渋谷で働く女子図鑑xol.02|Kunut 菅野真由さん|ファッションスナップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷を拠点に活動している女性は、独特の空気感を纏っている。ジャンルにとらわれることなくおしゃれを楽しみながらも、その一方で自身の軸をしっかり持ち、ブレることがない。そんな魅力的な「渋谷の美女」をリレー形式で紹介。第二回目は渋谷にあるヴィンテージショップ「Kunut」でバイヤー・スタッフとして働く菅野真由さん。彼女のこだわりがつめこまれた、ショップにも注目です!

Mayu’s Fashion

ブラウス:「全身何かでまとめるのが好きではないので、必ず外しアイテムを入れます。今日着ているアイテムは、すべて自分自身で買い付けてきたもの。丸顔なのでブラウスはデコルテ出しして、スッキリ感をプラス!」

デニム:「トップスがガーリーな日は、あえてのデニムで。Aラインが好きなので、ブーツカットのデニムをチョイスしました。今の気分は、70’sです」

「アクセサリーも含めて、すべてヴィンテージのものです。色や素材を統一させるのではなく、いろんなテクスチャーのものを組み合わせて遊ぶようにしています! 普段から自分で買い付けてきたヴィンテージアイテムを纏うことが多いですね。ヴィンテージショップ『Kunut』に置いてあるものは、すべてアメリカとカナダで買い付けられてきたものです」

Mayu’s Beauty

チーク:「そばかすがあるのがコンプレックスなのですが、それを生かすようなチークメイクをするように心がけています。明るい感じのオレンジ・イエロー系で、顔色を明るく。実は今日使っているRMKのチーク、本当はリップなんです(笑)。練りチークのように、あえてリップを使っています。目の下に入れるのが好きです!」

ヘア:「ヘアはパーマをかけています。レイヤーが全体に入っていてアレンジしやすいヘアスタイル。今日はアップにしてみました!」

「ヴィンテージショップ『Kunut』は、ヘアサロン『nanuk』との姉妹店なんです。私ももともとは美容師をやっていて、今はバイヤーとして働いていることもあり、ファッションに合わせて髪の毛をアレンジすることは多いですね! ちなみにヘアの担当は、nanukの山下さんです。私のファッションスタイルもわかってくれているから、いつも好みのヘアスタイルに仕上げてくれます」

撮影:黄瀬麻以 取材・文:戸塚真琴

◆渋谷で働く女子図鑑 vol.01|tetro 宗万夏子さん|ファッションスナップ

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加