MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店に聞く、「渋谷で働くアラサー女性におすすめする出会いと別れが印象的な本3選」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急百貨店本店に、渋谷最大級の書店&文具店があるのはご存知ですか?「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」は丸善とジュンク堂のダブルネーム1号店。 蔵書数はなんと80万冊以上!さらに文房具の販売もしています。
そんなたくさんの本の中から、プロ中のプロである書店員さんがザ・スクランブルユーザーに読んでもらいたい本をピックアップ。 今回は、出会いもあれば別れもある。出会いと別れが印象的な本を社会書担当の中田英志郎さんに紹介してもらいました。

1. 『出会いなおし』

「この帯に書かれている、

年を重ねるということは、おなじ相手に、何回も、出会いなおすということだ。

この言葉がこの本の全てを物語っていると思います。」

1990年に児童文学でデビューし、2006年には『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞を受賞した森絵都氏の短編集の表題作。イラストレーターとして生計を立てている主人公が仕事先で出会った男性に惹かれるも、その後別離。そしてまた再会したところから話が始まる。

「社会人になると、卒業入学のような季節的な再会は少なくなりますが、もし誰かと出会いなおしたなら。見た目の印象が変わっていて驚くこともあるけれど、昔何気なく言ったことを覚えていてくれたり……。作中にも書かれている通り、会うたびにその人へのイメージが立体的になっていく様が繊細に描かれています」知っていると思っていた人に何度でも会いなおしたくなる、大人の出会いと別れの短編。

『出会いなおし』文藝春秋 〈税込〉1,540円  森絵都(著)

2.『思い出のマーニー』

スタジオジブリが映画化し、映像作品として知っている人も多い、『思い出のマーニー』。
イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンの作品で、イングランドの海辺の町が舞台。
内気で友だちもいないアンナは、唯一の拠り所だった養母との関係もこじれ、体調を崩し海辺の町で療養をすることに。そこにあった古い屋敷に住む金髪の女の子マーニーとシンパシーを感じ友人関係になり、ようやく訪れた楽しい日々の最中、突然マーニーが姿を消す。
「本も映画も観ていない方もいると思うので細かい内容は伝えられませんが、ファンタジックな展開です。アンナとマーニーの微笑ましい出会いから一変、驚きの別れの結末にどんどん読み進められるので、児童文学とはいえ大人もハマれる名著です」
映画版とは少しディテールも違うとのこと、小説ならではの心の機微を読んでほしい一冊。

『思い出のマーニー』KADOKAWA 〈税込〉572円 ジョーン・G・ロビンソン (著) 越前 敏弥・ないとう ふみこ (翻訳)

3.『錦繍』

「今回紹介する出会いと別れにまつわる本の中で一番おすすめです」
と、話す中田さん。90年代にコーヒーのCMに出演していたことでも知られている芥川賞作家・宮本輝氏の『錦繍』。恋愛小説の金字塔とも呼ばれ、ファンも多い作品。
不幸な事件で別れた夫婦が、時を経て、全く予想もしていない場所で再会。元夫がさみしい風貌に変化したことに驚き、この再会をきっかけに手紙を出し、往復書簡が行われる。
その往復書簡から、元夫婦の離婚の真相が紐解かれる作品。
「問題のない夫婦関係を築いていたと思っていた矢先に、元夫が心中事件を起こしてしまい、真相不明のまま離婚。不意の再会をきっかけにした手紙のやり取りから、その事件の真相や、空白の10年がだんだんと明らかになっていきます。
ストーリーテリングの名手である宮本輝が描く大人の恋愛は、重たくもありながら読みやすく、いつ読んでも名作だと改めて思わせる物語です」

『錦繍』新潮社〈税込〉572円 宮本輝(著)

「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 渋谷・東急百貨店本店7階
TEL 03-5456-2111
営業時間10:00~21:00 
https://honto.jp/store/detail_1570061_14HB320.html

Twitter: @junku_shibuya
LINE@: 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」で検索
※「hontoカード」、「Pontaカード」「dカード」利用可能

紹介者 「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」社会書担当 中田英志郎

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧