コロナでアイドルにハマったけど、やっぱり恋人がほしい!【アイドルオタが恋活始めてみた Vol.1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
このTHE SCRAMBLEで、月に一度、恋活コラム連載をはじめることになりました悠子です。

WEB業界を中心に、ファッション、美容、ライフスタイル、旅、金融、エンタメ……などなど、雑食系ライターとして活動しています。年齢は33歳。

恋人いない歴は1年半!
結婚願望は薄いけど、恋人がいると生活にハリが出るので、いつでも募集中。
ただ、仕事や遊んでいることが楽しくて、どうやったら出会いが見つかるかなぁ〜なんてぼやぼやしているタイプ……。
そんな矢先、まさかのコロナ禍……! ステイホーム期間中は恋愛まで気が回らずあわあわしたまま春と夏が終わってしまいました。

恋活を始めるにも理由がある。

そんなぼやぼやあわあわな私がどうして急に恋活をはじめることになったかというと、大きく3つ。

1.友人たちが急に恋活を再スタートしてつられていること

周りの親しい友人たちが、6月ごろから出会いを求めて、婚活パーティーに行ったり、出会い系アプリをフル活用して、毎週末デートしていたり。

おいおいお〜〜〜〜い、みんな急にどうした!!

コロナ禍で離婚や別離が増えたと聞きますが、絆が深まったカップルが多いのも事実。有事の時に励ましあえる人が近くにいるのはいいなぁ。と何度も思いました。
きっと、シングルの友人たちもそんな気持ちから、活発に活動をしはじめたのではと思います。

2.頼れる人が欲しくなったこと

突然ですが先日引越しをしました。
引越しって、力仕事や高いところの物を取ったりと、いつもとは違うスキルが要求されますよね。特に本棚など、大型家具の組み立てに四苦八苦。その時に思わず部屋で叫んでしまいました。

「気軽に頼れる人が欲しい!!!」

今まで大体のことは1人でこなしてきましたし、このまま気ままに1人で生きていけるかも、と思っていましたが、やはり1人ではどうにもならないことってあるじゃないですか。
そんな時、気軽に頼れる人がいるって精神衛生上いいことだよな……、と。
全部を頼りたいわけじゃない、ただ物理的にも精神的にも重たい荷物を分担して一緒に持ってくれる人がいる生活をしたい、と思ったんです。これは切実でした。
(ちなみに家具の組み立ては友だちに助っ人を頼みました)

3.男性アイドルにどハマりしてしまったこと

そして1番の大問題はこちら。
実はこのステイホーム期間中、この先行きの見えない事態に、春先は精神的にすっかり落ち込んでしまいした。明るくはできなくても、せめて普通に過ごしたい……と思うものの、どうも元気が出ず、踏ん張りが効かない。どうしたら前向きになれるか、と暗中模索の日々。

そんな最中、前々から顔が好みだな〜と思っていた男性アイドルがいるグループのMVをYoutubeでふとした拍子に見ていたら……

…………
………
……

おや、おや、おや、おや??
なんてかっこいいんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

と、スポッと沼に落ちてしまったんです。
びっくりするくらい突然に。

元々オタク気質である私はあっという間にファンクラブに入会、光の速さでコンサートDVDを入手してエンドレスリピートで見まくったり、出ている雑誌はもれなく購入、SNSでオタクアカウントを作り最新情報を入手する日々。

あんなに落ち込んでいた日々はどこへやら、毎日推しを見てはニヤニヤ、歌えば叫び、踊れば一緒に舞い、推しがいる生活楽しい! と、浮き足立った日々を送っています。

ですが時折、私の中の冷静な私が、

「オタ活楽しいやろ……でもな、恋人欲しいんやろ?
友だち達が活動はじめてるやろ? ちょっとは恋愛のために時間作りなさいよ」

と何度も囁くのです。うぅ、分かってるよ……。
今、自分の余暇を全部そのアイドルにぶっ込んでいると言っても過言ではなく、ステイホーム期間中とはまた別の意味で恋愛に時間を注げなくなってしまっていました。

アイドルを好きになってよかったこともあります!

しかし、アイドルを好きになってよかったこともありました。
コロナの時は自分の精神を立て直すことに一生懸命で、恋愛までに気持ちがいかなかったんですが、アイドルを好きになることで、落ち込んでいたメンタルがどんどん健康になり、恋活してもいいかも、という気力が湧いてきたこと。

そして私の好みのタイプが明確になってきたこと。

現在3人いる推し(ツッコミはナシで!)に性格的な共通点がありまして、

・日常的に家族の話をする

最近のアイドルは親しみを売りにしているところもあり、インタビュアーが家族の話を振るんですが、私の推したちは聞かれてもないのに家族の話をすることが多い! そんな私も日常的に家族の話をしちゃうタイプなもんで、家族の話を積極的にしない人にあまり惹かれないんです。
顔はもちろん、歌も踊りも上手なところも好きだけど、家族の話をしている推しはもっと好き!

これから出会う人との会話で「家族の話」は自分の中でキーポイントになりそうです。

今までの恋愛経験を踏まえて、外せないポイント

さらにもう少し的を絞った方がこの先活動しやすくなるので、なんとなく指標を決めました。

・同い年〜年下(25歳くらいまでOK)
・年収は問わないが、話が合う人がいいので、同業に近しい人もしくはクリエイティブ系もしくはIT系の職種
・連絡を返してくれる人
・お酒が飲める人

なんでこの4つかというと、過去合コンや街コンなどで自己紹介すると、

「へぇ〜すごいですね!(なんかよく分からないなぁ顔)」

という反応がほとんど。
一般企業のOLさんや保育士さん看護師さんだと何をしているのか想像しやすいみたいですが、身近にいない物珍しい職業のようで、想像がし難く、それ以上興味を持ってもらえないんです……(涙)。
これ、同業女あるあるなんですよね……、女性ライターや編集にこの話をするとめちゃくちゃ盛り上がります。

もちろん私の顔面レベル問題もあるんですが、その点同業に近しい人だと、私の職業に理解がある人が多く、話があうので距離を詰めやすい! さらに年下の人だと、別業種でも興味持ってくれる人が多かった。(年長者の話だから聞いてくれてる説も否定できませんが)
やっぱね、私に興味を持ってもらえないと先に進めないですから。

あと、私がだめんずに引っかかりやすく、過去連絡が途絶えがち男とばっかり付き合っていたので、そろそろ普通に連絡取れる人がいい(笑)。この話は1万字くらい書けてしまうので、割愛します。

そして大事なのはお酒が飲める人!
私は大層お酒が飲めるのですが、以前一滴も飲めない彼氏と付き合っていた時、食事の趣味が合わず苦労したことがありまして……。食事もですが、

「今日も飲むの?」
「今日は飲んでもいいよ!」

なんで酒飲むのに許可が必要なんじゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!(怒)

とキレたことがあります……。
確かに前後不覚になるほど飲むのはマズいですが、食事と一緒に缶ビールを飲むのもあまり理解されなかったので、あのときは辛かったですね〜。
そして私の両親も大層飲める人で、一緒に居酒屋行ったり、記念日にはバーに行ったりと、楽しそうなお酒ライフを2人で過ごしててうらやましい!
ので、絶対外せないんです。ぶっちゃけこの4つの中で一番外せないかも。

大まかな指標を決めて、恋活スタート!
まずは取り急ぎ、おそらく5回目になる出会い系のアプリの再登録から。

加工アプリで顔写真を盛るのはアリ? ナシ?

出会い系アプリの悲しいところは、顔面至上主義。
今までは照れて微妙に顔がわからない写真を登録していましたが、今回は本腰入れることにしたので、考えを改めてちゃんと力を入れることに。

念のため、同じく恋活をしている後輩(男)に
「盛った写真の女ってどう思う……?」
とアドバイスを求めたところ、

「基本みんな加工アプリで盛ってて、会った時に顔が違うことが多いですね。
でも加工してること分かってるんで、盛ってる写真でもあんまり気にしませんから、盛った方がいいですよ」

という言葉に背中を押され、150%盛った写真で登録することに。
恥を捨てたので、お願いします、いいね押してください!

ちなみにこの連載の打ち合わせをしている時、ディレクター・Aさんから、

「悠子さん! 悠子さんの推しは三次元だけど、現実にはいないんですよ! その辺理解できてますか!!」

と、真剣な顔で言われましたが、そこは大丈夫。
私の歴代の彼氏の顔を知っている友だちに

「悠子ちゃんは本当に顔で選ばないねぇ……」

と言われたことがあるほど、性格・フィーリング重視タイプです!
(全員顔の系統が見事にバラバラです)

さて、私の恋活はどうなるのか。
出会い系アプリ、婚活パーティーなどいろいろ試してみたいと思います!
目標は年内に彼氏ができること。この連載を6回以内で終わらせることです(笑)。

プロフィール 悠子
33歳のフリーライター。人と話すのは大好きで今の仕事は天職だと思っているけど、どうも恋愛が苦手。過去に付き合っていた人はほとんど難アリ。
コロナのストレスからとある男性アイドルにどっぷりハマってしまい、暇さえあればオタクアカウントでその彼へ愛を叫ぶ日々。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加