【SHIBUYA NOW!】 ~ RMK「フューチャー アイシャドウ パレット」〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷の「今」を切り取ってお届けする「SHIBUYA NOW!」。今回は〈RMK〉から、ファッションとメイクを融合したフューチャー アイシャドウ パレットをピックアップ。

RMK フューチャー アイシャドウ パレット

〈RMK〉の20周年を記念して、ファッションブランド〈TARO HORIUCHI〉とコラボレーション。ブランドが掲げる2017年秋冬のテーマ「フューチャリズム×20世紀クラシックの化学反応」の世界観にぴったりな、ホワイトを基調とした近未来的なカラーのメイクパレットが登場しました。

RMK フューチャー アイシャドウ パレットNa コットンホワイト

こちらは、普段ハイライトやぼかしに使うホワイトをあえてメインカラーに据え、秋らしいカラーのアイシャドウが詰まったパレット。

ホワイトは洋服の生地からヒントを得て、微妙な色合いを抽出しているのです。青みがかったモードなコットン、存在感あるラメが際立つレザー、クールなシルク、やわらかな光沢感のあるベルベットと、同じ白でも質感や色の出方が異なります。

RMK フューチャー アイシャドウ パレット左から Re ベルベットホワイト、Fu シルクサテンホワイト

〈RMK〉のコンセプトにある、洋服を着替えるようにメイクも自由に変えて楽しんでほしい「カラークローゼット」というキーワードのように、カラーの組合せや使い方はあなた次第です。

特に今年はモード&スタイリッシュがメイクのヒントになりそう。まつげはカールさせずにアイカラーで目元に遊び感を添えてみてはいかがでしょうか。

RMK フューチャー アイシャドウ パレット使用カラー:Ar レザーホワイト

例えば、アイホールにチェリーレッドを広げたらホワイトで透明感をプラス。下まぶたに同じように赤みを入れ、さらにピンクラメを目頭に入れると今季らしい表情に変身します。
同じパレットに相対色のモスグリーンもあり、気分に合わせてまったく印象が異なる目元にアレンジできるのも魅力です。

〈RMK〉と〈TARO HORIUCHI〉が出会い、二つの感性が融合することで生まれたカラーパレット。今年の秋、進化したメイクで新しい自分に出会えるかもしれません。ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

■渋谷駅・東急東横店 西館1階 SHIBUYAスクランブルI
〈RMK〉フューチャー アイシャドウ パレット・・・〈税込〉4,320円

◆【SHIBUYA NOW!】~イソップ 「アロマティック ルームスプレー」~
◆まるで時間旅行?渋谷に隠れた巨大客船 Bunkamuraで旅をする
◆写真家・花盛友里の「シブヤで迷子になってみた」Vol.04「with 新田湖子」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加