昼でも夜でも、ひとりもOK!渋谷の超穴場「もつ鍋」店に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に食べたい料理といえば、やっぱり「鍋」! 忘年会や新年会シーズンでもある12月は、みんなで集まってわいわい、鍋を囲む機会が増えますよね。
鍋といっても色々な種類がありますが、中でも「もつ鍋」は、栄養たっぷりでお腹も満たされ身体も温まる、この時期の“パワーフード”そのもの。
そんな「もつ鍋」を、夜だけでなく、“昼”でも、そして“おひとりさま”でも気兼ねなく食べられる穴場店を、渋谷で発見しました! 

渋谷モヤイ像から徒歩3分の、超穴場店。

渋谷 とうか 鍋
渋谷 とうか 鍋

渋谷駅から渋谷マークシティ方面へ向かって歩き、渋谷マークシティ脇左側の路地を歩くこと約3分。
焼き鳥、イタリアン、ワインバーなど、様々な種類の飲み屋・居酒屋がひしめき合う場所の一角に、もつ鍋の穴場店を発見。その名も「とうか」です。
周りのカラフルな看板や電光掲示板に目を奪われて、iPhoneのグーグルマップを見ながらでもうっかり通り過ぎてしまいそうになりますが、目印は赤!ご来店の際には赤の「とうか」と書かれた看板を目指してみてください。

ドアを引くと、いきなり細長い階段が登場。渋谷ならではの隠れ家的雰囲気に期待が高まります。まるで誰かの家に遊びにきたかのようなホッとするような空間も、「とうか」の魅力の一つです。

コラーゲンも野菜もたっぷり!ぷりっぷりのもつ鍋が、1人前1200円から。

渋谷 とうか 鍋

「とうか」のこだわりといえば、なんといってもやっぱり、肉。新鮮で臭みが少ない肉をたくさん仕入れていて、選び抜かれたお肉がこれでもか!というくらいたっぷり入っています。また、キャベツやニラもたっぷり。女性にとって嬉しいポイントですよね。
味は全部で3種類。しょうゆ、みそ、ぽん酢のなかから好きな味を選べるのですが、初めての方には定番の「しょうゆ」がオススメ。しょうゆベースの出汁には、にんにくのスライスや唐辛子などのスパイスが隠し味として入っているので、上手にお肉の旨味を引き出してくれます。

冷えた身体がポカポカに。しつこすぎないから、胃にも優しい!

渋谷 とうか 鍋
渋谷 とうか 鍋

火をつけてから待つこと10分。山盛りだった野菜と肉がどんどんなだらかになり、肉の赤みがひいたらいよいよ食べごろ! ぷりぷりジューシーなモツと、柔らかくなったキャベツ、ニラ、そして出汁たっぷりのスープを小皿に盛り付けて…いただきます!! 

しょうゆベースはイメージよりもずっとあっさりとしていて、ほんの少しの甘みがもつの旨味そのものを引き出してくれます。味つけが濃くないから、途中で飽きてしまったり、「もうギブアップ…」なんてことにもなりにくいので大人の夜ごはんにぴったり。
驚いたことに、ライターが食べた直後から身体がポカポカとしはじめ、芯から温まっている感じがなんと夜寝るまで続いたこと。寝る前に、「スープにはにんにくのスライスや唐辛子が入っています」という店員さんの言葉が脳をよぎったほど、もつ鍋の“あっためパワー”を実感しました。

ちなみにこちら、1人前が1200円。渋谷のもつ鍋店にしては、平均もしくは少し安いくらいでしょうか。駅から徒歩3分という立地の良さと確かな味を考えるとコスパ抜群♪だと感じました。ちなみにこちらのもつ鍋、昼間も食べられるのが珍しいところ。ランチの裏メニューとなっているそうなので、メニューで見つからなくても堂々と「もつ鍋ください!」とオーダーしてしまって大丈夫(だそう)。しかもお昼の値段は1000円と、夜頼むよりも若干安い! そして1人前からOK(夜は2人前から)!! お店近辺で働く女性の皆さん、これは確実に穴場ですよ。
渋谷で鍋を食べられるお店は数多くありますが、手軽で美味しく、身体もココロも満たされるもつ鍋店「とうか」はまさに行きつけにしたくなるようなお店。鍋好きのみなさん、こちらをチェックしておいて損はないはずです!

とうか
〒153-0043 東京都渋谷区道玄坂1-11-3 フォースワンビル2F
050-5798-7386

ライター:田中絵音

■【連載】SHIBUYA 女子力向上レシピ  vol.10 ~見た目も食べ方も新感覚な「ワッフルボウル」~
■思わず買っちゃう&あげちゃう♥パケ買い必須の「美人顔」コスメ
■旬の「カーキ」の魅力を最大限に引き出す相棒は「白」アイテム!

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加