渋谷という街の今日の一杯 Vol.8 「B FLAT BAR の桃とザクロとパイナップルのカクテル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギッシュなムードが漂う渋谷も、夜になればどこからともなく大人が集まり、渋谷という街にひっそりと酔いしれます。渋谷という街にはどんな一杯が合うのでしょうか。今晩のお店のバーテンダーに聞いてみましょう。

渋谷と恵比寿の真ん中。渋谷駅からタクシーでワンメーターほど。
明治通りを一本入ったところにB FLAT BARはある。コンクリート壁の半地下。入るのには少し勇気がいるような店構え。
少しのぞくと、ソファー席もあるバーにしては広いお店。天井も高くて開放感も感じられる。

オーナーでバーテンダーの山田一郎さんに渋谷に合うカクテルをオーダー。
細いグラスに入った色鮮やかなカクテルをひょいと作ってくれた。

「これは僕が渋谷で開催されたカクテルコンペで優勝したときに作ったんだよね。
とにかく全ての材料の相性がいい。最後にジンジャエールでアップするから、飲みやすくて女性にはおすすめ」

フルーティな香りと、カラフルな見た目、また秘密基地のようなバーで飲んでいるという、ちょっとした優越感が気分をさらに高めてくれる。

山田さんが夜の世界に入ったきっかけはトム・クルーズ主演の「カクテル」だと言う。

「その頃のトム・クルーズがやたらカッコよくてね。その当時はクラブ・バーが全盛期だったから、気がついたら30年もこの世界にいるよ」

ラフで話し上手の山田さんが、少し照れたように話してくれた。

何千枚もあるCDから、そのときの雰囲気にあった曲を選んでかけているんだそう。

「多いのはジャズかな。夏になったらサーフミュージックをかけたり、男ばっかりだとロックもかける。カップル客が多いとメロウな曲とか、寒い日はどっしりとした雰囲気の曲を選ぶこともあるよ。
バーでは、内装も接客ももちろんだけど、BGMが一番大事だと思っているんだ」

店内に飾ってあるアートを見たりと、少しキョロキョロと店内を見回していると、

「みんなお店を気に入ってくれるんだけど、秘密にしちゃうんだ(笑)。その気持ちは嬉しいけどね。常連さんだけじゃなくて、いろんな人が来てほしいな、ひとりでも歓迎のお店だよ」

山田さんには悪いけど、秘密にしたい気持ちはちょっと分かる。終電を逃した日、タクシーで乗り付けて、たまのひとり夜遊びを楽しみたい。

「今はオレゴンのクラフトビールがおすすめ。恵比寿だとうちだけしか飲めないんじゃないかな。知る人ぞ知るビールで、すごく洗練されてておいしいんだ。」

と、かっこいいラベルの瓶ビールを見せてくれた。

……これはひとりで飲むのはちょっともったいないかもしれない。気の置けないビール好きの女友だちに、ビール目当ての夜遊びの誘いをメッセージした。
きっと即レスの返事が来るだろう。

「B FLAT BAR」
http://www.bflatbar.com/
営業時間 21:00~3:00ごろ
休み 日曜日・祭日
住所 東京都渋谷区東3 – 20 – 1
電話番号 03-3498-7299

◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.7 「BAR KOBA のキールロワイヤル」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.6 「Bar Rocaille のTea Cocktail」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.5 「Megan のウィスキー×ほうじ茶」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧