渋谷という街の今日の一杯 Vol.6 「Bar Rocaille のTea Cocktail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギッシュなムードが漂う渋谷も、夜になればどこからともなく大人が集まり、渋谷という街にひっそりと酔いしれます。
渋谷という街にはどんな一杯が合うのでしょうか。今晩のお店のバーテンダーに聞いてみましょう。

神南に14時からオープンするバーがあると聞いた。カフェ併設ではない。純粋なバーが14時から営業している。

「Bar Rocaille(バーロカイユ)」は、神南のファイヤー通り沿いのビルの6階。普段、通り過ぎているビルだった。日中から行くバーってどんな気持ちになるのだろう。

バーテンダーの板橋広通さんに、渋谷に合うカクテルをオーダー。「うーん……」と一言つぶやいた後に作ってくれた今日の一杯は……。

「こちら“Tea Cocktail”。ヘネシーというブランデーとブラックラズベリーのリキュールを混ぜて、温めた後、セイロンティーを入れて作るホットカクテルです」

ブランデーと紅茶のいい香りにホッとする。口に含めば、ラズベリーが優しく口に広がり、身体の力が抜けていくのがよく分かる。
温めることでアルコールを飛ばしているから、口当たりが優しく、昼からバーにいるという高揚感も手伝って、少しピッチがはやくなってしまいそうに。

「紅茶のカクテルは、明るい中で気軽に飲んでいただきやすいかと思います。
渋谷だから、ということではないですが、カジュアルに、カフェに来るような気持ちでお越し頂きたいですね」

Bar AdoniSで8年勤務したのち、Bar Rocailleをオープン。4年経ち、渋谷歴は12年の板橋さん。渋谷以外の選択肢はなかったのか、と尋ねると、

「居心地もいいですし、若い人の街というイメージもありますが、ちゃんと探せば大人が楽しめるスポットもある。なんでもあるし、幅広いお客さまと出会える。離れることは考えてもみなかったですね」

日が出ている時間は女性のおひとり様も多いのだそう。特に日曜日の日中、明るい中でお酒を楽しむ人が足しげく通う。

「窓がこんなに広いのに、夜だけの営業はもったいないと思ったんです。それに、明るいと緊張せずに来て頂けるみたいで。
夕暮れ時もおすすめです。お昼と夜の入れ替えの時間は、お店の中もゆったりしているので、はじめてロカイユに来るなら穴場の時間。ラクな気持ちでお越し頂きたいです」

昼なのにバーにいる背徳感。あったかいカクテルと明るい店内が、その後ろめたさを少しずつ解いてくれる。
たまには仕事をサボって一杯飲みに来ようかな。日中の数時間の非日常感がちょうどいい息抜きになりそう。クセにならないようにだけ気をつけよう。

「Bar Rocaille」
https://www.bacchus-jinnan-shibuya.com/
営業時間 14:00~23:30
住所 東京都渋谷区神南1-3-3SUNFOREST601
電話番号 03-6452-5606

◆【渋谷という街の今日の一杯 Vol.5 「Megan のウィスキー×ほうじ茶」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.4 「The SG Club のメロンクリームソーダ」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.3 「BAR IRIEのフレッシュの柿のカクテル」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧