いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2020年9月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

9月の星回り

「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が、10日からイレギュラーな動きに入ります。これにより、6月末あたりから頑張ってきたことが「いったん立ち止まって、力の注ぎ方を考える」というフェーズに入ります。無理を重ねてきたことには一休みを、衝突にはぶつかる以外のアイデアを。さまざまなアイデアを模索することで、「頑張る」だけでは見えてこなかった可能性も浮上してくるでしょう。この傾向は11月中旬まで続きます。少し長い目で、考えてみて。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
コミュニケーションに追い風が吹き始めます。仕事でもプライベートでも、打てば響くように答えを返してもらえそう。交渉や話し合い、相談事など、まずは腹を割って話してみるといいと思います。ちなみに、この時期のあなたはなんとなくテンションが上がらないか、ストレートに気持ちを出せないといった感覚が強いかもしれません。でも、特に心配する必要はないですよ。そのぶん、相手の本音をたくさん引き出すことができるから。

恋愛運
6日以降、おひつじ座の恋愛運にはダブルで爽やかな追い風が吹き始めます。恋愛運とパートナーシップ運が、同時に刺激され始めるのです。シングルの人はいい出会いを得やすいでしょうし、カップルの人も愛を確かめ合ったり、愛情をベースに話し合えたりする時間が多くなるでしょう。楽しい気持ちでいっぱいの恋の始まりから、楽しいだけにとどまらない互いの理解まで、恋のステップを駆け足で一気に進めていく人も少なくないはずです。

仕事運
好調なスタートを切れるはずですが、特に仕事運にブーストがかかってくるのは後半から。夏の間の試行錯誤を活かすかたちで、年末に向けて一気に可能性が広がってくるはずです。交渉やディスカッションなど、関わる人との意見交換を足がかりに手を広げていくといいでしょう。ただ、人によっては運気とは裏腹にやる気が出にくいときも。運が良くないわけではありません。今は自分のペースを大切にするときというサインですから、できることから始めて。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
プライベートを大事にすると手堅く過ごせる好調期。ヨガやジョギングなど健康にプラスとなることをしたり、家でまったり過ごすためにキッチングッズやルームウェアを揃えたりと、自分のために手間や時間をかけてみたいところです。夏のはじめ頃から自分に厳しくさまざまな努力を続けてきた人も多いかと思いますが、成長することを焦るよりも自分らしいペースを重視したいところです。それでこそ、持ち前の粘り強さも活かせるはず。

恋愛運
恋はスローペース。同棲カップルや結婚が視野に入っている人にとっては日常で愛を温めるようないい時期が続いていきますが、恋を探している途中の人は「ひとりでいたほうが楽かも」なんて気持ちが出てくることも。17日の新月前後は新たな出会いや進展の可能性大ですが、乗り気になれない人は「10月のモテ期までマイペースで過ごす」と決めてしまうのも手でしょう。気持ちが向いたときこそ、良い恋ができるのですから。

仕事運
ばたばたと忙しく、気ぜわしい状態が続いていきそう。複雑な調整事に山積みのタスクとやるべきことが多いので、段取りはいつも以上に念入りに。とはいえ、プレッシャーが和らいで自分のペースを取り戻すことができるのが今月の嬉しいところ。着手さえすれば意外にさくさくと楽しみながらこなしていけるでしょう。「好き」を仕事にしたい人は、17日の新月前後に活動をスタートさせると滑り出し好調で始められるはず。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
対人関係が面白くなってきます。好きな人と話ができたり、素敵な人と盛り上がったり、そうかと思えば停滞していた人間関係がいい感じになってきたりと、「あ、いいな。こういうの嬉しいな」と思えることが多いでしょう。もし「ライバル」と呼べる存在がいるのなら、この時期は敵対するのではなく、お互いに仲間として高め合えるでしょう。ざっくばらんに情報交換をして、お互いに尊敬の気持ちを持ち合えるような展開もあるかもしれません。

恋愛運
明るく爽やかな恋愛運です。意識したいのは「今」。この先どうなるだろうと深刻になるよりも、何気ないおしゃべりや互いの笑顔、心からの励ましといったものが、地層が積み重なるようにふたりの愛を形作っていきます。片想いの人も、確かな手応えを得ようとするよりはとにかく「話す」「メッセージをやりとりする」ことが大事。駆け引きはかえって相手を遠ざけるので、素直に接して。

仕事運
キャリアアップを狙っている人は、2日の満月前後に起きることに注目を。手応えがあったり、いい評価を得られたりとプラスの出来事があれば現状のまま努力を続けて。もし思うに任せない状態なら、この満月のタイミングで頑張り方を変えてみるといい転機にできるはず。その労力が徒労に終わるかなどにこだわりすぎず、別の方針も考えてみて。ほか、今月はわくわくするような面白い情報が飛び込んでくる予感も。いいなと思ったら即、行動を。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
雰囲気がすうっと落ち着いていきます。夏の間ばたばたと忙しく過ごしてきた人も、楽しくてあっという間だったという人も、しっとりと落ち着いて自分の時間を過ごせるようになるでしょう。美味しいものを食べたり、おうちでのんびりまったりしたり、仕事を自分のペースで楽しんだりと、自分にとっての心地よさを追求していけるでしょう。自分にとってどんなものや人が「合う」のか、再確認できるときでもあります。

恋愛運
カップルはパートナーシップに追い風が吹きます。5月頃からちょっぴり停滞感が強くなっていたり「この人でいいのかな」といった疑問が頭に浮かんだりしていたならば、月の後半に「答え」を見出すことになりそう。一緒に住むなど、パートナーとして前進する選択をすることもありそうです。シングルの人は、ちょっとのんびりモードに。婚活・恋活に疲れてきているなら、ここで一休みしてみませんか。そのほうが、恋の種も発芽準備が整いそうです。

仕事運
専門分野や得意分野で手堅く実力を発揮でき、対人関係も上々。取引先から「○○さんだからお願いしたい」などと、人間性も含めて評価されることもあるでしょう。コツコツと頑張ったことが身についたのだなと、嬉しい実感が得られます。ただ、あなた自身はどこか、やる気が出にくいような感覚もあるかもしれません。でも、それはいけないことではないので安心して。心が、自分にとってベストな頑張り方を調整する、その途中なのだから。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
自由で楽しい雰囲気がいっぱいに満ちた月。好きなものを思いっきり楽しんだり、近場のお出かけを楽しんだりと、自分が安心できるテリトリーのような場所で楽しく過ごせることでしょう。全体的にのんびりとした雰囲気ですが、月の後半はばたばたと忙しくなってきます。健康に関して無頓着だった人は、できるだけ早いうちに、理想的な食生活や運動習慣を取り入れて。

恋愛運
6日から10月の頭にかけて、あなたが愛され注目を浴びる時間が続いていきます。いわゆる「モテ期」で、あなたの内側からにじみ出る魅力が、周囲の人を強く惹きつけることになるでしょう。この時期のおしゃれは、コンプレックスを「隠す」のではなく「ありのままの魅力を引き立てる」のがカギ。新しい服やアクセサリーでイメチェンを狙うなら、月の半ば頃にショッピングに行くと運気に弾みがつきます。自分らしく素敵になって、いい恋をしましょうね。

仕事運
月の半ば頃、多忙スイッチがONに。止まっていた案件が動き始めたり、普段より外出が多くなったりして、アクティブに行動を起こしていくことになるでしょう。対人運に恵まれ、周囲の人が不思議と良くしてくれる時期でもあるので、普段なら聞けないような話がぽろっと出てくることも。情報は受け取るばかりでなく、こちらも有益な情報や専門知識を小出しにしていくといい関係性が作れそうです。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
17日、あなたの星座で新月が起こります。新月は「スタート」のタイミングで、前後2〜3日は新しいことを始めるのに良いとされています。思い切った選択をしても、好調な滑り出しが約束されているようなもの。振り返ってみれば過去1ヵ月くらい、あなたの心にはさまざまな“ことば”が浮かんでいたことでしょう。それをかたちに変えるなら、まさに今。創造的なアクションなら特に、“運が味方する”ようなことも起こりやすいはずです。

恋愛運
つらかった恋の思い出や悔やむ心など、あなたの心に今も残る「しこり」のいくつかが、小さくなっていきそうです。それは思い出をナイフで削り取るような、痛みを伴う話ではありません。氷が溶けてなくなっていくように、自然とやわらかになくなっていくでしょう。そして月の後半、愛に前向きな動きが起こります。過去を引きずることなく、フレッシュな気持ちでお相手に接していくと、いい展開も期待できそうです。秋から冬にかけて、深まっていく愛があるかもしれません。

仕事運
得意なこと、好きなことをどんどんかたちにしていけそうです。特にクリエイティブワークの人にとっては頑張りどき。感性が鋭くなるだけでなく、それを言葉やかたちにして“伝える”ことができるからです。特に月の後半からはチャンスもつかみやすくなるので、やりたいことや目指すことを周囲に話してみるといいでしょう。ほかの職種・業種でも、自分なりの工夫やアイデアを提案したり、試したりすると仕事に活気が出て楽しくなってきます。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
社交性が高まり、人とのコミュニケーションが楽しくなってきます。いつもは聞き役に回ることが多くても、「自分の意見を言いたい!」という思いが募って自然に言葉が出てきます。聞き役でいたときは得られなかった盛り上がりも、感じることができるかもしれません。LINEやメールが長文すぎて伝わりにくくなることもありそうですが、それでもあなたの周りの人はそんなあなたもまた、好きになってくれるはずです。。

恋愛運
恋を探している人は「灯台下暗し」を地でいく時期。友達や同僚など、恋愛対象として意識していなかった人が急に気になり始めたり、ふとしたきっかけで「もしかして脈アリ?」とドキドキしたりすることがありそうです。馴れ合った仲間というフィルターを外して、ひとりの人として見つめてみて。カップルはちょっと風向きが変わりそう。どう接していいかわからなくなったら、黙るよりもざっくばらんに話をしてみて。

仕事運
まわりの人からさまざまな親切や援助を受けながら、実力をビシッと発揮していけそう。思考が冴えていいアイデアを出せたり、発言力を活かしてその場をうまく取りまとめたりと、頭の働きが活発になるでしょう。いつもは張り合ったり、素直になれなかったりする相手にも、この時期は相手に伝わるベストな言葉を選び、有意義なコミュニケーションができるはず。自分を曲げたり、我慢したりしなくても、あなたの思いは伝わるはず。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
仕事に重きが置かれる1ヵ月。やるべきことが山積みでかなり多忙なのですが、その一方でわくわくするようなオファーが舞い込んできたり、好奇心をびしびし刺激されたりと、有意義な時間が多くなるのでしょう。全エネルギーを仕事に振り切る人も多そうですが、健康や生活が無頓着になると一気に体調を崩すことも。持ち前のポテンシャルを発揮するためにも、休息やストレス解消は適度に取り入れていきましょうね。

恋愛運
2日の満月はさそり座の恋の味方です。頑張ってきたことが報われたり、一歩進展したことを感じられたりと、嬉しい実感を伴うことが多いでしょう。恋を探している途中の人は、これまでと行動範囲を変えてみるとチャンスが増えるはずです。ただ、それ以降の恋愛運は少々手薄に。あれもこれもと用事が重なり、「恋どころじゃない」なんてモードになってしまうこともありそうです。忙しくてもマメに連絡するなど、接点を持ち続けることはお忘れなく。

仕事運
10日くらいまでは要注意。自分の能力を超えているのでは? と思えるほどの忙しさでばたばたしそうです。「仕事はできる人のところに集まる」などと言われるものですが、それでもひとりで全部抱え込むには多すぎる量が集まりやすいときです。できるだけ分担する、期日を交渉するなど「無理をする」以外の道も検討してみて。月の半ばからは落ち着いてきますが、ホッとした分うっかりミスが増えそう。疲労を癒やしつつも、集中すべきところは集中して。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
嬉しい連絡が来たり、自分がやりたいことについていい情報が得られたりと、わくわくするような出来事が多そうな1ヵ月。親しい友達からのニュースにはヒントが多そうなので、SNSはマメにチェックしておくといいでしょう。ほか、金銭や収入に関することで行き詰まり感があった人は、月の半ばあたりから前向きな動きが出てきそう。遠慮せず、欲張りに自分の可能性を追求していけると素敵です。

恋愛運
既成概念にとらわれない、自由な愛のかたちに興味がわくかもしれません。「束縛されたくない」「制度にとらわれたくない」などといった思いが先に立ち、出会いや結婚が面倒に感じられてしまうことも。もし気が向いたなら、「こういう私を、まるごと理解してくれる人と出会う」と思っておくと、いいご縁を招きやすくなります。伸び伸びと、自分が求める愛を模索していきたいですね。

仕事運
対人関係が好調な1ヵ月。特に、同僚や同期など「ヨコ」のつながりに助けられるようなことがあるかもしれません。担当している仕事で迷ったら意見をもらったり、相談をしてみたりするといいヒントが見つかるでしょう。収入アップを狙っている人は、月の後半からが本領発揮のとき。ここから12月前半までの頑張りが、今後の収入にいい影響を与えてくれるのです。まずは、どんな成果を出せば評価につながるのか、月の前半にしっかりプランニングを。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
5月頃からなんとなく停滞感が強まっていたり、行き詰まり感を覚えていたりした人は、月の後半からパーッと視界が明るくなっていきます。仕事とプライベートのバランスが大きなテーマとなる月ですが「社会的に見てどちらが正解か」「理屈で考えるとどちらがいいか」といったことではなく、「自分はこうしたい」ということをまず明確にすること。そうすれば、どちらに舵を切ればいいか、おのずから見えてくるはずです。

恋愛運
絆や安心感、心地よさなど、目には見えないものに愛の真価が光ります。それだけに、ちょっとバランスを崩すとパートナーに甘え過ぎたり、期待し過ぎたりに。頼れる相手がいるのは素敵なことですが、あまり寄りかかってしまうとご縁は不安定に。程よい距離感は、大切にしたいところです。出会いについては、お誘いそのものは多い時期。ただ、この時期の出会いは玉石混交なのです。先を急ぐよりもじっくりとコミュニケーションをとって、相手を見極めて。

仕事運
迷いやモタつきをスパッと断ち切って、バリバリ活躍できる頼もしい時期です。頭が冴えて「こうすべき」という方針がパッと立つので、交渉や調整事も有利に進められるでしょう。月半ばからは強運のとき。ここから12月中盤までは、「できることは全部やる」くらいのお気持ちで、欲張りに仕掛けていきましょう。想像もしなかったようなチャンスも、この時期は手にすることができそうです。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
これまで面白いと思っていたことが急に色あせて見えてきたり、そうかと思えばとことん深くハマれるテーマを見つけたりと、興味の方向性がガラッと変わるようなことがありそうです。「これを学んで何になるんだろう」「なんでこれに惹かれるんだろう」と思ったりするかもしれませんが、理由はあまり大事ではないでしょう。あなたがどうしようもなく惹かれること、面白いと思うことを大事にすることで、時間も心も豊かになるはずです。

恋愛運
パートナーシップにスポットライトが当たります。慣れた間柄でも、改めて相手に惚れ直したり、相手の愛を感じたりする瞬間が幾度となく訪れることでしょう。今は恋を探している途中という人も、将来のことも考えられそうな人との出会いが期待しやすいとき。この時期のあなたは少しだけ内気だったり出不精だったりするのですが、SNSでコメントや友達申請をするなど、楽しんでできることを見つけてみて。

仕事運
海外に関する仕事や、語学能力を発揮するタイプの仕事をしている人はスイスイと仕事が進む好調期。持ち前の機転やアイデアで、難しい場面もスムーズに乗り切っていけそうです。国内メインの仕事をしている人も、海外ニュースを見たり外国籍の友達と話したりするといいヒントが得られそうです。また、異動や転勤の話が予測される人は、社内の情報網には敏感になっておいて。大事なことが、水面下で動いているかもしれません。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
2日、あなたの星座で満月が起こります。この前後では長期的な努力が実ったり、人に評価されたりと嬉しい展開が多いでしょう。もしも思うにまかせない状態が続いているのなら、それはあなたの努力が足りないとか、何かが欠けているというわけではありません。あなたは頑張っていらっしゃいました。でも、おそらくは頑張り方の方向性が、あなたにフィットしない部分があったのでしょう。心が求める頑張り方でリトライするならば、今月の満月は全面的にあなたの味方をしてくれるでしょう。

恋愛運
恋を探している人は、月の中頃にいい出会いが期待しやすいでしょう。友達がキーとなることも多く、紹介をお願いしてみるのはいい選択となるはず。もしくは、友達がまさに運命の人だった…!なんて、ドキドキの展開もあるのかもしれません。カップルは相手のために何かをしてあげると愛が深まりそう。おせっかいになるのは考えものですが、あなたに無理のない範囲で力を貸してあげて。

仕事運
爽やかな忙しさに満ちた1ヵ月。目の前のことに力を注ぐと同時に、未来のビジョンも描けるようになるでしょう。足元も遠くも、両方にちゃんと視線を注ぐような広い視野が、つまらなくなりがちなルーティンワークにもハリややりがいをもたらしてくれます。ひとつ心がけておきたいのは「約束は必ず守る」ということ。「わかったら教えるね」「時間ができたらやってみるよ」など、何気ない会話での約束もしっかり果たしていきましょう。相手は意外なほど覚えていて、あなたへの信頼を確かなものにするでしょう。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧