「水着じゃないぞ?ハダカだぞ?」チェコから来た凸凹コンビ、温泉でモメる…【SHIBUYAトラベラーズ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界各国からの旅行者が増え、いよいよグローバルに開かれてきた渋谷の街。チェコからやってきたユーモラスな凸凹コンビと、トランポリン選手の息子を応援しにきたオーストラリア人ファミリーに、渋谷で見つけた”面白いもの”を教えてもらいました!

チェコからやってきたナイスガイは温泉で文化交流!?

おや? 真剣なまなざしで渋谷スクランブル交差点を撮影する2人組を発見。こんにちは、何してるの?

「渋谷の交差点は有名だから、撮影しに来たんだ。ついでにハチ公も撮ったよ」(イヴァン・左)

「ハチ公はリチャード・ギア主演の映画でその存在を知ったんだ」(マルテル・右)

2人ともチェコ共和国のプラハ出身。今朝7時に成田空港に到着し、ホテルにチェックインを済ませて、渋谷にダッシュしてきたんだとか。日本に来た目的は?

「オレは観光だね。3日間、東京を巡ったら帰国するよ」(イヴァン)

「オレは6ヶ月のワーキングホリデーに来たんだ。これから飲食店で日本食を販売する予定さ。日本で働けるなんて楽しみで仕方ない」(マルテル)

そうなんだ! もしかしたら働いているマルテルに会えるかもね。

「おう、そん時は買ってくれよ~」(マルテル)

じゃあ、帰国前にやりたいことを教えて!

「温泉にトライしてみたくない?」(マルテル)

「でも日本の温泉って素っ裸にならないといけないらしいぞ。水着じゃないぞ。裸だぞ?」(イヴァン)

「いいじゃん! これもジャパニーズ文化だよ」(マルテル)

最初は尻込みしていたイヴァンもついに「よしっ!」。日本のお風呂にジャパーンと入ることを決めたようです。

いい湯(ゆ)を楽しんでね。それにしても2人ともいいYou(ユー)だったな~。

親の愛にホロリ。オージーファミリーに乾杯!

オーストラリアからやってきた仲良しファミリーに遭遇。娘のサラちゃん、パパのリンジー、ママのスーです。

南半球に位置するオーストラリアは現在、サマーシーズン。寒い日本になぜやってきたの?

「息子が世界トランポリン競技選手権大会に出場するのよ! だから、開催地の日本まで家族で応援しに来たの」(ママ)

なんと息子さんってばトランポリンのオーストラリア代表なんだとか。「写真があるわよ!」と見せてくれたのがコチラ。

左端の長袖ジャージの男性がトランポリン選手の息子さん。もしかしたら東京オリンピックの金メダリストになっちゃうかも。陰ながら応援するね!

それはそうと、なぜ渋谷に?

「ああ、娘のショッピングだよ」(パパ)

あら、何をゲットしたの? 娘のサラちゃんが見せてくれたのは、まさにショッピングバックにも描かれているジーンズ。

「カジュアルなデザインとフィット感が気に入って買ったの」(サラちゃん)

ちなみにパパは渋谷でなにか買った?

「いま履いているスニーカーを買ったよ。歩くのにちょうどよくて、履き心地がサイコーだね」(パパ)

渋谷を歩いた感想はどう?

「人や物が溢れるその背後に高層ビルが立ち並ぶ、そのビジョンに見入ってしまったわ」(ママ)

「あちこちに看板やポスターがあって、刺激的でカラフル。とてもユニークね」(サラちゃん)

今回は東京観光のみ?

「ううん、パパとママは帰るけど、私は兄といっしょに松本や静岡などを巡る予定よ!」(サラちゃん)

あどけなさを残す娘のローカル旅に、ちょっと心配そうなパパとママ。親の心子知らず? だけど、かわいい子には旅をさせよ! 子を想う親の気持ちは万国共通でした。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
野田綾子
野田綾子
Ayako Noda
福岡県出身。映画雑誌編集者を経て、web編集ライターとして数々のオウンドメディアのコンテンツ記事を制作。趣味は映画館巡りとイラスト制作。キアヌ・リーヴスにインタビューできた時が、人生の絶頂。
執筆記事一覧