いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2020年8月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

8月の星回り

5月半ばから7月いっぱいまでうお座に滞在していたラッキースター・木星はふたたびみずがめ座に戻り、「平等」「博愛」といった雰囲気にふたたびスポットライトが当たります。性差や国、立場などの「差」をなくそうという動きは世界的に強まっていますが、いきすぎた傾向があるならば10月中旬くらいまでに是正されていきます。個人レベルでも、昨年末から今年5月半ばくらいまで頑張ってきたことの「見直し」「精査」といったことが起こっていくでしょう。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
心身を整えるタイミング。初夏から夏にかけてピンと張り詰めたような気持ちできた人も、自分を追い込むように頑張ってきた人も、やるべきことを調整してゆったりと過ごす時間を持てると素敵です。夏の暑さに負けてしまっては、せっかくのポテンシャルも活かしきれません。それではもったいないですものね。運動やボディメイクでヘルシーなボディを目指したい人も、今が始めどき。きっと理想を叶えられるでしょう。

恋愛運
8日の新月は「愛が始まる」タイミング。パートナーを探している人は、何気ないおしゃべりがきっかけで一気に打ち解ける……なんてときめきの展開もあるかも。ほか、困っている人をサポートするのもご縁につながりやすいでしょう。カップルは月の前半、助けたり助けられたりするなかに愛が宿ります。月の後半はコミュニケーションが活性化。対話や見つめ合うまなざしのなかに愛が宿ります。

仕事運
非常に忙しい時期です。「やりたいこと」も「やるべきこと」も山積みなうえ、この時期のあなたには妥協がありません。ここでの努力が未来にも影響するのだという自覚を持って、質の高い仕事をしようと努力を重ねていくでしょう。周囲に優しく目配りをして、困っているメンバーがいればすぐに手を差し伸べるような優しさも。信頼は厚いはずですが、ハードワークになりがちな時期でもあります。健康には十分、注意しましょうね。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
恋に趣味に、夢中になれることがいっぱいのアツい夏が訪れそう。ものづくりでも音楽でも、ハンドクラフトでも、何かを創造する人にとっては今以上に充実するタイミングもそうそうないでしょう。「好きなことをとことん」、この10文字を胸に、楽しいことにたくさん触れていきましょう。センスが光るときなので、ファッションにも個性がキラリ。お買いものをしつつ、夏のおしゃれを楽しんで!

恋愛運
情熱も優しさもコミュニケーションも、すべてが揃った恋のシーズンが訪れます。特に月の前半は、弾むような嬉しさがたくさん宿るはず。月の後半はあなたらしく恋を楽しめるときで、相手のためならなんだってしてあげたいと思う人も多いでしょう。片思いの人は、ここで一気に親密な関係になれる人も多いはず。会話をしながら、あなたにできることをしてあげられたら素敵です。

仕事運
昨年末から今年5月半ばくらいまでの間に取り組んできた仕事に、ふたたび関わることになりそう。ここ最近、ちょっと関心が迷子になっていたキャリアアップへの挑戦をふたたび始めるという人もいるでしょう。本格的に着手するのは10月下旬と、少しあとのこと。今はそれらのうち、自分に必要なものを取捨選択する時期。自分に合わないものは思い切って切り捨てるというのも、いい運の呼び水となるはずです。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
知的好奇心が冴えわたり、楽しいこと・面白いことをとことん追い求めていけるときです。引っ越しや模様替えなど、住まいに関する課題をフルパワーで解決していく人もいそう。夏休みを取るなら、家族や恋人など身近な人と過ごす時間を多めに取るとよさそうです。時節柄、家族と離れて過ごす人もいるでしょうか。リアルに会えたら嬉しいものですが、こういう時期だからこそコミュニケーションが充実することもあると思います。

恋愛運
人との接点が多い時期です。リアルで会うのは控えている人も、ネットやスマホアプリを駆使してコミュニケーションをとったり、SNSで好きな人の人柄を探ったりと、甘やかな交流がいっぱい。進展が見られそうなのは月の後半。脈アリモードだとキャッチしたら、自分から行動を起こしてみて。カップルの人はおうちデートがいつも以上に盛り上がりそう。そろそろ結婚をと思っているなら、月の前半に親への紹介、同棲や結婚といった話が出るかもしれません。

仕事運
部署やチームなど、身近な人たちと一丸となって頑張れるときです。アツい挑戦も綿密なコミュニケーションも友愛の気持ちも、みんなそこにあるのでしょう。新しいことにガンガントライするよりは、すでに皆が強みとして認識していること、自分たちのウリだと思っていることを頑張ったほうが成功しやすいでしょう。なお、月の上旬はいいアイデアが生まれそうなので、思いついたことはぜひメモを。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
話すこと、読むこと、調べること。いい情報をキャッチすることが運にドライブをかけていくときです。興味を惹かれたことにはどんどんアクセスして、思うままにハマっていきましょう。勉強をしたい人にとっては、今が一番吸収力をアップをするときでもあります。なお、8日前後は金運において新たな動きが。「清水の舞台」的なアイテムを買うのも、ここならいい結果につながるはず。

恋愛運
好きな人とメッセージや会話をたくさん交わせるとき。なんでもない話題でも、会話のラリーが続きやすいでしょう。話す理由なんてなんでもOK。趣味や好きなアーティスト、気になる映画など、相手との共通点を楽しみながらお話しできるといいですね。カップルは、月の前半は近距離のお出かけが、後半はおうちデートが充実しそう。楽しい夏の思い出をたくさん作っていけるといいですね。

仕事運
新しい情報をどんどん仕入れて、フットワーク軽く動いていきたいとき。取引先に直接会いにくい人も、ネットを介して積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。どれだけ相手に関心を持てるかは、この時期の成功のカギと言えそうです。なお、昇給を狙っている人は月の上旬にいい話が入ってきそう。評価基準のコツから人事系の話まで、気になる情報はおさえておくといいでしょう。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
昨年末から今年の5月半ば頃まで、しし座の人にとって大きなテーマだった「人間関係」。もちろん誰にとっても大事なテーマであることに変わりはありませんが、今年はしし座の人が「一対一で向き合う間柄の人」にスポットライトが当たる年。2ヵ月半ほどお休みとなっていたこのテーマについて、今月からふたたびフォーカスする流れになります。本当につながりたい人をよく見極めて。

恋愛運
「この人で本当にいいのかな」という思いが頭に浮かんだり、アプリでマッチした相手のスペックを比べたりと、シビアに相手を見極める時間が多くなるのかも。それだけ本気で幸せを求めている証拠ですね。ただ、減点法ばかりで相手を見ていると、内面にはどうしても目が届きにくいことも。自分でも「らしくない」という思いがどんどん強くなってくるのだろうと思います。あなたもご存知の通り、データと付き合うわけではありません。コミュニケーションをしっかり、とっていきましょうね。

仕事運
仕事は得意分野で能力を発揮できるとき。持ち前の技術や知識をめいっぱい生かして、ポテンシャルを周囲に見せていけると素敵です。特に月の上旬は頭が冴え、アイデアが次々湧いてくる気持ちのいい時期です。思いついたことは荒削りであってもどんどん人に話してみるといいでしょう。「あの人に任せてみよう」などという流れを、キャッチしやすくなるはずです。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
やる気も行動力も、冴え渡る頭脳もすべてが揃う、エネルギッシュな1ヵ月です。急に忙しくなって、一気に走り抜けるようにして1ヵ月を過ごす人も多いことでしょう。今ならいつも以上にパワフルに頑張れるはずですが、それだけに無理をしてオーバーワークに陥りやすくもあります。あなたはがんばり屋さんですが、ダウンしてしまっては元も子もありません。休息や睡眠はしっかり確保して、持ち前のポテンシャルを発揮していきましょう。

恋愛運
月の前半が好調です。いつもなら勇気が出なくて難しかったアプローチも、今なら思い切って行動に移すことができるでしょう。人から厚意を示されることの多い時期ですが――たとえばホメられたり、ものをもらったり、仕事に協力してもらえたり、といったことです――もしそうした機会があれば、遠慮せずに受け取ってみるといいでしょう。巡り巡って、愛にも前向きな動きが起こるはずです。

仕事運
エネルギッシュに取り組めるときです。月の前半はどこかアイデアがまとまりにくかったり、うまく言葉が見つからなかったりするのですが、12日を過ぎると自然とかたちになってくるでしょう。また、コツコツ頑張ってきたことがあるならば、22日の満月前後に責任をまっとうすることができるかもしれません。自分の役割を果たすことについて、今一度考える時間も巡ってきそうです。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
あまり表に出すことはないかもしれませんが、心のなかではたくさんの気持ちがひしめきあっています。この時期は、理屈やロジックでは説明しきれないことが多いのです。言葉にならない言葉、声なき声、フィーリングといったもの。いっそのこと誰かに「これが正解です」と決めてもらえたら楽ですが、安易に答えを求めても満足はできないでしょう。来月にはしっかりかたちになってきますから、今月はとことん考えてみるといいかもしれません。

恋愛運
前半は不調と感じやすいかもしれません。素直になれなかったり、尽くしすぎて「重たいと感じられたのでは」と不安な気持ちになったり、そうかと思うと「愛ってなんだろう」と真剣に考えたりしがちです。今までよりも一歩、深いところで人を愛するときなのです。重苦しさはあるでしょうが、これは一時的なこと。月の後半には調子が良くなってきます。あなたらしい愛し方が、自然にできることでしょう。

仕事運
きちんと説明しなくても意図することが伝わるときです。あなたがまだモヤモヤしてかたちにできない考えも「それって、こういうことだよね?」などと、人が整理してくれることもあるでしょう。そんなふうに頼もしい味方に恵まれるときですが、そこに甘えてしまうと成長はストップしてしまいそう。同じマインドを抱けるのは嬉しいこと。それでも、伝えたり説明したりする努力は怠らずにいられるといいですね。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
対人関係がにぎやかになってきそうです。なかでも友達や同期、同僚など、気が置けない間柄の人とは議論をしたり、SNSでつながったりと楽しく交流していくことになるでしょう。ただ、おかしいと思ったことは黙っていられない時期でもあります。怒りをベースに戦うようなこともあるかもしれませんが、言葉は選ぶこと。納得がいくまで話すことで、切っても切れない絆となるのだろうと思います。

恋愛運
友達が恋人に昇格したり、同僚が気になり始めたり。そうした運が7月下旬から巡ってきています。ただ、今は「うまくいかなかったら気まずいな」「同期のなかで居づらくなるのは……」なんて思いも駆け巡ったりして、なかなか勇気が出ないかも。好きなのに避けてしまうなど、あまのじゃくな行動に出てしまうこともありそうです。9月半ば頃には恋愛運が上がってくるので、そこまで現状維持でいるのも悪くない選択かもしれません。

仕事運
8日の新月前後に、新しくオファーが届く人は多そうです。新規プロジェクトでも上のポジションへの抜擢でも、あなたさえ興味があるならばどんどんチャレンジしてみるといいでしょう。今なら周囲も頼もしく味方をしてくれるときなので、滑り出し好調の手応えを感じられるはず。もし頑張るつもりなら、レスポンスはできるだけ早くしてやる気を示してみるといいでしょう。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
仕事や社会活動を通して、世の中をもっと良くしていきたいと考えるタイミング。先月あたりに胸のなかで温めてきたことを、ここで実行に移す人も多いでしょう。遠方に済む人がキーパーソンとなったり、海外での事例が参考になったりするときなので、情報収集はマメにしておくといいでしょう。仕事が忙しいときなので、無理は禁物と心得て。

恋愛運
仕事や夢を追うことに心を傾けるため、恋が若干手薄になる人は多そう。パートナーと一緒にいても、まるで友達同士のようなサバサバとした雰囲気になることも多いでしょう。それはそれで楽しい時期ですが、ときめきは忘れずにいたいところです。なお、シングルの人は同じ目線で話ができる、仕事観がよく似た人とご縁があるかもしれません。すぐに発展するわけではないのですが、いいなと思った人がいればたくさん、熱意を語っておくといいでしょう。

仕事運
非常に前向きな運が巡ってきます。いつも以上に情熱を燃やすことができますし、求めていたチャンスが巡ってくる人も多いでしょう。ここで頑張ったことが、キャリアにおいて大きなポイントとなることも多いはず。ぜひ、力を入れて取り組んでみたいところです。転職や独立を目指す人にも、いい話が回ってきそう。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
世界が広がるときです。もっと知りたい、もっと冒険したいという知的な欲求が、あなたにとってベストなかたちで湧き上がってくるのです。ただ、理想が高くなる一方で、価値観が合わない人とは衝突しがちに。特に、理想や信念を持たず唯々諾々と流されている人に対しては、かなり手厳しく接することもありそうです。成長スピードは人それぞれ。少し柔らかい接し方ができるといい関係でいられそうです。

恋愛運
理想が高まる時期です。自分を高めるような恋に重きを置くときですから、シングルの人はなかなかぴったりの人が見つかりにくいかも。たとえば学びの場や読書会など、対等に会話ができる人が多く集まるコミュニティに参加してみると、尊敬と愛情を両立する相手と出会いやすいかもしれません。パートナーがいる人は、相手を試すような子どもっぽいやり方は卒業。月の後半は仕事が面白くなってくるので、恋愛がお留守になりがちに。パートナーを寂しがらせないようにしましょうね。

仕事運
月の上旬は集中力がグッと冴え渡ります。いつもよりも鋭い考察ができるときなので、熟考するタイプの仕事を入れておくと効率が良さそうです。また同じく上旬に、重要な立場を任される予感も。多少プレッシャーはあるかもしれませんが、前向きに受けてみるとよさそうです。1ヵ月を通して、海外との取引にはプラスの運気が働きます。海外の動向を踏まえてビジョンを描いてみるのもいいでしょう。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
人間関係が濃く、深いものになっていきます。こういう時期だからこそ、「誰とつながるか」ということだけでなく「誰とつながらずにいるか」ということも大事です。「キャリアは華やかでも、どうにも信頼できない」「なんとなく胡散臭い」などといった直感が働いたなら、自分のカンを信じたほうがいいでしょう。一緒にいると優しさやエネルギーを持っていかれるような人からも、しっかり距離を置くようにしましょう。自分を守ることができるのは、自分だけですから。

恋愛運
愛が深みを増すときです。より心の深いところでつながりを感じられるのは素敵なことですが、愛というものはときどき、強くなりすぎると厄介なものにかたちを変えてしまうことがあります。もしも執着心や嫉妬心で苦しくなってしまったときは、ちょっと愛から離れてみるといいかもしれません。自分のことを大切にして、友人・知人との関係も楽しんでみる。そんなふうにバランスを維持したほうが、この時期の恋はうまくいくはずです。執着も嫉妬も、一生懸命である証。だからこそ、自分を苦しめないよう上手にコントロールしましょうね。

仕事運
集中力がアップし、自分でも驚くほどのスピードで仕事を進められるとき。コミュニケーションにおいても、持ち前の観察力で相手の心をつかむことができるでしょう。ただし、あれもこれもといろいろな仕事を一気に進めると、全部が中途半端になりがちです。いい仕事をするには、ひとつの作業をしているときはそれだけに集中する。そんな基本的なことが何より大切といえそうです。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
7月のみっちり濃厚な忙しさは、8月上旬までその余波を感じることでしょう。ただ、大分すっきり整理されてくるので気持ちは随分楽になっているはずです。かわって充実してくるのが対人関係。いろいろな人から連絡が来たり、熱心にアプローチされたりするでしょう。あなた自身もまた誰かに、熱意をもって語りかけることになるかもしれません。一緒に楽しくやろうよと。出会えてとても嬉しいと。

恋愛運
先月に引き続き、コミュニケーションにあたたかな追い風が吹きます。自分の気持ちを素直に出していけるでしょうし、そもそも話すこと自体が楽しく、話題も尽きることがないでしょう。お付き合いや結婚など、ある目的をもって相手にアプローチする人も多そうです。いつもはなかなか勇気が出ないという人も、今なら伝えたい言葉がたくさんあると思います。

仕事運
交渉や議論といった、やや緊張感を伴う場面が多くなるでしょう。戦略ありきのときですから、「こうしたい」というビジョンを明確にして当日に臨みましょう。ただ、自分だけの利益を考えていれば、そこそこの成果に留まりそう。自分も、相手も、メリットがあるように。そんなふうに考えてこそ、交渉成立で終わりではなく、長いお付き合いを続けていけるだけの信頼を勝ち得ると思います。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧