いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2020年5月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

5月の星回り

5月は月の半ばに、大きく潮目が変わる見通しです。どなたにとっても、気持ちややる気に大きな変化が現れるでしょう。これまでよりも少し、ペースや勢いを緩めて注意深くしよう、というムードが出てきたなら、それは「停滞」ではないはずです。どちらかというと、無理が出てきたり、目指す方向性とズレてきたりした部分の「調整」「軌道修正」といった意味合いがあります。なんだかモタモタしたムードだなと思ったら、この占いのことを思い出していただけると、星の恩恵を活かしやすいでしょう。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
勢いがあるのは月の前半です。いろいろな人と積極的にコミュニケーションをとり、「大活躍」という言葉がぴったりくる動きができる人がとても多いでしょう。特に、7日の満月前後は対人関係での努力が報われそうな予感。自分のことだけでなく、相手のことを尊重しながら進めたことが、しっかりと評価されるのだろうと思います。後半は、スピードよりも確実さと質を重視するといいフェーズに。じっくりと向き合う慎重さが自分のためになります。

恋愛運
爽やかで楽しいコミュニケーションが実現できそう。ただ、恋愛というよりは友達や仲間といったムードが強く、進展を望んでいる場合は手応えを感じにくいかもしれません。今はコミュニケーションを楽しむ時期、と割り切って、楽しい時間を共有するとよさそうです。面白くしようと話を盛ったり、気を惹こうと嘘をついたりするのは、空回りしやすい予感。避けたほうが無難かも。

仕事運
情報感度を高めに過ごすといい展開になりやすい予感。「あの企画、自分の仕事でも応用できないかな」「このニュース、考えようによっては追い風かも」などと、いいアイデアが浮かぶでしょう。一方、半年、年単位で立てていた目標については軌道修正のタイミング。心境の変化や市場の動向などを踏まえて、今の自分にとってベストな目標にチューニングしましょう。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
月の前半は躍動感あふれるアクティブモード。なんでもやってみたいと思え、不思議と接する相手も前向きなやる気に満ちていて、相乗効果でいい展開につなげていけます。また、食事を充実させると運気全体の底上げに。自分の心と体が喜ぶ食事を作るほか、ちょっとリッチな食事をテイクアウトすると、思いのほかエネルギーにつながるようです。

恋愛運
今月のポイントはふたつ。まずひとつ目は、7日の満月です。愛において、これまでの努力が実るような出来事があるでしょう。パートナーがいる人なら絆がより強まるような出来事に恵まれますし、今は恋を探している途中という人にも良い出会いが。もうひとつは月の後半。13日以降、恋はちょっとゆっくりモードになります。お互いの価値観を尊重できるのか、ズレがあっても楽しめるか。そこに、お互いがしっかりと向き合えるかどうかが表れてくるでしょう。

仕事運
前半はタフな挑戦のとき。望むキャリアをつかむチャンスを得たいなら、できるだけ早く動いておきたいところです。野心をいい形で活かしていけるはず。後半は、違う意味でアクティブ。3月後半からプレッシャーを感じていることがあったなら、ここからスーッと解消されていきます。制約から解き放たれ、仕事に没頭できる人は多そうです。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
月の前半と後半で雰囲気が変わります。前半はとにかく自由に、広い視野で物事を考えることでツキが巡ってきそう。「好き」や「楽しい」といった感覚を大事にすると、いいものを手繰り寄せやすくなるでしょう。月の後半は本気モード。おそらくは、「本領発揮!」という言葉がぴったりのチャンスや風が吹いてきます。思い切りそこに飛び乗るつもりでいると、いい波に乗っていけるはずです。

恋愛運
自分にとって、人を愛するとはどういうことか。お互いに幸せになれる関係性とは、どういうものか。そうした「自分にとっての愛の本質」を考える時間が増えてくるでしょう。「なんでこの人が好きなんだろう?」「そもそも好きなのか?」といった問いが浮かぶ人もいると思いますが、それは決してひどいことではありません。そうした問いに、自分なりに答えていくことで愛は熟成していきます。長く続く愛を育てていけるときです。

仕事運
月の上旬は、迷ったり、アイデアがうまく言葉にできなかったりとちょっとモヤモヤ。この時期は行動を起こすよりも、視野を広げたり考えを煮詰めたりするのに向いています。調子が出てくるのは12日以降。ぱちんとスイッチが切り替わるように調子が出てきて、意欲と呼び合うようにしてチャンスも巡ってきます。ここから月末まで、ちょっと強気になるくらいでも、あなたならしっかりやっていけるはずです。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
あなたを取り巻く人間模様が不思議な変化を見せ始めます。人の評価や視線をずっと気にしているようなプレッシャーは解消に向かいます。一方で、これまで順調だった人とのあいだに、ピリッとした緊張感が漂い始める見通し。ただ、これらは決して、決定的な不運や悪い兆候というわけではありません。注意を向けるところが変わるだけで、真摯に向き合えばきっと絆は強まっていくだろうと思います。

恋愛運
7日の満月は、かに座の恋を司る位置で起こります。満月は「ものごとが満ちる」ときですから、片思いの人は嬉しい進展が期待できるかも。パートナーがいる人にも、もちろん楽しい時間が待っていそうなのですが、5月は14日以降に訪れる「パートナーシップの熟成期」に注目したほうがいいかもしれません。ふたりがこれからも幸せでいるために、解決しておくべきテーマがあれば次第にくっきりと見えてきそう。ふたりで協力して解決することができれば、かけがえのない絆にしていけるはず。

仕事運
全体運のところでも述べた通り、対人関係に変化が表れます。月の前半は仲間や協力者に恵まれ、後半はプレッシャーから解き放たれるなど嬉しい動きもあるのですが、仲間の優しさや頼もしさに甘えすぎないでいたいところ。もちろんあなたがいつも甘えていると申し上げるつもりはないのですが、折にふれて気持ちを引き締めておくと「こんなはずでは」という事態を防げるはずです。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
人間関係が盛り上がってきます。前半はアツくまっすぐ相手に飛び込んでいくような、後半はワイワイとさわやかに会話を楽しめそうな1カ月です。そして家族や家族同然と思えるような仲間とは「この人たちと一緒にいてよかったなあ」と思えるような瞬間が、7日の満月前後に訪れるのでしょう。人と繋がることの嬉しさを、受ける刺激の楽しさを、胸いっぱいに味わっていけそうです。

恋愛運
恋に関してはちょっぴり不器用。情熱そのままにぶつかれますし、フレンドリーに会話を楽しむ時間も多そう。でもその一方で、一生懸命な気持ちが高まりすぎてケンカになってしまったり、友達ムードが強すぎて恋の糸口を見つけにくくなってしまいそうです。頑張りすぎない、くらいの気持ちでいたほうが、あなたらしい魅力が伝わるかもしれません。深呼吸をひとつ、忘れずに。

仕事運
熱意がチャンスを呼ぶのは12日頃まで。できるだけ多くの人にやる気を見せ、一緒に仕事をするメンバーとの結束を強めておきたいところ。直接会えたら素敵ですが、この時期であればオンラインミーティングでも十分に熱意は伝わることでしょう。月の後半は、これまで築いた信用や人間関係が糧になります。あなたに期待してくれる人、引き立てようとしてくれている人が近くにいるはずなので、しっかりその気持ちに応えていくといいでしょう。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
ばたばたと忙しい日々が、4月からずっと続いていることでしょう。イレギュラーなワークスタイルや生活が負担になっている人も多いはず。5月からはいい具合に慣れてくるはずなので、無理をしすぎてダウンしないようにしましょうね。7日の満月前後は、嬉しい知らせが飛び込んでくるかも。誰かと「心が通じた!」と思える人もいるでしょう。どちらも、過去のあなたが頑張ったことが時間差で報われそう。自分をたくさん誉めてあげてください。

恋愛運
月の中盤が転換点です。今が順調な人にとっては、月の後半からは若干、波乱の予感。ただ、どうにもならない不運ではありません。ふたりでしっかり向き合ってベストな一致点を目指せば、長続きする愛へと変えていけます。波乱なんてないほうがいいと思われるかもしれませんが、ふたりの結びつきをより強くする役割もしてくれます。今は恋を探している途中という人は、月の後半に期待。刺激的な経験をくれる人との出会いがあるかもしれません。

仕事運
交渉やディスカッション、調整ごとなど、複雑なやりとりが多くなりそうです。熱意だけでなく、理性や仕事への愛などの想いを上手に伝えていくことがうまくいくカギ。表面上だけでうまいことやってまとめようとすると返り討ちに遭いそうなので、しっかり関わるつもりであることを態度でも示していけるといいですね。23日の新月前後では、新しいオファーがあるかもしれません。前向きに受けてよさそうです。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
プライベートがばたばたしそうです。住まいに関して課題が生まれたり、多忙すぎて生活のリズムが乱れたりと、ちょっぴり調子が狂うようなところがありそう。いずれにせよ、仕事を頑張るための「土台」のような部分。ちょっと厄介な課題だったとしても、取り合わなければまた同じ問題が起こるでしょう。「むしろ、大事(おおごと)になる前に見つかってラッキー」くらいの気持ちで、丁寧に解決していきましょう。他の運も、連動して良くなってきますので。

恋愛運
月の前半は折り合いがつきにくいとき。一方が会いたいときにもう一方が忙しくなったり、大好きなのに素直になれなかったりと、ちょっぴり落ち込んでしまうこともありそうです。ただ、月の後半は心がふわっと楽になるでしょう。自分にかけていた呪縛や制限のようなものから解き放たれる、そんな暗示が出ているのです。あなたらしくアプローチしていけば、きっと大丈夫。

仕事運
実力を確かなかたちで発揮することができたり、自分を表現する力がアップしたりするときです。今なら、以前はとても手が届かなかったような高い目標にも、ひょいっと届いてしまうのかもしれません。ところで、人というのは程よいストレスであれば、それが成長につながるのだとか。筋肉もそうですよね。もちろん負荷をかけすぎるのは良くないですが、“ちょっぴり高め”の目標を抱いてみませんか。この時期のあなたの仕事力が、飛躍的に伸びていくでしょう。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
7日、あなたの星座で満月が起こります。ここ半年くらい力を尽くしてきたことに手応えを感じられたり、注目を浴びたりと、驚きと嬉しさが入り交じるような瞬間がありそうです。もし、そうしたことがあったなら、褒め言葉はそのまま受け取ってOK。変に謙遜せずに「ありがとう!」と喜ぶことが、これからも頑張るエネルギーに変わっていきます。対人関係も好調。充実感を味わって。

恋愛運
複雑な動きを見せそう。今は恋を探している途中という人には、1カ月を通して出会いに恵まれやすい星回りです。話が合う人、価値観や趣味が同じで意気投合できた人とはご縁が生まれやすいはずです。ただし、秘密にしなければいけない関係はこじれるので、手控えたほうが賢明でしょう。パートナーがいる人は、これまでよりも一歩踏み込んだやり方で、お互いを深い愛で包むようになるのかもしれません。そんな、特別な雰囲気が生まれそうです。

仕事運
前半はコミュニケーションが活発に。チームメンバーやパートナー企業など「仲間」と呼べる人たちとの結束を武器に、前向きに話を進めていけそうです。クリエイティブワークの人は月の後半からが勝負時。自分の名前とスキルをバリッと売り込んでいけるときで、熱意も含めて評価してもらえます。自分から仕事をつかみ取りに行く、そんな勢いを持てると良さそうです。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
とても賑やかで活気に満ちた1カ月です。急にびっくりするような連絡がきたり、いいニュースが飛び込んできたりと、嬉しい驚きが何度も到来しそうです。なぜか自分の得意なことが急につまらなく思えてきたり、妙にうまくいかなくなりそうなのですが、「悪いことだ!!」とはとらえなくても良さそう。自分の“得意”が、洗練されつつある過程だからです。

恋愛運
パートナーシップにおいて、潮目が変わるような出来事がありそうです。愛すること、パートナーとともに実現する幸福のあり方、そういったものに疑問が生じるのでしょう。ただ、幸いにしてこの時期のふたりには、言葉が味方してくれます。ひとりで抱え込まなくて大丈夫。あなたを大切にしてくれる人ならば、この時期はとことん話し合おうとしてくれるでしょう。新たな約束を交わす人も、多いだろうと思います。

仕事運
自分が考えていることを人に話したり、意見を聞いたりすることで仕事がより充実したものになる時期です。あなたは自分の頭のなかでアイデアを爆発させられるくらいには創造力に富んだ人ですが、この時期はブレストやミーティングなどで積極的に人と話すといいでしょう。知識を持ち寄ることで化学反応が生まれたり、ときには反対意見からすごいヒントが得られたりと、面白い展開になってくるはずです。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
目標や夢を少し軌道修正したくなるかもしれません。夢に一歩近づいてみて初めて「ちょっと違うかな!?」と思うようなこともあるのかもしれません。いずれにせよ、そうしたときは「変わる」ことを恐れなくても大丈夫です。好きなことや得意なことをのんびり見つめ直して、自分で納得のいくベストな答えを見つけるほうが大事。停滞感を覚えたときほど「今は、じっくり考えるとき」と頭のなかで翻訳してみて。

恋愛運
好きな人と会話をしたり、連絡がきたりといったことは多いものの、発展や手応えといったものは感じにくいかもしれません。何かを期待してアプローチを続けるよりは、「ただ会話することを楽しむ」「相手のために、見返りを求めず何かをしてあげる」ということのほうが、将来的にプラスとなるでしょう。おそらく、いつもあなたがしていること……そう、普通が一番なのかもしれません。大切に思う気持ちは、そのままで。

仕事運
月の前半は楽しい時期。ばたばたと忙しいのは確かですが、決してイヤではないかも。むしろ「スケジュール帳がいっぱいだと嬉しい」という感覚につながるような、活気ある忙しさのはず。月の後半、新しい動きが。前向きに受けてみるとメリットが大きそうなのですが、楽観視しすぎると足をすくわれることも。ひとつひとつ確かめながら、ていねいに進めて。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
熱意と自制心が同居するようなモヤモヤ期は卒業。力まず、カッコつけず、自分らしくやりたいことを追求できるようになるでしょう。やる気はあるのに自己否定に走るとか、熱意はあるのに冷めた自分が邪魔をしたりとか、そういった矛盾があっても気にしなくて大丈夫。「自然に消えていく」と思って、自分らしい選択をしていけるといいですね。

恋愛運
4月に引き続き、月の前半までは恋に追い風が吹き続けます。恋を探している人も、パートナーがいる人も、愛する喜びや愛される嬉しさを実感できることでしょう。ただ後半は迷いが生じます。これまで当たり前のように抱いてきた「好き」という気持ちが迷子になってしまいそう。できればひとりの時間を作って、自分の本心とじっくり向き合ってみると、自分が本当に求めていた幸せを追求しやすくなるでしょう。月末頃、新しい恋を始める人もいそうです。

仕事運
やる気に満ち溢れ、月の前半はとにかく多忙。対人運と仕事運が同時に上がるので、あちこちから引っ張りだこになったり、「ぜひ○○さんにお願いしたい」と指名で仕事量が増えたりと、嬉しい悲鳴を上げることになるかも。目が回るような忙しさのなかで見落としが生まれないよう、TODOリストを作るなど確実なやり方を取り入れましょう。ほか、月の後半は金運アップ。自分への投資も◎です。思い切った出費でも、気分が高まっていきそう。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
月の前半はどこか「守りに入る」ようなところもあるのですが、後半からは一転して行動的に。自分のモードチェンジを否定せず、心が向く方向に舵を切る、そんなルールでいると物事がうまく運ぶでしょう。勉強したいことがある人は月の上旬にスタートを。興味関心が長続きし、学んだことをしっかりと自分のものにできるでしょう。自分のポテンシャルを信じて大丈夫です。

恋愛運
仲間や友達など、リラックスして過ごせる人とご縁がありそうなとき。たとえこれから知り合う人でも、一緒にいるとホッとする人は“運命の人”候補と思っていいかもしれません。カップルは安定モードですが、月の後半は馴れ合いから生じる気持ちのズレも出てきそう。もし気になることがあるのなら、溜め込む前に相手とフランクに話してみるといいでしょう。相手とずっと一緒にやっていける絆につながるはずです。

仕事運
月の前半は爽やかな活気に満ちています。自由に好奇心の翼を広げ、可能性を模索しておくといいでしょう。というのも、後半になると一気に忙しくなってくるからです。目が回るような忙しさのなか、知らず知らずのうちに安定や安全を求めて、「いつものやり方」で小さくまとまってしまう可能性が。そんなとき、月の前半に積み重ねた自由なアイデアが、仕事に程よくスパイスをきかせてくれるでしょう。オーバーワークにはくれぐれも気を付けて、力を尽くしていけると素敵です。

Illustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧