MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性におすすめする哲学入門書3選」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急百貨店本店に、渋谷最大級の書店&文具店があるのはご存知ですか?「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」は丸善とジュンク堂のダブルネーム1号店。 蔵書数はなんと80万冊以上!さらに文房具の販売もしています。
そんなたくさんの本の中から、プロ中のプロである書店員さんがザ・スクランブルユーザーに読んでもらいたい本をピックアップ。 今回は、2015年ごろからじわじわとブームが広がる“哲学”。でも哲学って何から読めばいいの? いきなり孔子? ソクラテス? ということで、哲学をはじめる第一歩におすすめの本を社会書担当の中田英志郎さんに紹介してもらいました。

1. 『ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙』

「今だによく売れている本です」と中田さん。全世界で2300万部を売り上げたとも言われる、世界的ベストセラー『ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙』。
ノルウェーの高校の哲学教師、ヨースタイン・ゴルデル氏が執筆し1991年に出版され、日本語版は1995年に翻訳された。震災やサリン事件など、不安感に包まれていた時代背景もあり、日本でもベストセラーに。

「高校の先生が執筆していることもあり、若い人でも手に取りやすく読みやすいファンタジー&ミステリー小説。
14歳の少女ソフィーの元に、ある日『あなたは誰?』という手紙が届くところから物語がはじまります。存在そのものを問う、哲学の永遠のテーマを投げ掛けられ、主人公自身の存在が揺らいでいく。
そこに西洋哲学史を絡め、多感な年頃の少女が哲学的に「自分」を考えていく物語。
元々は子ども向けの本ですが、大人が読んでも楽しめます。昔読んだことのある人にも改めて手にとってもらいたいです」

手紙の送り主から届く哲学レクチャーを、ソフィーと一緒に学びたい一冊。

『ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙 上下巻』NHK出版 上下巻共に 1,080円(税込) ヨースタイン・ゴルデル(著) 須田 朗 (監修) 池田 香代子 (翻訳)

2.『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』

元アイドルで、現在は哲学作家という異色の経歴の原田まりる氏の著書、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私(児嶋アリサ)に哲学のこと教えてくれた。』
恋や家族関係に悩む、17歳の女子高生の元に、哲学者ニーチェがアプリエンジニアに転生して人生指南をするというストーリー。

「この作品では、現代人特有の悩み……例えばニーチェが生まれた時代にはなかったSNS上の悩みや距離感などについて、哲学的にはどう考えたら良いのかを教えてくれます。テーマは現代の私たち誰もが抱える悩みなので、読む人も身近に感じるのでは?
さらには、キルケゴール、サルトルなど、学生時代に一度は耳にしたことのある哲学者たちも登場し、悩める女子高生に彼らの思想を噛み砕いて伝えてくれます。
ライトな文体でさくっと読めるので、哲学初心者にはおすすめです」

歴史に名を残す哲学者たちも、それぞれに悩みを抱えていたことも知ることができ、主人公アリサとともに哲学を身近に感じられる一冊!

『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』ダイヤモンド社 1,512円(税込)原田まりる (著)

3.『14歳の君へ どう考えどう生きるか』

14歳の読者に語りかけるような文体で、自分や友だち、性別や感情について書かれた池田晶子氏の哲学エッセイ。「毎日中学生新聞」に連載されていたコラムが単行本されたロングセラーで、現在では様々な年代の読者に親しまれている。

「10代の方に向けて書かれた本ですが、人間の悩みの本質は何歳になっても変わらないところがある。
友だちとの関わり方、そもそも好きな人、嫌いな人、本当の自分とは……など、大人でも悩むことが多いトピックスを池田晶子さんが哲学的思考を織り交ぜながら語りかけるように説いてくれます。

全世代に売れていますが、池田さんは特に女性人気が高い作家さんの一人。ずっとモヤモヤっとしている悩みや、こじらせた考えを解いてくれるかもしれません。今まさに悩んでいるアラサー女子に、ぜひ読んでもらいたいです」

自分の感情や、相手への気持ちなど、大人になっても生き方に迷ってしまいますが、池田氏のはっきりした考え方にスッキリさせられるかもしれませんよ。

『14歳の君へ どう考えどう生きるか』毎日新聞出版 1,234円(税込)池田晶子(著)

「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 渋谷・東急百貨店本店7階
TEL 03-5456-2111
営業時間10:00~21:00
https://honto.jp/store/detail_1570061_14HB320.html
Twitter: @junku_shibuya https://twitter.com/junku_shibuya
LINE@: 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」で検索
※「hontoカード」、「Pontaカード」「dカード」利用可能

紹介者 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」社会書担当 中田英志郎

※表示価格のご案内
表示価格は9月30日(月)までの消費税を含んだ税込価格です。
消費税の改定により、10月1日(火)から税込価格が変更になります。

◆MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性に読んでほしい夏に読みたい、胸がときめく本3選」
◆MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性に読んでほしいビジネス書3選」
◆MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性におすすめする、音楽がもっと楽しくなる本3選」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧