「る鹿」〜今日も渋谷と。Vol.3〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々めまぐるしく変化し続ける渋谷。
注目の女性と一緒に渋谷に赴き、フィルムカメラで今日の渋谷を切り取る。

名前の通り、鹿のようにすらっと伸びた手足。くるくるっと動く瞳。
存在感があるのに景色と同化していく不思議な個性。渋谷ヒカリエを縦横無尽に動く、る鹿をとらえる。

「日本のカルチャーや漫画が好きで、日本語で漫画を読みたくて、日本語の勉強をはじめました。最初日本に来た時は、山梨で日本語の勉強をしていました。山梨は空気もいいし、日本らしい風景を感じられて、勉強するにはおすすめだよ。って言われて。」

「それから渋谷にはじめて行って、山の手線からハチ公出口に降りたときはわぁ!ってびっくりしました。スクランブル交差点で、こんなに人がいるのにぶつからないなんて、不思議。って思いました。ここ数年ですごく人も増えて、また驚いてます」

「カメラも大好きで、私もフィルムカメラを何台か持っています。
日本人だったら森山大道、映画監督のウォンカー・ウァイとよく一緒に仕事をしている、クリストファー・ドイルも好きです」

「雑誌や広告など、スチールの仕事が多いんですが、今年はTRANSPHERE(トランスフィアー)という短編映画に出演しました! 映画の中で火星に行ったんです(笑)。

はじめての挑戦だったけど、すっごく楽しかった」

「音楽も大好きなんです。
キリンジやフィッシュマンズをよく聞きます。フェイ・ウォンを歌うこともあります」

「そうしたら、今年、2020年に音楽デビューすることになったんです。
まだ詳しいことは決まっていないんですが、早くみんなに聞いてもらいたい。今年も楽しいことがたくさんありそう。」

“る鹿”
1992年9月28日生まれ。中国・重慶出身。
SNSでスカウトされ、2015年に日本デビュー。「NYLON Japan」、「mini」や、広告、ファッションショーで活躍。2019年には、ショートフィルム「TRANSPHERE(トランスフィアー)」で映画デビュー。2020年には音楽活動をスタートさせるなど、マルチに活躍。

【Web】https://www.vithmicpro.co.jp/models/tokyo/tokyo-lady/1029/
【Instagram】https://www.instagram.com/luluxinggg/

■Make Up Item

アイシャドウ:〈アナ スイ〉スイ ブラック アイカラー
上:400 ザ・アナ スイ デュオ
下:300 ファンキーピンクデュオ
各〈税込〉3,080円(2020年1月3日発売)

リップ:〈アナ スイ〉スイ ブラック ルージュ S
201 ブラキッシュパープル 〈税込〉3,300円

■Information
〈アナ スイ〉
+Q(プラスク)ビューティー 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン6階

写真:湯浅亨 ヘアメイク:浅野絢美(LECO) 編集:高橋優璃

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧