MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性に読んでほしいビジネス書3選」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急百貨店本店に、渋谷最大級の書店&文具店があるのはご存知ですか?「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」は丸善とジュンク堂のダブルネーム1号店。 蔵書数はなんと80万冊以上!さらに文房具の販売もしています。
そんなたくさんの本の中から、プロ中のプロである書店員さんがザ・スクランブルユーザーに読んでもらいたい本をピックアップ。今回は、仕事のやる気がアップする読みやすいビジネス書3冊を、社会書担当の中田英志郎さんに紹介してもらいました。

1.『人を魅了する 一流の職業人であるための技術』

「アメリカで超売れている本の一冊です」と中田さん。
元アップルのエバンジェリスト※である、ガイ・カワサキ氏の著作、『人を魅了する 一流の職業人であるための技術』。著者の経験を踏まえ「人を魅了する」ためのノウハウが記された一冊。

「人がステップアップして大きな仕事をするためには、周囲の人に応援してもらわなければならない。人を動かすため、相手も楽しく働けるための、すぐに使えるコッミュニケーションスキルだけでなく、自分自身が魅力のある人間になるためのコツが書かれています。
その内容がウィットに富んでいて、とても実務的。そして読みやすい文章構成なので、ビジネス書をあまり読んだことがない人にとてもオススメ。現代人向けの一冊だと思います。白に青い蝶々の装丁がきれいなので、女性のお客様もよく買っていかれます」(中田さん)

※ITトレンドや自社の最新技術を、クライアントなどにわかりやすく解説する職種として知られている。もともとはキリスト教における「伝道者」という意味。

『人を魅了する 一流の職業人であるための技術』海と月社 1,944円(税込)ガイ・カワサキ (著), 依田卓巳 (翻訳)

2.『クリエイティブの授業(STEAL LIKE AN ARTIST)』

「渋谷はIT企業が多いので、渋谷店にはIT業界の方もよく足を運んでくださいます。ITやクリエイティブな業種の方にオススメしたい一冊です」(中田さん)
まるで絵本のような正方形におしゃれなフォントで装丁された『クリエイティブの授業(STEAL LIKE AN ARTIST)』。一見するとデザイン書籍のよう。
作家、アーティスト、講演家として幅広く活躍する著者オースティン・クレオンがクリエイティブな人生を送るための10原則を、デヴィッド・ボウイやスティーブ・ジョブズ、山本耀司らの言葉とともに紹介。

「原題のSTEAL LIKE AN ARTISTを直訳すると〈アーティストのように盗め〉という意味。日本人はインプットが得意な人が多いですが、アウトプットが不得意な人が少なくないと思います。今あるものから、どうやって新しいものを生み出すかのヒントが散りばめられている一冊です。特に企画・広告系で、自分らしい仕事をしたい人はぜひ読んでみてほしいです」

『クリエイティブの授業(STEAL LIKE AN ARTIST)』実務教育出版 1,404円(税込)
オースティン・ クレオン (著) 千葉 敏生 (翻訳)

3.『他者の苦痛へのまなざし』

「あくまで写真論について語っている本ですが、コンテンツ力のある本なので、他テーマのフェアで陳列すると、目利きの方が選んでくれる一冊です」(中田さん)

著書のスーザン・ソンタグは、アメリカでよく知られ賞賛されている作家・批評家の一人。自身の戦争体験を踏まえて、報道写真の在り方や、メディアや紛争を表面的にしか捉えない専門家への批判を論じている。

「悲惨な報道写真について、人はどう見て感じるべきかを考えさせられる本です。
過激な写真は加工されフェイクニュースであることも増えましたが、写真がその事象の一部分を映し出しているのは確かなこと。SNSが普及した現代だからこそ「写真の効果とは?」「何かを表現することとは?」と、考えさせられる一冊。個人で情報を発信したい人や、メディア関係の人にはぜひ一度手にとってもらいたいです」

『他者の苦痛へのまなざし』 みすず書房 2,160円(税込)
スーザン ソンタグ (著) 北条 文緒 (翻訳)

「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 渋谷・東急百貨店本店7階
TEL 03-5456-2111
営業時間10:00~21:00
https://honto.jp/store/detail_1570061_14HB320.html
Twitter: @junku_shibuya https://twitter.com/junku_shibuya
LINE@: 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」で検索
※「hontoカード」、「Pontaカード」「dカード」利用可能

紹介者 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」社会書担当 中田英志郎

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧