えっ、○○で紅茶を飲む? イギリス人カップルの意外な買い物…【SHIBUYAトラベラーズ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界各国からの旅行者が増え、いよいよグローバルに開かれてきた渋谷の街。道ゆく人が振り返るようなおしゃれなイギリス人夫婦とチャーミングなエジプト出身のマダムに、渋谷で見つけた”面白いもの”を教えてもらいました!

「今から買い物するんだ!」おしゃれなイギリス人夫婦のお目当ては…

ここはパリコレのランウェイですか? 

と勘違いしちゃうほどファッショナブルな夫婦を発見! 紳士の国・イギリスからやって来た旦那さまのマーティン(左)と、奥さまのパオリーナです。

奥さまのファッションがあまりにステキで、「そのアイテムはどこで買ったの?」と質問攻め。

「この帽子はパリ、ジャケットはたしかポーランドね、バッグはロンドンよ」(パオリーナ)

世界各国でお買い物のご様子。渋谷でもショッピングを?

「オフコース。これから湯呑みを買おうと思ってるんだ」(マーティン)

いいね、湯飲み。飲みたいものは?

「イギリスには日常的に紅茶を飲む文化が根づいているの。だから飲むものはもちろんイングリッシュティーよ」(パオリーナ)

おおっ、紅茶と湯飲みの組み合わせって斬新! ちなみに、渋谷に来た感想は?

「いい意味で奇抜な街だよね。ロンドンには、ネオンサインやお店、劇場が立ち並ぶ『ピカデリーサーカス』という広場があるけど、渋谷はまさにそれだね!」(マーティン)

そんな渋谷で遭遇した印象的なできごとってある?

「今だよ! インタビューを受けるなんて想像していなかった」(マーティン)

そうダンディーボイスで囁きながら、ウィンクする旦那さま。

ウィットに富んだ返しをくれたマーティンとパオリーナの夫妻は手を握り合って、渋谷の雑踏の中へ。ステキな湯飲みが見つかりますように! フォーエバーラブ。

「ブラックフライデーってないの?」驚くムスリムマダム

渋谷センター街を歩いていたマダム、その名はアヤさん。エジプト出身です。

「ねえねえ、アヤって日本の女性でもポピュラーな名前なんでしょ?」

そうです! ちなみに筆者の名前もアヤコですと伝えると、「なんて偶然なの~!オーマイゴッド…」と呟いた、そんな彼女はイスラム教徒。ムスリム女性が被るヒジャーブ(スカーフ)を着けています。

どうやらショッピング中とお見受けしましたよ。お目当てのものはゲットできた?

「今日ってブラックフライデーでしょ? だから日本でもセールをしていると思って衣料品店に行ってきたの。でも、ぜんぜん安くなってない! もう帰ろうと思ってたの」

ブラックフライデーといえば、アメリカではおなじみの爆安セール文化。でも、日本ではあんまり根づいてないんだよね…ソーリー。

渋谷はよく来るの?

「ええ。今は田園都市線沿いに住んでいて、渋谷は電車で1本だから、よく来ているわ。日本に住んでる理由? 夫の転勤がきっかけよ」

日本に来て、一番驚いたものは?

「やっぱり桜ね! 春に目黒川沿いを夫と歩いていたら、桜の並木が広がっていてその景観に感動したわ。桜がすばらしいとは知っていたけど、実際に見るとその美しさに圧倒されるわね」

来年の春も待ち遠しいわ♪ そういって笑顔満開。ピースサインとともに去っていったアヤさん。うん、私たちも2020年の春を楽しみに待つとしましょ。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
野田綾子
野田綾子
Ayako Noda
福岡県出身。映画雑誌編集者を経て、web編集ライターとして数々のオウンドメディアのコンテンツ記事を制作。趣味は映画館巡りとイラスト制作。キアヌ・リーヴスにインタビューできた時が、人生の絶頂。
執筆記事一覧