「絶対喜ばれる出産祝い」マナーのいろは Vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実はよく知らない、マナーのあんなことやこんなこと。知っておけばきっといつか役に立ちます。アップデートされたマナーのいろはについて一緒に学びましょう!

折目:出産祝い、慣れないうちは悩むわよね〜、分かる!

真名:大親友だからこそ、絶対に使ってもらえて、喜ばれるものがよくって。でも考えるの早すぎかな?

折目:出産祝いを渡すタイミングは、退院後のお七夜からお宮参り(生後1ヶ月)が目安よ。大親友だからといって、産まれたばかりの病院に駆けつけるのは避けたほうがいいわね。

真名:やば、行く気満々だった……!

折目:行きたい気持ちもわかるけど、出産後は絶対安静。少し落ち着いたタイミングがいいわ。 性別はもうわかってるのかしら?

真名:エコーでなかなか見せてくれないって困ってた!(笑)

折目:基本的には性別が分かってからの方がいいんだけど、ギリギリまで分からないこともよくあるから、そういう時はどちらの性別でも使えるような色や物を贈るといいわね。黄色や紫なんかはどっちの性別でも使えるから人気よ。

真名:(小声で)……予算っていくらくらいだろ……。

折目:あはは、大事なポイントよね。両親は2~5万円、兄弟、親戚は1〜3万円、同僚は3~5千円程度かしら。友人の場合、個人は5千~1万円ね。友だち同士で数千円ずつ出し合うっていうのもよく聞くわよね。

真名:もっと出すのかと思ってた。

折目:あまり高額だと気を使わせてしまうから、金額にも心配りをした方がいいわね。

真名:独身だから、何が本当に必要なのか分からなくって。

折目:そうね、困ったときは何枚もあって困らない物がいいわね。例えばおむつケーキ。産院推奨のおむつを使ったものなら、間違いないと思うわ。
そのほかに人気なのは、スリーパー、タオル。先輩ママからはバスポンチョも便利っていう声を聞くわ。

≪aboo(アブー)≫アザラシ お食事エプロン 〈税込〉4,070円
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/p/40BK-aboo191007
≪ミキハウスファースト≫ベビーバスポンチョセット 〈税込〉5,500円
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/p/40BK-miki190404

真名:ふむふむ。ベビー服も見た目がかわいいからついつい選びたくなっちゃう!

折目:ベビー服は半年後に着られるようなサイズのものを選ぶと、すごく活用できるみたい。ベビーシューズも小さくてかわいいけど、ファーストシューズは信頼できる老舗のショップから買うのがおすすめって聞いたわ。やっぱりすごく歩きやすいんですって。

真名:あ、友だちから、共同出資しない? ってメッセージきた!

折目:有志で贈るなら、少し金額が上がるから、例えば高機能な抱っこひも、あとはおしゃれなブランケットもいいわね。守代ちゃんは友だちと仲良しなら、あえてリクエストを聞いちゃってもいいかも。

≪POGNAE (ポグネー) ≫NO5PLUS ヒップシートキャリア 〈税込〉29,150円
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/p/40BK-pogna190604
≪G.H.HURT&SON ジーエイチハートアンドサン≫レースコットンショール〈税込〉11,000円
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/p/51BK-5F150409

真名:え、サプライズじゃなくてもいいの??

折目:すっごく仲良しだったら、聞いちゃった方がより喜ばれるかもしれないわね。ご夫婦の親御さんや、別の友だちと出産祝いが同じものになってしまうことはよくある話。
洋服はご近所ママや先輩ママからおさがりをもらうことは結構普通みたい。

真名:確かに……!

折目:ベビーのものじゃなくてもいいのよ。頑張ったお友だちのためにマザーズバッグや美容アイテム、高級な食品を贈ってあげてもいいかも。

≪ダディッコ≫トートバッグ 〈税込〉15,400円
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/p/51BK-dad170603

真名:お肉とかいいよねぇ……。

折目:もう、守代ちゃんがもらうんじゃないのよ(笑)。あとはこれから2人目が生まれる場合、性別が違えばベビー服もOKだけど、すでに持っているものもあるかもしれないから、例えば名入れのできるアイテムや、やっぱりタオルとかの消耗品なんかがいいんじゃないかしら。

イラスト:みき尾 取材:高橋優璃

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧