【「能」に隠れた日本の美意識に思わず感動!初心者でもわかる能楽鑑賞講座・後編】    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室町時代に大成したとされる「能」。歴史ある伝統芸能に、なんだか近寄りがたい印象を持ってしまいがちですが、能について学ぶと、想像していたよりも楽しく鑑賞ができそうです。

前編に引き続き、セルリアンタワーの地下2階にあるセルリアンタワー能楽堂の喜多村麻有さんに「これを知るともっと楽しく鑑賞できる?能のあれこれ」について伺いました。

なぜこれがここにあるの?簡素な舞台には役割がいっぱい!

セルリアンタワー能楽堂

能舞台は一見シンプルに見えますが、図にしてみると実は多く名前がついていますね。

喜多村さん
「それぞれに明確な役割があるので、名前が付いているのかもしれませんね。例えば、鏡の間は、シテ方が面をつけて役を憑依させると言われる神聖な空間。一般的な控え室や舞台袖とは違い、舞台の一部と考えられています。

シテ方、ワキ方は橋掛かりを通って本舞台に登場します。囃子方も橋掛かりから登場しますが、必ず後座に座ります。地謡は切戸口から出て本番中は地謡座から動きません。

また、本舞台は演技の空間、後座と地謡座は音楽の空間とエリア分けされており、演技エリアから出たシテやワキは、その場面にはいない、ということを意味します。こういったところも公演中注目すると面白いかもしれませんね」

セルリアンタワー能楽堂

そういった細かい点を知っておくと、玄人っぽいですね!
ちなみに本舞台は柱が多くて、観客にとっては邪魔に感じてしまうのでは……。

喜多村さん
「柱は屋根を支えるものですが、それ以上に重要な役割を持っているんですよ。例えば、能面に開けられた目の穴は小さく、つけるとほぼ視界ゼロ。そのため柱は、シテ方が舞台から落ちないように重要な目印となっています」

橋掛かりに松が三本ありますが、こちらも目印なのでしょうか。

喜多村さん
「これらは目印でもあり、数少ない能の舞台装置のひとつです。舞台に近い方から鏡の間に向かって順に小さくなっていて、遠近感を出しています。より遠くの異界から、現実の世界へ主人公が現れる…という演出ですね。」

セルリアンタワー能楽堂

簡素だからこそ、ひとつひとつが色々な役割を担っているんですね!
また気になったのですが、随所で今も使われる日本語が出てきますよね。ワキ方は「脇役」、囃子方は「はやし立てる」など。観客席のことも「みどころ」と、親しみを感じます。

喜多村さん
「読み方は『見所(けんしょ)』ですね」

失礼致しました。
見所は、正面・脇正面・中正面と3つのエリアに分かれていますが、どのエリアが見やすいなどあるのでしょうか。

「しいていえばお客様の好みでしょうか(笑)舞を正面から見たい方は正面席に、橋掛かりでの演技もじっくり観たい方は、脇正面の席をとられたほうがいいと思います」

意味をわかれば思わず鳥肌に!知っていると得する「能のあれこれ」

だんだんと能がわかってきました!
能舞台についてもうひとつ疑問なのが、背景に描かれた松は変わりません。どのような意味が込められているのでしょうか。

セルリアンタワー能楽堂

喜多村さん
「あれは老松が描かれているのですが、由来は諸説あります。松は常緑樹で、全国各地に生えているため、それを背景に据えることでどの土地のシーンを演じても対応できること。ほかには奈良の春日大社にある老松がモチーフとなっているということです」

能の起源は神事にあるという説ですね。そういえば日本人は正月に、神様が家に訪れてくれるようにと、神様の依り代となる門松を飾りますね。

喜多村さん「それと同じです。春日大社の松に宿る神様に向けて、五穀豊穣など人々のお願いのために舞を捧げていたところ、人間のギャラリーが増えてきてしまった。そこで舞自体を神事から独立させて、今度は人間を相手に、当時流行していた舞や物語を取り入れてできたのが『能』のはじまりと言われています。」

なるほど。その後、歴史の教科書でおなじみの「世阿弥」が能の形式を確立したということですが、能はフリースタイルではないのですね?

セルリアンタワー能楽堂能「土蜘蛛 千筋之伝」豊嶋三千春(金剛流)平成24年3月公演より 撮影:辻井清一郎

喜多村さん
「ある種の様式美というか、決められた型や舞がありますね。

能を上演する時は、ほとんどリハーサルをしません。舞台の広さも型も決まっているので、乱暴に言えば、それぞれの役割の能楽師が集まればすぐに上演できる芸能なのです」

え!!信じられません。でもその分、日々稽古を積み重ねているのでしょうね。
では役者の体調不良などでもすぐに代役を立てて上演できるんですね。

喜多村さん
「後座には、『後見』という役割の能楽師がおり、公演中、様々な形でシテ方をサポートします。この方はお弟子さんかと思いきや、主役を演じるシテと同等の実力をもつ方で、たとえば公演中にシテが倒れたとしても、すぐに代役として立つことができます」

役者が倒れても舞台は中止せずに続行されてしまうんですね。
様式美は、ほかのパートにもあるのでしょうか。

喜多村さん
「そうですね、美しい所作に溢れていますよ。
音楽を担当する囃子方は、舞台に向かって右から、笛・小鼓・大鼓・太鼓と並びますが、その手の動きに注目してみてください。
笛は横に構えて吹きます。小鼓は肩に載せて下から上へ打ち、大鼓は膝に置いて横から打つ。太鼓は能舞台に置き上から下へ振りおろす。言葉だと伝わりづらいかもしれませんが、手の動きを見てみると横・縦・横・縦の順になっているのです」

-|-|ということですよね。おお……

喜多村さん
「ほかにも、笛には息を吹くので『風』を表し、小鼓の革は湿らせて使うため『水』、大鼓の革は火で湿気を飛ばすので『火』……」

太鼓は大地に向かって叩くから『土』と。おおおおおお……。

喜多村さん
「以上、諸説ある、能に隠れた様式美でした」

場の空気に取り込まれ、観客が想像した向こうにある能の完成形

セルリアンタワー能楽堂

お話を聞いていると、なんだか一刻も早く能を見たくなってきてしまいました!

喜多村さん
「初心者の方には、少なくとも5回ほど舞台を見ていただきたいですね。というのも、最初は色々わからず、つまらないと思うこともあるかもしれませんが、5回ともなると段々見慣れてきて、場の雰囲気を感じ取ることができるようになります。

以前、能楽師さんから『能の完成形がどこにあるか』という話を伺ったのですが、能は、余計な要素をそぎ落として表現するので、その分、観客の想像力を必要とします。
つまり、能の完成形は、能楽師のふるまいにあるのではなく、能楽師を通して、その役柄や情景を観客が想像したところにあるというのです。
ときに舞台と客席が一体となったように感じるときがありますが、それを感じるためには回数を重ねて、場の空気にのみ込まれていただきたい。そのため個人的には、何だかよくわからなくても5回くらいは観てみることをおすすめしています」

セルリアンタワー能楽堂

西洋の舞台とは違って、小さな舞台だからこそ感じることができるなんですね。

「そうですね。セルリアンタワー能楽堂は201席と少なめの客席数ですが、その分非常に臨場感があり、能楽師の気迫をそのまま肌で感じることができます。
また、洋楽器の演奏会をすることもありますが、舞台が木でできているからか、演奏者の方々は音の響きが良いと仰ってくれますね」

セルリアンタワー能楽堂

今回喜多村さんに教えてもらった「能」は、私たちが自然に「整っている」「美しい」と感じる様式美がギュッとつまっており、知れば知るほど興味が湧いてきます。ホテルの中とはいえ、能楽堂は静けさと厳かさに包まれ、まるで神社に訪れたような清々しい気持ちになります。

セルリアンタワー能楽堂では、客席以外での楽しみも。
公演によっては、隣接している料亭『金田中』の座敷から舞台を鑑賞できるプランもあるそうです。公演の前後どちらかに食事も楽しむことができるので、特別な日にはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

セルリアンタワー能楽堂
東京都渋谷区桜丘町26-1 地下2階
http://www.ceruleantower-noh.com/

◆【アート初心者向けレッスンNo.2】ベルギー発奇想天外な作品を、ホラー映画から読み解く!
◆【アート初心者向けレッスンNo.1】美術館をもっと楽しく鑑賞する方法教えます

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加