冬の風物詩スイーツ「御汁粉(おしるこ)」を渋谷で食べるなら〈茶庭 然花抄院〉へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節に一度は食べたくなる冬のスイーツといえば・・・そう、「御汁粉(おしるこ)」。餡の優しい甘みと、ホカホカ暖かいお餅のハーモニーがたまらない、もはや冬の風物詩とも言える一品ですよね。
御汁粉の魅力は、ただ美味しいことだけにとどまりません。 実は、抗酸化成分(ポリフェノール)が豊富ということもあり、お肌が気になる女性にとって嬉しい“美食”としても、近年さらに人気が高まっているんだとか。
今回、渋谷ヒカリエにある人気の甘味処〈茶庭 然花抄院〉で、期間限定で食べられる御汁粉があると聞いて早速取材してきました。

本場京都の御菓子司がプロデュースする和カフェが、渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)に

訪れたのは、渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)の5Fにある喫茶・ギャラリー〈茶庭 然花抄院〉。主にファッションやライフスタイル雑貨を扱うフロアの一番奥に位置しているため、渋谷の一等地にも関わらず意外と「知られすぎていない」穴場とも言えるかもしれません。
空間を贅沢に使用した店内は、席と席の間も広くゆったりとしていて、渋谷の喧騒や人混みから離れて静かな雰囲気を味わいたい方にオススメです。

京都に本店をかまえる御菓子司が手掛ける喫茶店というだけあり、スイーツのクオリティは本格的。様々ある魅力的なメニューの中でも、期間限定ということもあり隠れた名物となっているのが、こちらの御汁粉です。

渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院

御汁粉・・・〈税込〉1,250円~1,350円(コーヒー・紅茶・煎茶・京番茶・玄米茶、昆布茶、抹茶のいずれかとセット)

厳選された小豆を丁寧にこした繊細な味わいの御汁粉は、上品な甘さで大人の女性や男性からも受けがよさそう。こんがりと焼き目のつけられたお餅がなんとも食欲をそそります・・。上品なひと口サイズで、これならいくらでも食べられちゃいそう!

渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院

〈茶庭 然花抄院〉渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)店ご担当の木村智秀さんにお話を伺いました。
「すっきりとした甘さが好評で、幅広い年齢層の方から注文をいただいています。一日にご提供できる数に限りがございますので、ときには、売り切れてしまうことも。早いお時間にお越しいただくほうが確実かと思います。」

御汁粉のお共に、点てたてのお抹茶はいかが?

渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院
渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院

そんな御汁粉と共に、〈茶庭 然花抄院〉で味わっていただきたいのが「お抹茶(〈税込〉850円)」。店内にある「立礼棚」で、訓練を重ねた専門スタッフが一杯ずつ丁寧に点ててくれるとあって、きめの細かい口当たりと香りのよさが格別!なんです。
 「数多とある京都のお抹茶の中から味や香り、飲みやすさなどを考慮して選び抜いた逸品を使用しています。毎日、湿気などによって水分量などをスタッフが細かく調整し、美味しさを維持しています」という木村さんのお話からもわかる通り、抹茶はこのお店の看板メニューのひとつなので、ぜひ試してみたいところ。
「立礼棚」は店内からもよく見える場所にあるので、自分の頼んだお抹茶をてていただく様子が間近で見られるのも楽しい♪

御汁粉だけじゃない! お店の看板メニュー、焼き立ての「然」かすてらもどうぞ

渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院

花ノ膳(「然」かすてら、寒天菓子、メレンゲ菓子、コーヒー・紅茶・煎茶・京番茶・玄米茶・昆布茶・抹茶のいずれかとセット)・・・〈税込〉1,300円~1,500円

お店でぜひ味わっていただきたいという看板メニューについても、お話を伺ってきました。
「「然」かすてらは、丹波黒豆を食べて京都で育った鶏の卵を使用した、〈茶庭 然花抄院〉だけのオリジナルの紙焼きかすてらです。ブームとなった“生カステラ”や“半熟カステラ”の先駆けともなったメニューで、当店の一番人気メニュー。毎日店内にある工房で焼き上げ、出来立てをご提供しています。抹茶味の「然」かすてら、“碾”も大変好評です。」と木村さんがおっしゃる通り、お店にいる多くの方が、お茶とともにカステラを食しているのが目立ちました。
南部鉄瓶で提供される京番茶や玄米茶とも相性抜群なんだとか。

また、〈茶庭 然花抄院〉は同じビル内の地下2Fに菓子販売店も構えており、カフェで気に入った甘味を自宅に持ち帰って味わうこともできます。

食後は店内のギャラリーエリアで、ゆったりアートな時間を

たくさんのショッピングスポットが集まる渋谷ヒカリエShinQs(シンクス)のライフスタイルショップの中に佇む〈茶庭 然花抄院〉。お買物の合間に疲れて一息つきたいとき、落ち着いた店内で甘味とともにゆっくりした時を過ごせば、身も心も温まること間違いありません。
また、店内の一角にはギャラリーエリアが併設されており、常設展示のほか期間限定の催しもあるので何度訪れても飽きがこないのも特徴。
“MYカフェ”としてお友達に紹介すれば、「いいお店知っているね!」と感心されること確実です。

渋谷ヒカリエ 茶庭 然花抄院

寒い冬。憂鬱な気分を吹き飛ばす、甘~く温かな「おしるこ」をぜひ味わってみて!

〈茶庭 然花抄院〉渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)店
〒150-8509
東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス) 5F
営業時間:10時〜21時
TEL.03-6434-1517〈直通〉

ライター:金子優子

■みんなどうする?お正月休みの過ごし方と、今さら聞けない「お年玉」マナー
■昼でも夜でも、ひとりもOK!渋谷の超穴場「もつ鍋」店に潜入!
■【連載 短編小説】シブヤ関係 第11回 「ホットチョコレートより甘い、あの記憶」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加