美肌への近道は正しいスキンケアの順番。肌の悩みもこれで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアの順番が大切な理由

美肌を実現するため、スキンケアのアイテムにこだわっているという方も多いのでは?しかし、美肌を実現するためには使用するスキンケアアイテムだけでなく、スキンケアの順番も大切です。
例えば夜のスキンケアの場合、どれほど高価なスキンケアを使用しても、メイクをしっかり落としていないとスキンケアアイテムの効果を十分に得ることは難しいと言えます。

今回は、そんなスキンケアの正しい順番から、スキンケアアイテムの選び方のコツ、さらには、一般的な正しい使い方についてまとめてみました。
自分自身のスキンケアの順番が本当に正しいかどうか、この機会にぜひ確認してみてください!

スキンケアの正しい順番

スキンケアを行うタイミングは、基本的に朝と夜の2回。ではさっそく朝と夜にわけてスキンケアの正しい順番をご紹介します。

朝のスキンケアの順番

洗顔>化粧水>美容液>乳液>日焼け止め

朝のポイントは、最後に日焼け止めを使って「日焼け対策」を行うこと。朝スキンケアは乳液で終わってる、という方も多いのではないでしょうか?
日焼け止めは少なからず肌に負担をかけてしまうため、肌が整ったスキンケアの最後に行う方がよいと言われています。また、この日焼け対策は、夏だけでなく一年通して行うのがポイントです。

夜のスキンケアの順番

メイク落とし>洗顔>パック>化粧水>美容液>乳液>(クリーム)

夜のスキンケアの順番はメイクを落とすところからスタートしますよね。メイクの濃さによって、メイク落としのアイテムを使い分けることがポイントです。
その後は、朝と同じスキンケアの順番ですが、肌の乾燥が気になる場合などは、乳液よりも油分が多い「クリーム」を最後に取り入れましょう。

スキンケアの順番と共に意識したい”正しいやり方”

メイク落とし(夜)

しっかりメイクを落としたいからといって、ゴシゴシこするのは厳禁!
メイク落としにもさまざまな種類がありますが、クレンジングの場合、適量を手のひらにのせて、ゆっくり優しく肌になじませていくのがよいでしょう。

ついつい、目元の濃いメイクなどはこすりたくなりますが、なじませる方がしっかりメイクを落とすことができますよ。

洗顔(朝・夜)

洗顔の正しいやり方は、きちんと泡立てる、そして洗うときは、肌をこすらないこと。
メイク落としと同様、こすった方が汚れが落ちると感じてしまいますが、泡を転がすように洗うことが大切です。
また、洗い流す時はできる限り”ぬるま湯”にしましょう。

化粧水(朝・夜)

化粧水の使用量は、商品にもよりますが一般的には500円玉1枚分が目安。

たっぷりつけた方が肌に潤いを与えられる…!と思いがちですが、化粧水のつけ過ぎは、肌に浸透せず表面上に残り、乾燥する時、肌の水分を奪ってしまう可能性も。
使用する化粧水の推奨量を守るように心がけましょう。
化粧水をつける時は、コットンでも手のひらでもOK。ただし、ゆっくり肌を優しくおさえるイメージで化粧水をつけていくのがポイントです。 始めにコットンで肌全体につけた後、最後は手のひらででじんわり浸透させていくのがおすすめ。

美容液(朝・夜)

美容液も適量を手に取り、肌全体になじませます。気になる箇所には、重ねてつけるのがポイント。
叩いて美容液を浸透させようとする方もいますが、実は肌にダメージを与えてしまうため、ゆっくり抑え込むようにつけていきましょう。

乳液(朝・夜)

乳液は10円や1円ぐらいが使用量の目安。顔の内側から外に向けて優しく伸ばしていきます。気になる箇所は重ねづけをしましょう。

スキンケアアイテムの特徴

スキンケアといってもアイテムはさまざま。お悩みにあったスキンケアアイテムを選ぶことが美肌への一歩です。
ここでは基本的にスキンケアで使用するアイテムのそれぞれ特徴についてまとめてみました。

メイク落とし(夜)

・ジェルタイプ
柔らかいテクスチャーなので肌への摩擦を軽減しながらメイクを落とすことが可能。

・ミルクタイプ
水分多め、肌の潤いを残しつつメイクを落とすため、薄い化粧の時におすすめ。

・クリームタイプ
濃厚なテクスチャー。オイル成分も多いため、肌への負担が少ないと言われています。

・オイルタイプ
洗浄力が高いオイルタイプは、マスカラなど濃いメイクが落ちやすい一方で、油分や界面活性剤の含有量が多く肌の負担が大きいと言われています。

・バームタイプ
オイルとクリームの中間とも言われるバームタイプ。最初はトロトロですが、体温によりオイル状に。クレンジングをしながら肌をマッサージできます。

・拭き取りタイプ
コットンや大判シートにクレンジング料が含まれたウォータータイプやシートタイプ。ただ、肌をこすってしまう分、肌への負担が大きくなることも。強くこすらず優しく拭き取りましょう。

洗顔(朝・夜)

・洗顔フォームタイプ
比較的洗浄力が強めで一番使用されているタイプ。洗い流すのに時間がかかり、さらには界面活性剤が含まれているものが多く、肌に優しいとは言えないものが多いのだとか。

・洗顔ジェルタイプ
泡立つもの、泡立たないタイプ、いろんな種類がある洗顔ジェルタイプ。皮脂が気になる時におすすめ。

・泡洗顔タイプ
泡洗顔タイプは泡立てる手間が省けるため、最近人気のスキンケアアイテム。洗い流しやすさも人気の理由の一つです。

・固形石鹸タイプ
固形石鹸と言えば昔ながらのイメージがありますが、実はリピーターが多い洗顔アイテム。泡立ちやすく、石鹸成分なので肌に優しいため、負担が少ないと言われています。

化粧水(朝・夜)

化粧水には、柔軟化粧水、保湿化粧水、美白化化粧水、高保湿化粧水、オーガニック化粧水など、実は様々な種類のアイテムがあります。そのため、その時の肌の悩みによって使い分けるのがポイント。

美容液(朝・夜)

美容液も化粧水と同様、悩みに応じた様々な種類の美容液がありますが、一般的な美容液は以下の4タイプ。

・保湿美容液
肌に適度なうるおいを与え、なめらかな肌に仕上げてくれる美容液。

・美白美容液
シミ、くすみ、そばかすをケアできると言われ、透明感のある美肌に導いてくれる美容液。

・アンチエイジング美容液
しわやたるみの改善に効果的と言われる美容液。

・ニキビケア美容液
ニキビや吹き出物の予防・改善にフォーカスした美容液。

乳液(朝・夜)

・保湿乳液
最も一般的な乳液。スキンケアの最後に肌の水分を保つ効果が期待できます。

・UV乳液
紫外線を防ぐ機能が備わった乳液。保湿+紫外線のダメージケアもできるので、外出が多い方におすすめです。

・美白乳液
メラニン生成をおさえて、シミやそばかすを防いでくれる美白美容液。肌のくすみが気になる方におすすめ。

スペシャルスキンケア。夜のスキンケアの順番にプラスα

いつものスキンケアだけだとなかなか肌の調子が上がらない…。そんな時はスペシャルスキンケアアイテムを、夜のスキンケアにプラスしてみてはいかがでしょうか?
肌の悩みにフォーカスしたスキンケアアイテムのため、悩みを解決してくれるかも。ただし、毎日ではなく間隔を置いて使用するべきアイテムもあるため、使い方には注意しましょう。
ここでは一般的によく使用される3つのスペシャルスキンケアアイテムをご紹介します。

1.スクラブ

スクラブは洗顔では落とせない古い角質や毛穴の汚れを取り除いてくれるスキンケアアイテム。
洗顔後、濡れた肌につけて使用します。小さな粒状のものが含まれているため、こすりすぎると逆に肌を傷つけてしまう可能性があるため注意しましょう。

【スクラブの順番(夜)】メイク落とし>クレンジング>洗顔>スクラブ>化粧水>美容液>乳液

【スキンケアに取り入れる頻度】1週間に1〜2回

2.シートマスク

シートマスクは、化粧水や美容液を肌に染み込ませることを目的としています。
基本的には化粧水の後にシートマスクを取り入れ、使用する商品にもよりますが、おおよそ15分ぐらいはシートマスクをつけたままキープ。
ただし、指定されている時間を超してつけたままにしておくと、肌の水分を奪ってしまう可能性があるため、商品が指定している使用時間を必ず守りましょう。

【シートマスクの順番(夜)】 メイク落とし>クレンジング>洗顔>化粧水>シートマスク>美容液>乳液

【スキンケアに取り入れる頻度】毎日利用できるものと間隔をおいて利用するものがあります

3.アイクリーム

アイクリームは目元のしわ・クマ・たるみ・潤い・弾力などを改善することを目的としたスキンケアアイテム。
目元のお悩みがある方は、ぜひ夜のスキンケアにアイクリームを取り入れるのがおすすめです。

【アイクリームの順番】 メイク落とし>クレンジング>洗顔>パック>化粧水>美容液>乳液>アイクリーム

【スキンケアに取り入れる頻度】毎日

自分のスキンケアの順番を定期的に見直そう

最初は正しいスキンケア順番、そして使い方を守っていたとしても、だんだん面倒に感じてしまうことも…。
しかし、スキンケアの効果を得るためには順番や使い方を守ることが大切です。

また、メーカーによってスキンケアアイテムを使用する順番や取り入れるアイテムが異なる場合もあるので、その点は注意しましょう。
自分自身の今のスキンケアが自分に合っているのか、間違ってないかなど定期的に見直すことが美肌への第一歩と言えますよ!

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加