恋活始めたばっかりなのに、反省に次ぐ反省!! 私もうダメかも……【アイドルオタが恋活始めてみた Vol.2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、悠子です。

いきなりですが、謝罪をしたいことが……。
Vol.1にて、

ちなみにこの連載の打ち合わせをしている時、ディレクター・Aさんから、
「悠子さん! 悠子さんの推しは三次元だけど、現実にはいないんですよ! その辺理解できてますか!!」
と、真剣な顔で言われましたが、そこは大丈夫。
私の歴代の彼氏の顔を知っている友だちに
「悠子ちゃんは本当に顔で選ばないねぇ……」
と言われたことがあるほど、性格・フィーリング重視タイプです!
(全員顔の系統が見事にバラバラです)

と、書きましたが、いざマッチングアプリをはじめたところ、妙な違和感。
その妙な違和感というのは、

「あれ? アイドルがいない……」

最近男の人の写真をスマホで見る=アイドルのイケ顔を見るなんですね。それで登録をしたての頃は、画面をスクロールしながら、写真をみながら無意識の内にアイドルを探していたんです。
本当にすみません……。自分にびっくりしました。最低かよ。
2日ほどでその違和感はなくなりましたが。

で、肝心のマッチングアプリですが、私マッチングアプリ苦手だったんだ! と、思い出させてくれました。マッチングアプリのほとんどが、顔写真プラスその人の紹介文からいいね! を押すシステム。
Vol.1で書いたとおり、私は本当に顔で選ばないのですが、実際に話したり、立体的にその人を見ないと興味が持てない……。いいねが捗らないんです。
もちろん何人かにはいいね! を押させていただきましが、いいねが全然帰ってこない……。
33歳という年齢か、プロフィール内容か、やっぱり顔か。凹む〜〜〜〜〜〜。

出会い系アプリで即LINE交換するべき?

さらにダメ押しでプチアクシデント。
そんな私でもたまにマッチするんですよ。本当たまに。

で、マッチした人とメッセージを交換してたらすぐに、「僕仕事の都合でアプリの通知オフにしちゃうんで、LINE交換しませんか😄」と、言われ。

久しぶりのマッチングアプリだったんで、ためらってしまったんですよね。
そんなこと言っている場合じゃないのは分かってはいるのですが、ちょっと嫌な感じがしたんです。で、メッセージの送り方を検索して、

「提案ありがとうございます! でも会ったことない方とのLINE交換は不安に感じているので、まずはアプリ内でやりとりしたいです、ごめんなさい!」

と、メッセージを送信。
そしたら、即ブロックされたんです!
「なんだよコイツ……」と思った次の日、その方、強制退会になっていました。

男性はメッセージのやり取りにもお金がかかることは分かってはいますが、やはり会うまではあんまり気を抜かない方がいいのかも。皆さんも気をつけてくださいね……。もしLINE交換していたら何が起こっていたんだろう。それはそれでライター的に気になりますが(笑)。

出会い系アプリプロフィール添削講座

あまりに発展がなさすぎて、このままじゃこの企画が2回で終わる……。

そこで、マッチングアプリをゴリゴリやっているVol.1にも出てきた後輩(男)に、恥を忍んでプロフィール文章の添削をしてもらいました。そこで目から鱗のアドバイスが数々出てきたので、Q&A方式でご紹介します。

Q.そもそも写真の問題ですか?

「これは好みの問題もあるので何とも言えませんが、俺的には問題ないかと。
容姿はともかく、ちゃんと顔も写ってるし、盛ってるかもしれないけど、許容の盛り具合だし、他撮りしてる写真を使ってるし」

とのこと。
ちゃんと顔が写ってる、他撮りがやっぱりベストだそうで、他撮りを盛っているのは問題ないそうです。

Q.紹介文の何がダメですか?

「文章の長さは短めの方がいいのでクリアしてますが、おそらくフックが足りないんだと思います」

(おおよその)男性はかなりの数の女性のプロフィールを見ているそうで、文章は簡潔な方が読みやすく、長くない方がいいとのこと。
フックというのは、文字通りの引っ掛かり。

例えば私の場合、プロフィール欄に“Netflixと読書が好き”と書いています。
この2つが好きなのはいいけど、もっと詳しく何の作品が好きか書いた方がいいとのこと。

その後輩はサブカル男子なので、例えばプロフィールに
「芥川龍之介の初版を集めています」
とか、
「ヤクザ映画にハマっています」
と書かれている女性に興味を持って、ついついいいね! を押しちゃうとのこと。
(内容は例え話です。あしからず)

こういった、「おっ!」と興味を持たせる何かがないと、そのままスルーしてしまいがちなんだとか。
私は完全にスルーされるプロフィールだったのか、と反省。ライターのくせに……。その帰りにチコチコ直して、またマッチングアプリに向き合いました。とほほ。

お酒が好きな会にも参加してみました!

マッチングアプリだけではありませんよ!
婚活パーティーよりももっとライトに参加できる趣味会にも参加してみました。

それはお酒!
この時代、ネットを検索するとちょっといいお酒を飲む会っていうのが至る所で開催されています。
お酒飲める人とお付き合いしたい私にはうってつけの会。

もちろんこんなご時世ですので、消毒、検温、人数制限をしての開催。でもやはりマッチングアプリよりは人の雰囲気が分かった方がいいので、私も万全の対策をして挑みました。

が……。

その日は週末のお昼に開催された会だったのですが、なんと男性9割、女性1割の性別の割合が偏りまくりの会……!
実はコロナ以前に同じ主催者の会に行ってみたことがあり、その時はほぼ半分ずつの割合だったのに。
男性が意気消沈しているのが傍目からでも分かりました。そりゃそうだよね。

割合の偏りに不安を覚えたのもそうですが、会場の中で自分自身のダメなところをすでに発見してしまいました。

そもそも出会いの場にそぐわない私

それは服装と見た目。
自分自身がオシャレかはともかく、ファッションが大好きで育った人間。
学生の頃はモードブランド全盛期で、人よりも一癖二癖あるデザインの服をまとって育ってしまったせいか、だいぶ大人しくはなりましたが、30過ぎた今もデザイン性のある服や柄、色がだ〜い好き!

この業界にいると、みんなオシャレなので自分の服装が派手とかあまり考えたことがなかったし、まぁ出会いの場に行くから……と自分的には大人しめな格好をしたつもりだったんですが、どう考えても私だけ異質。
他の女性はレースのスカートや、柔らかい素材のワンピースなど、優しそうな雰囲気。一方の私はカーキの膝下丈のワンピースを着用し、なんか強そう!!
女性が少ないからその異質さが際立つんです。

ほとんどの男性が遠巻きにいるし、話しかけても話が弾まない……! みんな私の様子を伺わないで!

某長編アニメ映画よろしく、「怖くない……怖くない……」って言いそうになりました。

ただのオタクです……!!

出会いの場なのに私の悪い癖が発動!!

その会に大変アッパーな男性がいて、会場にいた全ての女性客に声をかける鋼メンタルの方がいたのですが、私なんぞにも声をかけてもらった時に、

「君、喋る人を選んでるでしょ!」

と悪気なく言われました。

いや、違う……違うんだ。

人見知りなんだ!!!

私ライターのくせに人見知りなんです。
仕事の時は、どんな人にでもベラベラ喋ることができるし、人と喋ることで自分が知らないことを知れるので、今の所天職だと思っていますが、オフになると人と何を喋っていいか分からなくなっちゃうんです。

そうすると顔が強張り、ただでさえキツめフェイスがさらにキツくなってしまい、

「壁がある」

って何度も言われました。先述のアッパーな男性にもダメ押しで言われました。

自分の服装がその場にマッチしていないこと、自分の雰囲気的に男性からちょっと近寄り難そうと思われていることなどがぐるぐる駆け巡ってしまい、若干パニックになっていたため、人見知りでネガティブな性格な私は打ちのめされてしまい、誰かと話す気力は皆無。
虚な目でその会をやり過ごし、その後、もちろん誰とも連絡先を交換せず、しょんぼりしながら帰宅。

自分の好きな格好をして愛されるのがもちろんベストだし、そうであって欲しいのですが、とっつきやすい雰囲気を演出するって必要だよね。
自分の顔がキツ目濃い目ってわかっているんだったら、やっぱり格好も雰囲気も表情もマイルドにしないとさ……。

恋活を始めた早い段階で自分の問題点が浮き彫りになってよかったと思いました。

・出会い系アプリは自分のフックを作ること
・出会いの場でももう少し柔らかい服装を着ること
・表情をもっと柔らかく
・33歳で人見知りをしている場合じゃない

コロナとかオタク以前の問題を抱えていた私。
前途は多難だなぁ……と推しのDVDを見ながら1人反省会を行ったのでした。落ち込んでも推しがいる。オタクのメンタルは推しが整えてくれます。

次回は何か発展があるといいな。

さて、今回からあなたの恋活エピソードを募集中!
素敵な出会いのエピソード、とほほな話などぜひお寄せください。
参考になった意見は連載中で紹介させていただきます!

こちらのリンクからぜひ、投稿ください、お待ちしております!

Illustration by も〜

プロフィール 悠子
33歳のフリーライター。人と話すのは大好きで今の仕事は天職だと思っているけど、どうも恋愛が苦手。過去に付き合っていた人はほとんど難アリ。
コロナのストレスからとある男性アイドルにどっぷりハマってしまい、暇さえあればオタクアカウントでその彼へ愛を叫ぶ日々。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加