【Staff Voice】~〈FANCL(ファンケル)〉の酵素洗顔パウダーをおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「渋谷スクランブルスクエア」6階にあるビューティーフロア「+Q Beauty」の人気ブランドの最旬の“声”をお届け。今回は〈FANCL(ファンケル)〉から、いま話題の酵素洗顔パウダーからボディミルクまで、黒ずみにアタックするアイテムたちをまるっとピックアップ!

無添加スキンケアやサプリをはじめ、専門スタッフによるカウンセリングで知られる〈FANCL(ファンケル)〉。肌の状態を数値化するスキンケアカウンセリングや、血管の老化度・弾力性を20秒ほどで測る血管年齢チェックなど、科学に基づくビューティ体験ができることでも人気を博すブランドです。

「毛穴、どこいった?」酵素洗顔パウダーで汚れオフ!

そんな〈ファンケル〉が1981年の創業当初から作り続けているのが「洗顔パウダー」。なかでも、「毛穴が気になる」「肌のざらつきをどうにかしたい」「テカリやベタつきが悩み」という人に向けて作り上げたのがこちら!

使い切りポーションタイプの酵素洗顔「ディープクリア 洗顔パウダー」

「『ディープクリア 洗顔パウダー』は、毛穴の汚れや黒ずみ、角栓などを一気にオフして、つるんと洗い上げる酵素洗顔料です。酵素のいいところは毛穴の角栓を分解できる点。さらに、炭とクレイの成分によってしっかりと汚れも吸着できるんです」(中村さん)

そんなウマイ話があるかいな? と思ったら、ファンケル総合研究所がこんな調査を行っていました。

汚れが落ちるメカニズムは、酵素(プロテアーゼ)が、角栓・ザラつきのもととなるタンパク質に働きかけるから。さらに、炭が肌表面の角栓・毛穴汚れを効率よくかき出し、さらに豊富なミネラル成分を含むクレイが汚れを吸着するというもの。

「最近はマスクで過ごすことから、ついスキンケアを怠りがち。気付いたら毛穴が開いてしまった…と仰るお客さまも多いんです。この洗顔パウダーを使い続けることで、だんだん毛穴汚れが目立ちにくくなっていくので、とってもオススメなんですよ」(中村さん)

しっかりした泡立ち。うっすらと黒いのは炭の色

従来から「酵素の洗顔パウダーは泡立たない」といわれてきましたが、この常識をくつがえしている点も魅力。ネットで揉むと、フワフワもちもちの弾力泡が完成しました。毎日使ってもよし。週3くらいで取り入れるのもよし。毛穴やざらつきが気になる日に使ってみたい!

SNSでバズの嵐! コスパ最強の美白ボディミルク

さて、この〈ファンケル〉にはイヤ〜な黒ずみとオサラバ!系の大ヒットアイテムがもう一つ。それは…

「ボディミルク 美白&エイジングケア[医療部外品]」

「これは保湿・美白・エイジングケアの3機能を1本で叶える、無添加の薬用ボディミルク。美容系のYouTuberさんが愛用してくださっていると発信されて以来、飛ぶように売れています!」(中村さん)

有効成分としてトラネキサム酸を配合していて、全身の美白ケアが可能なのが一番の魅力なんだとか。

「こすれてできた色素沈着や肘や膝などの黒ずみをケアできるので、露出が増える夏にもぴったりですよ」(中村さん)

実際につけてみると、スルスル伸びて乳液みたい。肌の中にスッと染みこんで、ベタつきません。しかも、塗布後は吸い付くようなモチモチの触感に。これで1本あたり1,320円とはコスパも最強!

「ボディの大部分は皮脂が少なく、気がついたら乾燥しがち。摩擦によるダメージによってバリア機能が低下していることも少なくありません。ぜひ、気兼ねなくたっぷり使えるボディ用ミルクで潤いを与えてあげてくださいね」(中村さん)

〈FANCL〉・・・ディープクリア 洗顔パウダー〈税込〉1回分×30個 1,980円
〈FANCL〉・・・ボディミルク 美白&エイジングケア[医薬部外品]〈税込〉150g×1本 1,320円

※ファンケルの「無添加」は防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていません。
※「美白(ホワイトニング)」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果のことをいいます。
※「エイジングケア」とは、年齢に応じたお手入れのことです。

■渋谷スクランブルスクエア6階「+Q Beauty」

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加