思春期とは違う?大人ニキビのできる場所で変わる対策を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の上に、プツッとできた吹き出物。10代の思春期に多く発症する「ニキビ」は、体調によっては大人もできてしまいます。同じ場所に繰り返しできたり、なかなか治らなかったり……なかなか手ごわい大人のニキビに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

ニキビにもう悩まされないためにも!大人にできるニキビの特徴や原因、そして予防策を詳しく解説します。

ニキビはできる場所によって原因(意味)が違う

20代以降に発症するニキビは、思春期にできるものに対して「大人ニキビ」と呼ばれています。そもそもニキビとは、毛穴の皮脂詰まりによるもの。それを放置、もしくは間違った対処をすると、毛穴の中で菌が活発化し、炎症が起きてしまうこともあります。

思春期においては、性ホルモン分泌の活性化による過剰な皮脂分泌がニキビ発症の主な原因と言われていますが、大人ニキビは少々複雑。まずニキビができる顔の場所の特徴によって、その原因が異なるそうです。さらに皮脂分泌量の乱れ以外に、ストレスや睡眠不足、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ、洗顔で落とし切れてなかった汚れ、肌のターンオーバー(新陳代謝 ※1)の乱れなどといった原因が複雑に絡まっていることも少なくありません。

ではどの部分に、どのような原因でニキビができるのでしょうか。大人ニキビができやすい、頬、こめかみ、おでこ、鼻、口元、それぞれのケースを解説していきます。

※1 ターンオーバー:一定のサイクルで起こる新陳代謝機能。肌の奥側から新しい角質細胞を生成し、外側にある古い細胞を角質や垢として剥がれ落ちる。

頬のニキビの原因(意味)と対策

顔の大部分を占める頬はニキビができやすく、悪化しやすい場所です。頬にニキビが発症する原因の代表例は以下のとおりです。

【頬にニキビができる原因の代表例】
・乾燥
・落とし切れていないメイク汚れ
・マスクによる摩擦や雑菌の発生
・ホルモンバランスの影響

頬のニキビの原因

・乾燥
皮脂分泌量の少ない頬は、とても乾燥しやすい場所です。健康的な皮膚は適量の皮脂(皮脂膜)で覆われ、外的な刺激から肌を守り、内側に水分を保って肌を潤します。しかし、乾燥状態の肌は、皮脂膜をつくる皮脂が不足しているため、分泌を促します。これによって過剰に皮脂が分泌され、ニキビができやすい状態になってしまうそうです。

また、肌が乾燥すると、肌を守ろうとターンオーバー(新陳代謝)が通常のサイクルよりも早くなり、未熟な角質細胞をつくってしまうことも。未熟な細胞は、保湿機能や剥がれ落ちる機能が低いため、乾燥はさらに進むうえ、角質が積み重なって毛穴が詰まりやすくなると言われています。

・落とし切れていないメイク汚れ
メイクをすると、化粧下地、日やけ止め、コンシーラー、ファンデーション、チーク、お粉と……多くの化粧品が肌の上に積み重なります。きちんとクレンジング&洗顔をせずに、洗い残しがあると皮脂と混ざり合い、菌の栄養源になることも。菌が増殖すると、ニキビを発症させる引き金になってしまうので、丁寧なケアを心掛けましょう。

・マスクによる摩擦、雑菌の発生

頬は常にマスクに触れている場所です。マスクの繊維が肌に擦れると角質に傷がつき、肌のバリア機能が低下してしまいます。さらにマスクの内側は、自分自身の呼気などによって温度と湿度が上がり、雑菌が繁殖しやすい環境になっていることも。このような摩擦や雑菌の繁殖が、ニキビの原因になる場合もあります。

・ホルモンバランスの影響
ホルモンは、体の健康を保つために消化吸収、循環、呼吸、免疫、代謝といった様々な機能を調整する役割を担っています。そのため、ストレスや睡眠不足、不規則な生活などでホルモンのバランスが崩れると、体の調整機能が崩れてしまいます。皮膚においては、皮脂が必要以上に分泌され、ニキビができる原因となります。

頬のニキビの対策

乾燥しがちな頬には、保湿ケアがなによりも大切です。洗顔でしっかり汚れを落とした後、化粧水や乳液などで保湿をするように習慣づけましょう。マスクでデリケートになった肌には、低刺激のものを選んでケアをしましょう。

また、普段使うメイク道具を定期的に洗浄して、清潔に保つことも大事です。皮脂や化粧品が混ざり、雑菌が繁殖したブラシやパフを使っていては、いくらスキンケアをしてもニキビを予防することが難しくなってしまいます。

こめかみのニキビの原因(意味)と対策

目立たない場所ですが、意外とニキビができやすい、こめかみ部分。こめかみにニキビが発症する原因の代表例は以下のとおりです。
【こめかみにニキビができる原因の代表例】
・皮脂や汚れの詰まり
・ホルモンバランスの影響
・髪の毛による摩擦

こめかみのニキビの原因

・皮脂や汚れの詰まり
こめかみは皮脂を分泌する皮脂腺が集まっているため、皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすい場所です。また、髪の毛による摩擦が多いため、髪についたホコリや汚れ、スタイリング剤などが毛穴に入ると、菌を繁殖させる要因にもなります。

・ホルモンバランスの影響
女性の中には、ニキビが“生理の前兆”と捉える人もいるのではないでしょうか。生理前は、皮脂分泌を促す黄体ホルモンが活発になるため、毛穴詰まりが起こりやすくなる時期です。さらに健やかな肌を保つエストロゲンという女性ホルモンは休みがちのため、肌も乾燥しやすくなるというダブルパンチ。男性でも、ストレスや睡眠不足、疲れなどが原因でホルモンバランスが乱れてしまうので注意しましょう。

・髪の毛による摩擦
1本1本は軽い髪の毛ですが、毛束が肌に当たると刺激を与えてしまう場合があります。特にニキビができたとき、髪に付着した汚れや摩擦によって症状が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

こめかみのニキビの対策

こめかみニキビの予防には、肌を清潔に保つことが大切です。お風呂で髪を洗うときに、きちんとシャンプーやコンディショナーをすすぐよう意識してください。また、顔を最後に洗うと、顔に付着したシャンプーなどの残りを洗い落とすことができます。ニキビができているときはスタイリング剤をつけるのも避けたほうが良さそうです。

皮脂分泌量を抑えるには、ビタミンB6やビタミンCを含む食べ物を積極的に摂るのもおすすめです。ビタミンB6はかつお、さんま、あじ、鶏むね肉、ゴマなどに、ビタミンCはパプリカ、ブロッコリー、キウイ、かぼちゃなどに多く含まれています。

おでこのニキビの原因(意味)と対策

顔の中で2番目に大きな面積を占める、おでこ。おでこにニキビが発症する原因の代表例は以下のとおりです。

【おでこにニキビができる原因の代表例】
・皮脂分泌量の多さ
・髪の毛による摩擦
・ホルモンバランスの影響
・間違ったスキンケア方法

おでこのニキビの原因

・皮脂分泌量の多さ
ふと鏡を見たら、おでこがテカっていた!なんてことはよくありますよね。おでこと鼻は「Tゾーン」と呼ばれており、皮脂腺が多い場所です。正常な分泌量であれば、皮脂は外的な刺激、雑菌の増殖から皮膚を守ってくれますが、過剰に分泌されると毛穴に詰まって、ニキビの原因になることも。

・ホルモンバランスの影響
皮脂が過剰分泌する原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。ホルモンバランスの乱れは皮脂量だけでなく、肌のターンオーバーにも影響するため、ニキビができた際は、生活習慣の見直しを意識しましょう。

・髪の毛による摩擦
ヘアスタイル次第では、髪に付着しているスタイリング剤やシャンプーの残り、汚れ、ほこりなどがおでこにつきやすくなります。それらの汚れは菌の栄養源となるため、ニキビの発症や悪化させる原因に。ニキビがおでこにできてしまったときは、なるべく前髪が当たらないようにヘアスタイルを工夫しましょう。

・間違ったスキンケア方法
おでこはテカりやすい場所だからと、洗顔を頑張りすぎるのはスキンケア方法としてNGです。ゴシゴシ顔を洗って必要以上の皮脂を取り除いてしまうと、「皮脂が足りていない!」とホルモンが判断して、さらに皮脂を分泌しようとします。過剰な洗顔は、肌をかえってニキビができやすい状態にしてしまうので、注意しましょう。

おでこのニキビの対策

おでこにニキビができやすい人は、スキンケアの見直しから始めましょう。洗顔で大切なのは朝晩どちらも洗顔料を使うことと、たっぷり泡立てることの2点です。洗顔時は、摩擦を防ぐために、顔と指の間に泡のクッションを挟むようにして洗います。ぬるま湯でしっかりすすいだら、タオルで肌を軽く押さえながら拭きましょう。

そして洗顔後は化粧水と乳液のセットで保湿を行います。化粧水は肌に水分を与え、乳液は肌の表面に膜を張って、肌の内側に水分を閉じ込めてくれます。洗い上がりの肌は乾燥しやすいので、保湿ケアは忘れずに行いましょう。

おでこニキビを繰り返してしまう人は、前髪がかからないように新しいヘアスタイルにチャレンジしてみませんか。どうしても変えたくない人は、ニキビができたときだけ、その箇所にかからないようにヘアアクセサリーなどで留めて、ヘアアレンジをしてみてください。

鼻のニキビの原因(意味)と対策

顔の中央にある鼻にニキビができると、悪目立ちしてしまいますよね。花粉症の季節は鼻をかむ回数が増え、摩擦で悪化してしまう可能性があるので、早めにケアをしておきたいところ。鼻ニキビの発症原因の代表例は以下のとおりです。

【鼻にニキビができる原因の代表例】
・皮脂分泌量の多さ
・ホルモンバランスの影響
・落とし切れていないメイク汚れ

鼻のニキビの原因

・皮脂分泌量の多さ
皮脂腺が多いTゾーンにある鼻。顔のパーツの中でも、鼻は毛穴の数が多く、毛穴は深さがあって皮脂を溜めやすいため、ニキビができやすい場所といえます。特に白ニキビや黒ニキビが多く見られます。

・ホルモンバランスの影響
様々な原因によってホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌が過剰になり、ニキビが発症する原因となります。女性の場合は、生理前に黄体ホルモンが多く分泌されると皮脂の分泌量が増えるため、ニキビができやすくなります。

・落とし切れていないメイク汚れ
凹凸のある鼻は、洗顔時に注意して洗わないと、汚れなどが肌に残ってしまいます。特にメイクの落とし残しは皮脂と混ざり合って毛穴に詰まり、菌の栄養源になります。そのため、きちんと汚れをきれいに落とすことがニキビ予防につながります。

鼻のニキビの対策

皮脂分泌の多い鼻は、毎日のスキンケアで肌を清潔に、うるおいたっぷりに保ちましょう。顔を洗うときは洗顔料をきちんと泡立てて、毛穴が多い小鼻などは指の腹をつかってクルクル円を描くように泡で洗います。最後に化粧水と乳液で保湿することも忘れないようにしてください。

また食生活を改善して、皮脂の分泌量を減らすのもおすすめです。ビタミンB6、ビタミンCを多く含む食材をきちんと摂り、反対に脂肪分の多いものは控えるようにしましょう。そして夜更かしせずに、たっぷりの睡眠をとることもホルモンバランスを整えるうえで大切です。

また鼻はついつい手が伸びてしまう場所です。手に付着した汚れや雑菌が、鼻ニキビを悪化させてしまうため、ニキビができたらできるだけ触らないように気をつけましょう。

口元のニキビの原因(意味)と対策

顔の中で最も動きのある口元。人と会話をしていると自然と目が行くため、ニキビがあると余計に気になりますよね。口元ニキビができる原因の代表例は以下のとおりです。

【口元にニキビができる原因の代表例】
・乾燥
・スキンケア不足
・ヒゲ剃りによる摩擦
・ホルモンバランスの影響

口元のニキビの原因

・乾燥
食事の後に拭ったり、咳がでたときや笑ったときに手で押さえたり、口元は手による摩擦で乾燥が進みやすい場所です。乾燥すると、肌にうるおいを与えようと皮脂を多く分泌しようとします。さらに乾燥肌はターンオーバーの乱れも招くため、肌は毛穴詰まりが起こりやすい状態になることも。また、マスクを外すとき、内側でこもっていた熱や水分が蒸発して過乾燥になりやすいので注意しましょう。

・スキンケア不足
口の周りの皮膚は薄く、保水量が少ないのにもかかわらず、スキンケアが手薄になっていることも、乾燥する原因のひとつと考えられます。鼻の下やほうれい線、アゴなど狭い面積の中に凹凸が多くあるので、大雑把なスキンケアでは汚れが残り、保湿も十分にできていない可能性があります。

・ヒゲ剃りや産毛処理による摩擦

ヒゲ剃りや産毛処理で鋭いカミソリの刃が肌に擦れると、肌に負担がかかります。毛だけでなく、表面の角質を削いでしまうと、肌のバリア機能が低下します。また、刃のメンテナンスを怠っていると、刃がこぼれて肌を傷つけたり、刃に雑菌が繁殖して傷口から菌が入り込んだりしてしまう場合があります。結果として、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌され、ニキビをつくる原因になるそうです。

・ホルモンバランスの影響
ホルモンバランスは、ストレスや疲れ、睡眠不足、不規則な生活によって引き起こされます。体の調整作用をもつホルモンのバランスが乱れると、皮脂の分泌量が多くなります。また睡眠不足は、肌のターンオーバーの乱れも引き起こすので、さらにニキビができやすい状態になるため、注意しましょう。

口元のニキビの対策

口元ニキビは摩擦を避けられないため、炎症が起こりやすいのも難点です。なるべく予防できるように対策を講じましょう。

まず主な原因である肌の乾燥を防ぐようにしましょう。正しい洗顔と保湿ケアのセットが効果的です。顔を洗うときは、唇の下のくぼみや鼻の下など、凹凸がある場所もしっかり指の腹を使って汚れを落としましょう。洗顔後のスキンケアでは、口元に化粧水や乳液を2度塗りして保湿をするのがベターです。

ヒゲ剃りや産毛処理をする際は、シェービング剤を使用して刃の滑りを良くすれば、肌への負担を軽くできます。もちろん処理した後は、保湿ケアを忘れずに。

まとめ

毛穴詰まりによってできるニキビですが、大人の場合、その発症原因は肌内部の環境変化(内的要因)と、外側から受ける刺激(外的要因)それぞれにあります。対策には顔のパーツごとの特徴を知り、正しいスキンケア方法で肌の清潔さを日々持続させることが大切です。

またホルモンバランスの乱れによる大人ニキビは、体が不調を訴えているサインかもしれません。ニキビができたときは、心も体も十分に休息を取って、乱れた生活を見直す機会にしましょう。

とはいえ、素人判断は禁物です。なかなか治らない、もしくは悪化した場合は、すぐに皮膚科に相談しましょう。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の関連記事