行くなら夜がオススメって伝えたいです。」

二人の興奮で、いかに日本が好きかよく伝わってきました!確かに昼と夜では、スクランブル交差点も違う表情を持っていますよね。日本人にとって見慣れた風景も、外国人観光客のフレッシュな視点から見直すと新たな一面に気付かされます!

ライター:アオノトモカ

■ポーランド出身のラドスロー&アダムの場合
■vol.2 ロサンゼルス出身のランダー夫婦の場合
■vol.3 イタリア出身のギウリア・シャナカさんの場合

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加