「仁村紗和」〜今日も渋谷と。Vol.1〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々めまぐるしく変化し続ける渋谷。注目の女性と一緒に渋谷に赴き、フィルムカメラで今日の渋谷を切り取る。

すっとした端正な顔立ちなのに、次の瞬間にはいひひ、っと笑う顔。こちらを見つめる涼やかな眼差し。ぺろっと舌を出すチャーミングな癖。

身体を伸びやかにしなやかに動かしながら、仁村紗和と渋谷区富ヶ谷をめぐる。

「富ヶ谷の交差点は車でしか通らないけど、なんだか東京を感じます。」

「渋谷に来るたびに、『どうしてこんなに人がいるの? 私も何しに来てるんだろ?』って思います。なんか不思議な街(笑)。

でも富ヶ谷付近を歩いてみて、はじめて通る道に美味しそうなパン屋さんがあったり、散歩みたいな撮影ですごく楽しかったです。渋谷もいろんな場所があるんだな、って思いました」

「実は台本を覚えるのも散歩しながらなんです。

下読みして、その後見ないで読んでみて。その後、セリフをブツブツつぶやきながら歩いてます(笑)」

「デビューさせて頂いてからすぐに広告のお仕事、同時にモデルのお仕事も沢山やらせて頂き、その後に映像のお仕事にもトライさせてもらって、すごく楽しい。今はいろんな役をやらせてもらいたいです。

いつかは時代物もやってみたい。町娘なんかもいいですね。

実は声のお仕事も興味があって! 長編アニメに挑戦してみたい。夢が膨らみます」

「11月公開の「地獄少女」と来年1月公開の「シライサン」と立て続けにホラー作品に出させていただきます。

ホラーは現場も怖いの!? とよく聞かれますが、実はすっごい楽しい現場で。みんなであーだこーだ言いながら作品を作り上げました。

ホラー苦手な人も多いですが、ぜひ観に行ってもらいたいです。」

「クリエイターの友人が多いので、仁村紗和個人にフォーカスした作品を作りたいね、という話をしています。近い将来叶えたい夢。

やってみたいことがたくさんあります。もっとお声がけいただけるように、活躍していきたいです」

“仁村紗和”

1994年10月13日生まれ。大阪府出身。東京急行電鉄のイメージキャラクターで一躍注目を浴び、その後数々の映像作品に出演。11月15日(金)全国公開となる映画「地獄少女」に出演。来年(2020年)1月10日(金)には、映画「シライサン」も全国公開される。今後の活躍が最も期待される女優。

【Web】https://www.sunmusic.org/profile/nimura_sawa.html
【Instagram】 https://www.instagram.com/sawa_nimura/
【Twitter】https://twitter.com/1013sawa

■Make Up Item
アイシャドウ:〈アディクション〉アディクション ザ アイシャドウ
Age of Innosence(15)、Dusty Rose(22)、Shanghai Breakfast(85)
ネイル:〈アディクション〉アディクション ザ ネイルポリッシュ
Chocolate High(010C)

■Information
〈アディクション〉
+Q(プラスク)ビューティー 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン6階

写真:湯浅亨  ヘアメイク:浅野絢美(LECO) 編集:高橋優璃

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧