新生活で疲れたときに食べたい!『d47食堂』のこだわり定食でほっこり♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新生活が始まって慣れない環境に戸惑い、疲れを感じている人もいるかもしれませんね。日々の疲れを癒やしたいなら、おいしい料理を食べるのがいちばん!
こだわりが詰まったやさしい日本食で、ほっこり癒やされてはいかがでしょうか?
今回紹介するお店は、渋谷ヒカリエの8階にある『d47食堂』。この春にぜひ食べてほしい「春のおすすめメニュー」を取材してきました。

BGMなしの落ち着いた空間、安心感に溢れるd47食堂

d47食堂

店内は広々としていて、ゆったりとできる空間。d47食堂ではBGMが一切流れていないので、雑音がなく自分だけの時間に浸ることができます。渋谷ヒカリエというセントラルな場所にありながら、落ち着いた雰囲気も魅力的。また、定食屋には珍しくカウンター席にコンセントが完備されている点は、渋谷という土地柄ならでは。大都会で働く人を意識した配慮も忘れていません。

d47食堂

並ぶほどの人気店であるd47食堂ですが、待ち時間の間にスタッフの方が今のおすすめの料理について説明してくれるなど、おもてなしの心も感じられます。

『d design travel』編集部が取材先で出会い、「これだ!」と思った四季折々の食材が定食に

d47食堂のメニューは、D&DEPARTMENT PROJECTが47都道府県の「その土地らしいデザイン」をテーマに編集する観光ガイドブック『d design travel』の取材で取り上げられた食材が豊富に使われています。

d47食堂

編集部と食堂のスタッフが各地の取材で出会い、本当に感動した日本各地の農家さんやメーカーから、四季折々の食材や調味料を直接仕入れて、お料理を提供しているそう。

現地滞在取材中に惚れんこんで何度も足を運んでしまった場所もあるのだとか! スタッフの実体験を元に作られているため、食堂には自慢のメニューが多く揃っています。

広報・清水さんに食材選びのポイントをお伺いしたところ、「その土地の気候風土や歴史背景を生かした、その土地らしいものづくりをされている方、その土地の大切なメッセージを伝えている方々から食材を仕入れて、私たちは生産者の”代弁者”の気持ちで一緒に定食を作っています」と話してくれました。

d47食堂

また、食材だけでなくお店で使用している器も、現地で出会った生産者たちのもの。店内では実際に器が販売されており、使い心地が気に入り自宅で使用するお客さんも多いようです。

新生活の疲れを癒やしたい日に 春の定番「大阪定食 だし煮込み」を味わってみては?

さて、今回取り上げるのは毎春の恒例となっている人気定食「大阪定食 だし煮込み」。渋谷ヒカリエが誕生した2012年4月26日から毎年提供している、春の定番メニューです。

d47食堂

大阪定食 旬野菜のだし煮込み ¥1,780(予定)

「7、8種類のお野菜を『こんぶ土居』(大阪)の昆布の出し汁でじっくり煮込んでおり、やさしい味わいになっています。これと一緒に、塩昆布と胡麻豆腐の小鉢でお召し上がりいただくのが、ほっこりしてほしい春にお出しするメニューとしてぴったりではないかと思います」と、清水さんはおすすめしてくれました。

野菜の種類はそのときどきで変わり、なにが食べられるのかも楽しみのポイントに。また、旬の野菜を使ったお漬物は自家製で、お店自慢の味の虜になっている常連さんも。

ちなみに、夏だと宮崎の郷土料理である冷汁や、沖縄のソーキを堪能できる定食、秋になると山形の芋煮の定食が味わえるそうで、地方出身のお客さんは「地元の味を思い出しました」と喜ぶ人も多いといいます。お店で提供している定食は、季節ごとの味を楽しんでもらえるよう毎月少しずつ変化しているので、ぜひチェックしておきたいところ。

d47食堂が目指す「おいしく正しい日本のご飯」とは?

“おいしく正しい日本のご飯を提供していく”がコンセプトでもあるd47食堂。「いわゆる一汁三菜といった和定食のフォーマットのなかで、47都道府県のその土地らしさ、47の個性を、食を通して感じてほしいですね」と、清水さんは語ってくれました。

また、「『正しくお出しをとったお味噌汁がこんなにおいしいんだ』『器によってお料理がこんなにも変わるんだ』というのを実感してもらえる、きっかけになる食堂でありたいです。日々のお食事を通して、器の魅力も食材の味も楽しんでいただきたいですし、気づいてもらえたらうれしいです」とも。

忙しい生活を送っていると、自分で一から手間をかけて料理を作ることは、なかなか難しいですよね。生産者が丹精込めて作った食材や器、料理人が見せるこだわりの結晶で完成するd47食堂の定食は、食のありがたさに気づかせてくれます。

夜景スポットとしても抜群! お酒を飲みながら渋谷の街をゆっくり眺めてみては?

d47食堂

d47食堂は食事も絶品ですが、夜になると夜景も抜群! お酒の種類も豊富で飲み比べもできるので、仕事帰りにちょっと一杯、という使い方もおすすめです。

d47食堂

また、昨年の冬からカフェメニュー(14:30〜18:00)の充実も図っているd47食堂。ティータイムの限定メニュー「加賀棒茶のお汁粉」や「粒あんとチョコレートといちごのパフェ」は清水さんのイチオシ(※お茶の種類やパフェの種類は時期や季節によって異なります)。友人や恋人とカフェ利用してみるのもよさそうですね。

都会で働く人が健康を気遣ったご飯を食べるのは、意外と難易度が高いことかもしれません。d47食堂は、しっかりと食事を楽しみたい人の希望を叶えてくれる、渋谷では貴重な定食屋。ぜひ一度、その味を堪能してみては?

■店舗情報
〈d47食堂〉
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 8F
営業時間:
11:30~14:30 ランチタイム
14:30~18:00 ティータイム
18:00~23:00 ディナータイム(ラストオーダー/フード22:00 ドリンク22:30)
電話番号:03-6427-2303
店舗紹介ページ:
http://www.hikarie8.com/d47shokudo/about.shtml

ライター:高木 梨絵

◆春目前!パステルカラーアイテムでモードチェンジ
◆COVER GIRL #18 女優「岩井七世」@宮益坂
◆【連載】SHIBUYA 女子力向上レシピ  vol.15 ~マンネリ打開!の手作り「付け合わせ」&「ディップ」にチャレンジ~

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加