いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2020年11月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

11月の星回り

10月半ばからモタつきを感じていたことがあったなら、11月4日からするするとスムーズに動き始める予感。特にコミュニケーションに関することは、一気に「話が通じる」ような流れに入るでしょう。そのほか、9月頃から情熱ややる気が不完全燃焼気味だった人も、月の半ばにはまた元通りに。頑張りたいことに心から没頭できる、熱い時間が戻ってくるでしょう。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
9月中旬から、パートナーや仕事で濃い関わりを作っている人とのコミュニケーションが堂々巡りとなっていた人も多かったのではないでしょうか。11月初旬、そうした流れが回復。また自分らしい、そして相手をも尊重できるパートナーシップが戻ってくるはずです。「もう絶対無理、わかりあえない」という気持ちがあったとしても、相手を信じる気持ちがあるのなら、まだ諦めなくても良いのではと思います。

恋愛運
愛をもって理解し合うことができるとき。言葉からも態度からも相手の愛が伝わってきますし、あなた自身も上手に出していくことができるでしょう。下旬にはさらに心の深いところで愛を謳歌する流れに入りますが、それがいきすぎて嫉妬心や独占欲にならないよう、注意したいところです。今は恋を探している途中という人にも、いい出会いが得やすいとき。コミュニケーションを大切に、時間をかけて進めていって。

仕事運
交渉や相談事など、お互いに胸襟を開いて話し合う仕事に追い風が吹きます。一度は棚上げとなったことも、今なら話が前に進み始めるかも。絶対あきらめたくない、その気持ちがあるならぜひ行動に移してみて。9月頃からやる気が迷子になっていた人は、月の半ばくらいから復活の予定。前半はなかなかスイッチが入らないと思っても焦らず、そのときどきでできることを進めておくといいでしょう。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
対人関係の混乱は収束へ。話が通りやすくなり、こじれた関係性も「な〜んだ、そういうことだったのか!」などと解決の道が見えてくるでしょう。健康面も好調。食生活や睡眠環境の改善、朝型生活へのシフト、心と体によさそうな運動習慣など、ライフスタイル全般を楽しみながら調整していけます。眉間に縦ジワを刻んでストイックに頑張るよりも、楽しみながら続けていく方法を探すことに活路を見いだせます。

恋愛運
日常に愛ある会話が多くなるときです。恋を探している途中の人は、あなたの持っている優しさがにじみ出るようなトークで、仕事や普段の生活の延長線上に恋を見つけやすいとき。変な駆け引きはまったく必要ありません。真面目で誠実なやりとりを意識してみて。カップルの人は相手のために時間や労力を使うことに喜びを見出すことができそう。もちろん無理をする必要はありませんが、手伝えそうなことを探してみては。

仕事運
ルーティンワークや雑用など、つまらない仕事のなかにもやりがいを見出していけるとき。その仕事をする意味や得られるもの、喜ぶ人の顔などを思い浮かべて頑張ってみるといいでしょう。月の中旬には、パートナーシップに焦点が当たります。クライアントや仕事でタッグを組む人など、一対一の関わりに追い風が吹くのです。衝突をも恐れない気持ちで、とことん向き合っていくといいでしょう。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
バタバタしがちだった10月、対応に追われた方はおつかれさまでした。イレギュラーな出来事が多発するなか、頑張っていましたね。そうした流れは4日には解消、視界がスッキリしてくるでしょう。友人、同僚など親しい人とギクシャクしていた人も、月の中盤以降にはまたいい関係性を作っていけます。月末には、長年頑張ってきたことが「実る」「報われる」流れも。次なる目標も見えてきそうです。

恋愛運
恋は絶好調。カップルの人は楽しいことが増えてきますし、シングルの人も21日あたりまでに出会った人と今後いい発展が期待できるかもしれません。自分から積極的に動くこと、それだけおさえておけばいい時期にしていけるはずですが、ひとつだけ注意したいのが「ときめき」を大事にすること。ドキドキすること、ワクワクすること。そうした胸の高鳴りが、この時期の恋愛運を高めてくれます。

仕事運
デザインや企画、ものづくりなど、クリエイティブなお仕事に就いている方は創造力をスパークさせる一大チャンス。夢中になって取り組んだことには光が当たりやすい時期なので、自分が創りたいものにぜひ光を当ててみるといいでしょう。クリエイティブなお仕事ではない人も、アイデアが光ります。目の前の仕事に活かせる部分はないか、楽しみながら検討してみるといいでしょう。月末はルーティンワークの効率化に取り組むと◎。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
好調な対人関係を軸に、仕事もプライベートも勢いが出てきます。おそらくは2017年末頃から、あなたは人との向き合い方について自問自答を繰り返してきたのでしょう。ときにはオトナにならざるを得ないシーンも多かったはずです。その努力を活かすかたちで、勢いが出てきます。今年の初めとは比べ物にならないくらい、自分が成長していることを実感できる1ヵ月でもあります。

恋愛運
先月に引き続きトークが恋の引き金に。カップルは骨のある会話が、シングルの人はワクワクやドキドキを共有する言葉が、絆を強めてくれるのでしょう。特に15日の新月前後は、恋に嬉しい展開が起こりやすい予感。待っていても動きは起こらない時期ですから、勇気をもって行動を起こしてみるといいでしょう。日を追うごとに、どんどん恋のチャンスは増えていくはず。

仕事運
キャリアにおける挑戦は月の中盤からアツく盛り上がってきます。オファーがあったら積極的に受けてみるといいでしょう。面談などがある人は、変に自分を大きく見せようとするよりは、等身大の自分とやってみたいことをアツく語ることがいい運につながっていくでしょう。アイデアがある人はどんどん話してみること。人から人へと伝わって、チャンスが巡ってくるかも。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
ばたばたと忙しく、気持ちが内向きになりがちなとき。目の前のことに忙殺されたり、内輪だけで固まったりしがちな傾向があります。もちろんそれでも充実した時間になるとは思いますが、月の後半はちょっと視野を広げてみるのがおすすめです。といっても、冒険心がモリモリと強まってくるので、自然とそうなるかもしれません。未知のこと、馴染みがないことほど心が燃えるようですから、少し視野を広げてみると面白くなってくるでしょう。

恋愛運
月の初め頃、意外な人から連絡があるかもしれません。もともと21日頃までは人との接点も多く楽しい時期ですから、来る者拒まずでいろいろな人と話をしてみるといいでしょう。とんとん拍子ですぐに進展とはなりにくいものの、趣味を同じノリで話せる人がいるのなら、今後の発展の期待大です。遠距離恋愛の人は月の後半に盛り上がってきます。が、盛り上がりすぎてケンカにならないようにしましょうね。

仕事運
趣味やプライベートで得た情報が思わぬかたちで仕事に役立つようなことがあるかも。好奇心のアンテナは広めに張っておいて、「この知識がココで役立つとは!」という嬉しいシンクロニシティを呼び込んで。仕事のボリュームはちょっと多め。あれもこれもと抱え込むと大変な思いをしそうです。チームの仲間としっかり連携をとって、確実に進められる計画を立てましょう。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
フットワーク軽く行動することができる、楽しい時期です。「気になりすぎて、じっとしていられない」と思えることに出会えると思うのですが、「思い立ったが吉日」です。情報を集めるなり、関連のあるスポットに足を運ぶなり、積極的に行動してみるといいでしょう。行動を起こせば起こすほど、世界もあなたの気持ちにアツく応えてくれるはずです。

恋愛運
恋は二極化の見通し。今は恋を探している途中の人は、人との接点は多いものの友達止まりになりやすいでしょう。どこか夢中になりきれない自分がいるのなら、条件重視に偏っていないか自分を振り返ってみて。一方、カップルや片思いの人は「この人しかいない」とディープな恋心で胸がいっぱいに。ただ、それがいきすぎると、いわゆる「重たい」と思わせる原因になってしまいそう。ときめきはそのままに、自分のための時間を増やしてみるとちょうどよさそうです。

仕事運
あなたらしさが光る、良いひらめきが浮かぶとき。まだ荒削りの段階であっても、周囲の人にはどんどん話してみましょう。いいアドバイスが得られたり、ディスカッションするなかでより洗練されたアイデアに練り上げることができたりと、いい展開が期待できます。仕事に関連して、学びへの欲求が強まってくる人も。理解力がアップするときでもあるので、仕事に直結する学びは積極的にトライしてみて。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
10月末から11月初めにかけてぐぐっと停滞感が強まるものの、4日以降はさくさくと物事が進行。運のベースが整っているため、日を追うごとに快調になっていくのが感じられるはず。9月頃から対人関係でもたつきを感じていた人の場合、おそらく中旬頃からまたアツいやりとりが再開します。ただし、会話がヒートアップしやすい傾向もあるので、感情的にならないよう注意したいところです。

恋愛運
10月末からあなたの自然な魅力が輝くモテ期が到来中。といっても同時にコミュニケーションが停滞する運も巡ってきていますから、月初はあまり好調の波を感じにくいかもしれません。転機は4日。ここから周囲の人の対応が変わったり、嬉しいことがあったりという好調な出来事が多くなってくるでしょう。カップルは14日以降に期待! アツいやりとりができますが、尊重といたわりの気持ちも持てると素敵です。

仕事運
ポテンシャルを存分に活かして、自分らしく仕事を頑張れるときです。特に、これまで培った知識や考え方のフレームワークが役に立つでしょう。今後、伸ばしていくにふさわしい新しい努力の方向性に気づける人もいそうです。21日以降は金運も向上。仕事道具への投資はかけた金額以上の効果が期待できそう。また収入アップのための努力に追い風が吹くので、チャレンジを検討してみて。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
10月中は停滞感が強かった人も、次第に自分のペースをつかみ上昇気流に乗っていける1ヵ月。4日、11日、14日、21日……と段階的に運気が良くなっていきますから、ここに至るまで試練が多かった人もぜひ期待してください。特に、対人関係でモヤモヤを抱えている人は、11日以降であれば話がしやすいはずです。冷静に自分の気持ちを伝えて。

恋愛運
過去のトラウマや辛い思い出を少しずつ手放していける時期。忘れるのも「終わったこと」にするのは決して、薄情なことでも悪いことでも、想いが弱かったということの証明でもありません。次に進むための準備、なのですよね。全部とは言いません、ひとつでもふたつでも、少しだけでも、思いを整理していけると素敵です。そうすることで、21日以降、いいご縁に恵まれやすい時期がスタートします。

仕事運
いろいろな人からオファーがきたり、新しく気になる情報が飛び込んできたりして、とても忙しくなってきます。月の半ばには新しくチャレンジしたい目標に恵まれる予感も。フットワーク軽く動ける良い時期ですから、前向きに行動を起こしてみるといいでしょう。ただし月の後半は少々疲労が溜まりやすい暗示も。ここでダウンすると年明けくらいまで不調を引きずる可能性があります。やりたいことが目白押しでも、休息はしっかり取りましょうね。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
自分の弱さやコンプレックスと向き合おう、そんな気持ちが生まれてくるかも。克服しようとストイックに取り組むのも素敵なことですが、もし気が向いたなら「それも自分の一部であり、成長のために必要なことなのだ」と考えてみてはいかがでしょうか。そうすると「向き合わない」「向き合って頑張る」とは別の「活かしながら自分らしく生きる」という選択肢が見えてきます。実は、これがとても大切な時期です。

恋愛運
恋が楽しくなってきます。ここに至るまで、悩みや停滞感が強まっていた人も「まあ、いいか」という気楽な未来志向が胸に宿るようです。誰かに思いを預けるよりも、今を楽しむ。そんなリラックスした姿勢を「いいな」と思ってくれる人も、現れるかもしれません。婚活や恋活に疲れてきてしまっていた人は、辛いこともあったでしょう。月の後半からはまた自分らしく、恋を模索していけそうです。

仕事運
チームワークに光が差し込みます。おそらく10月、たくさんの努力を積み重ねるなかで「次の目標」が見えてきた人も多いだろうと思いますが、その課題に信頼できる人たちと取り組んでいくことになりそうです。たくさん話して、「それ、やっておこうか?」といった申し出は快く受けて、未来を作り上げていきましょう。月の後半からはあなたの創造性が強い輝きを放ち始めます。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
自分のペースで確実に物事を進めていける、頼もしい運気です。10月後半から仕事や対人関係において試行錯誤を続けてきた人も、今月に入ってほどなくして「悩むほどのことではなかった」ということに気づけるはず。そして、人によってはここ1年ほどの経験のなかから、新たに「叶えたい夢」が胸に浮かび上がってくることもありそうです。できれば小さくともアクションを起こしてみて。

恋愛運
仕事が面白く感じる時期だけに、出会いやときめきは二の次にしがち。「今は仕事が恋人」というポリシーも素敵ですが、仕事を通した出会いが得やすいときでもあります。アツく議論する姿勢や、忙しいさなかでのさりげない気遣いなど、身近にいる人のいいところをたくさん探してみるときっかけを得やすいはずです。カップルなら、リモートワークの横顔に惚れ直す、なんてことも。

仕事運
新たなメンバーが加わったり、フレッシュな目標が加わったりと、躍動感に満ちた仕事運です。ひとりで頑張ってできることも多いのですが、この時期は仲間と一緒にやってみることで何倍もの成果につなげていけるでしょう。自分なりに完璧と思ったアイデアでも人の意見を聞いてみる、自分がやれば早い作業も新人さんにお願いしてみるなど、周囲の人をどんどん巻き込んでいきましょう。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
広く社会を見つめ、「自分には何ができるのだろう」「今、どんなアクションが求められているのだろう」といった考えを巡らせる1ヵ月。仕事で成果を出す、意見を表明するなど、たどり着く答えはさまざまであろうと思いますが、行動を起こしさえすれば手応えはしっかりと得られます。月の後半にはアクティブさもパワーアップ。どんどん表に出て、実力を発揮していきましょう。

恋愛運
相手に対して心の距離を感じていた人にとっては嬉しい時期。自分の心配が杞憂であったと確信できたり、自分の殻をやぶって愛し方をバージョンアップさせたりすることができるでしょう。最近、人と関わることがちょっと煩わしくなっていた人も、中旬以降は再度、アクティブに行動範囲を広げていけます。日常の枠をちょっぴり飛び出して、さまざまな人と接点をもっていきましょう。

仕事運
仕事運は絶好調。10月後半からハプニング続きだった人も、月初には自分のペースを取り戻すことができます。悩みを抱えたままになっている人も、11日以降に理詰めで考えてみると、解決への道がすっきり見えてくることでしょう。なお、15日の新月前後に来たオファーは新しい地平を切り開くきっかけをくれそう。いいなと思ったなら、ぜひチャレンジを。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
愛とお金、このふたつの動きが顕著になってきます。恋愛運については次項で触れるとして、お金についてです。もっと収入を上げたいとか、スキルアップをして将来的に転職を目指したいといった気持ちでいる人にとっては、行動を起こすのにベストなタイミング。パートナーがいる人は、財産やパートナーの収入に前向きな動きがあるかもしれません。頑張りたいことに対して、嬉しい支援がある人も。やる気をプレゼンしてみて。

恋愛運
愛が深まっていきます。「一番の理解者でいたい」と思う気持ちが生まれますし、一緒にいることがことさらに嬉しく感じられることでしょう。ただ、思いが強くなりすぎると嫉妬心、ちょっぴり怖い言い方ですが執着心といったものが生まれることも。相手を大切に思うがゆえとはいえ、どうしたって関係性は歪みやすくなります。できれば、あなた本来の優しさを軸に動けるといいですね。

仕事運
もりもりと美味しいものを食べるように、知識を吸収して世界を広げていけるときです。仕事に直接関係がないことであっても、今の自分に必要だと思えるならば貪欲に学びの機会を持ってみるといいでしょう。それが活きるのは12月。今年1年学んだことに11月の分の学びをプラスして、輝かしい飛躍のチャンスが巡ってきます。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧