【60分バックパッカー】幡ヶ谷で堪能する、日常と非日常のマリアージュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どものころ、僕らはみんな旅人だった。想像の翼を生やして目をつむれば、パリの路地裏にだってウガンダの湖畔にだって飛んで行けたのだ。今は旅に行きにくい? いやいや、仕事の合間のたった60分でいい。想像力と好奇心を携えて仕事場を飛び出せば、見慣れた街が旅先になる。さぁ、60分の旅に出かけよう! 今回の旅先は幡ヶ谷エリアだ。

いざ、幡ヶ谷!

白状しよう。僕は幡ヶ谷に二日連続で来ている。新宿や渋谷の盛り場からはすこし離れた場所にある幡ヶ谷駅には、あえて足を運ぼうと思わなければ、なかなか降り立つことはないはず。でも、“あえて”旅をしにくるだけの魅力が、この街にはあるのだ。

甲州街道の北側のエリアも楽しいけれど、60分しかない今日の旅でチョイスしたのは南側。ここの魅力は「日常と非日常の交じりあい」だ。

幡ヶ谷駅南口をでて、代々木上原方面に少し歩いたところにあるのが「旧玉川上水跡遊歩道」。木々の緑と木漏れ日が、都会の喧騒に疲れた心を癒してくれる。江戸時代には市中に水を供給する上水がここを流れていた。「二字橋跡」にちょっと立ち止まって、江戸の街並みに想いを馳せてみるのも一興だ。

さらに進むと見えてくるのが「西原商店街」。海外を旅していても、観光地化されたストリートより、そこに住む人々の息づかいが聞こえるようなストリートに惹かれる。この商店街がどこか落ち着くのは、クリーニング店や銭湯や八百屋やお花屋がある風景に、そこに住む人々の日常を感じるからかも。

さりとて「日常」があるだけじゃないのが、「西原商店街」にハマってしまうポイントだ。ためしに、ZINEなどのアートブックに特化したギャラリー・セレクトショップ「gallery commune」をのぞいてみよう。そこでは見たことのない国内外のアーティストの作品と出会うことができる。ここは、日常のなかの小さな非日常だ。

この街の日常の風景になっているカフェ「PADDLERS COFFEE」でも、感性を刺激するようなポップアップストアに出会える。

この日開かれていたのは「SPONGE BOOK STORE」。縫製業、鞄作家、イラストレーター、漫画家、ストリート読書集団が集い、オリジナル商品や選書した本を販売する、神出鬼没の書店らしい。どこかで見たことあるようないでたちのキャラ「スポくん」もかわいらしくて、ついついグッズを買ってしまった。

「西原商店街」って、年季の入った建物も多いなぁ、なんて思いながら歩いていると、ひときわお洒落な一軒を発見。刺繍家・小林モー子氏がプロデュースする、「こんにゃく寿司とかき氷 KON」という店らしい。こんにゃく寿司って?! 外からちらりと見えた内装の色気も気になり、吸い込まれるように入ってみる。

頼んだのは、こんにゃく寿司と南関いなり寿司がどちらも楽しめる「組み合わせ一人前 万の日本茶付き」(1,760円・税別)。

熊本県小国町の郷土料理であるこんにゃく寿司は、熊本産醤油やきび砂糖で炊いたこんにゃくでごはんを包んだ一品。ぷるんとした歯ざわりと、じんわりとした甘みのあるこんにゃくがくせになりそう。日本茶との相性が、これまたよろしい。ホッとひと息つきながら、遠く阿蘇の地へ想いを馳せる。

やばいやばい、築60年の古民家を改装したというあたたかみのある空間に包まれて、ついつい長居してしまった。まだまだ気になるスポットがたくさんある幡ヶ谷エリア。だけど悲しいかな、次の打ち合わせの時間が迫ってきているのだ。「仙石湯」でひとっ風呂浴びたい気持ちを抑えて、駅へ戻ることにする。

またくるぞ幡ヶ谷。たぶん、来週くらいに。

本日の60分の旅、これにて終了!

60分バックパッカーの散歩コース 〜 in 幡ヶ谷〜

A:幡ヶ谷駅
B:二字橋跡
C:gallery commune – commune Press
D:PADDLERS COFFEE(この日は「SPONGE BOOK STORE」開催)
E:こんにゃく寿司とかき氷 KON

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
山中 康司
山中 康司
生き方編集者
「人生の物語」をテーマに執筆、撮影、編集、カウンセリングなどに取り組む。関心領域はキャリア、ライフスタイル、ソーシャル、ローカルなど。散歩の合間に働くライフスタイルを実践中。 note→https://note.com/kojiyamanaka
執筆記事一覧