料理研究家・河瀬璃菜のデパ地下レシピ「ほっけの冷やし茶漬け」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しい料理が所狭しと並ぶ、みんな大好きデパ地下!そのまま食べても、もちろん美味しいですが、一工夫加えるだけで一気に豪華な一品になるレシピを紹介します。お惣菜を多めに買いすぎた日や、ちょっといつもと違ったアレンジで食べたい日にぜひ作ってみてください。

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

ギラギラと太陽が光る季節、みなさま夏バテなどされていないでしょうか?
毎日本当に暑くてキッチンに立つのも億劫になりますね。今回はそんな時にでもさっと作れてなおかつ、食欲がない日でもサラサラっと食べることができるレシピをご紹介しますね。

材料を購入したのは、こだわりの焼魚、国内産のうなぎ蒲焼、大きな魚の切身が入った弁当など豊富な商品を取り揃えた渋谷 東急フードショー②(しぶちか)にある「味の浜藤」。

こちらの焼き魚、大好きで筆者もよく購入しています。

購入したのはこちら。「ほっけ塩焼き ¥562/1枚」

どっしりと大きなほっけ、美味しそうですね〜!

早速こちらを使った「ほっけの冷やし茶漬け」を作っていきましょう!

ほっけの冷やし茶漬け

材料(1人分)

ほっけ(ほぐし)・・・100g
大葉・・・2~3枚
ミョウガ・・・1本
きゅうり浅漬け・・・30g
わさび・・・適量
ご飯・・・・1膳
すりごま・・・適量
A
和風顆粒だし・・・小さじ1
冷水・・・150cc

作り方

1、ほっけは身をほぐす。

2、大葉は千切りにする。ミョウガは輪切りにする。きゅうりの浅漬けは薄切りにする。

3、茶碗にご飯を盛り、ホッケ、ミョウガ、きゅうり、大葉を盛り、わさびを添える。
4、混ぜ合わせたAをかけながらいただく。

暑い季節にチャチャっと作れ、さらっと食べられる万能な一品。薬味や浅漬けを入れることでよりさっぱりとした味わいになり、とっても美味しいですよ。

今回はほっけを使いましたが、お好きなお魚でもちろんOK。

ぜひお試しくださいね。

■渋谷 東急フードショー②(しぶちか) 味の浜藤
https://www.tokyu-dept.co.jp/shibuya_foodshow/shop/detail.html?shopcode=ajinohamato

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
河瀬璃菜
lina kawase
河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター) 1988年5月8日生まれ。福岡県出身。レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。 SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐に渡る。 近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。 著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
執筆記事一覧