いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2021年9月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

9月の星回り

人との交流が豊かになる時期です。前半は少々格式ばったコミュニケーションも多いかもしれませんが、後半になると活発な議論にも目が向けられていくでしょう。世の中的に「自由」と「平等」という大きなテーマが目指されるなか、対等に向き合うこと、相手を尊重することに、今まで以上に関心が集まっていくでしょう。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
目が回るような多忙期も、9月前半で収束へ。夏のあいだ中、頑張っていらっしゃいましたね。残暑のなか、疲れが出てくる人は多そうです。対人運が上昇する関係で、あちこちから引っ張りだこになるなど別の忙しさも加わりますが、休めるときは休んで自分をいたわってあげましょう。コミュニケーションはいつも以上にスムーズな時ですから、話せばきっとわかってもらえるはず。

恋愛運
パートナーシップにいくつもの追い風が吹き寄せる好調期。大切な人とはたくさん対話を重ねて、お互いがお互いへの理解を深めていけるでしょう。あなたは心に浮かんだことをストレートに口に出す人ですが、この時期はそれもプラスに。仮にケンカに発展することがあったとしても、最後には必ず「雨降って地固まる」にしていけるはずです。

仕事運
上旬は多忙期。ルーティンワークに新たな作業が加わるなど、特別な対応を求められることもありそうです。周囲としっかり情報を共有し、漏れのないように進めましょう。議論や交渉など気が張るシーンが多くなる時期でもありますが、今のあなたであれば恐るるに足らず、です。有利な結果につなげていけるはず。伝えたいことを端的にまとめて、その場をリードするくらいの気概を持ちましょう。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
恋人のために力を貸してあげたり、後輩にアドバイスをしたりと、人のために時間や労力、優しさなどを分けてあげることが増えるでしょう。忙しい時期なので、無理は禁物。あなたが「このくらいならできるかな」と思える程度のことで協力してあげられると、運気的にもちょうどいいようです。「これをしてあげたら変わってくれるかな」などと、助けてあげた“あと”のことを願うときは、相手に重たさを感じさせてしまう可能性が高いので注意して。何かしてあげるとき、つい考えたくなっちゃうものですけれどもね。

恋愛運
情熱と優しさがオーバーラップするようにして、星々がおうし座の恋を応援してくれるとき。恋を探している途中の人であれば、上旬は「これから」につながる出会いが得やすいでしょう。いつもより勇気を出せるときですから、いいなと思う人がいたらSNSでつながるなど、接点を持ってみては。カップルは11日以降、ラブラブの時期が続いていきます。複雑な恋をしている人も、ぜひお相手を信じてあげて。

仕事運
やるべきことが山積みのハードな時期。「しっかりやりたい」「量をこなしたい」という気持ちも高まって、ついつい無理をしてしまう人が多いかも。そうした姿勢が周囲から信頼されることは事実ですが、自分に厳しくしすぎると突然ダウンしてしまうことも。あなたもご存知の通り、仕事では継続性やクオリティも大事。自分がベストを尽くせるよう、休むのも仕事のうちと心得て。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
趣味でも仕事でも、自分のセンスや好きなことを表現する喜びがいっぱいに満ちた、躍動感あふれる月。「これが好き!」「これがいいと思う!」という前向きな意見が増えるごとに、周囲に集まる人も増えていくでしょう。「やるべきこと」よりも「やりたいこと」を優先して、毎日を生き生きと過ごしていきましょう。それでこそ「やるべきこと」も、頑張れるようになります。

恋愛運
前半と後半で、雰囲気が大きく変わります。前半はハッピーな明るさに満ちた恋の時期。後半は、情熱と刺激に満ちた恋に追い風が吹きます。こんなふうに書くと9月のふたご座が恋しかしていないように見えますが、こうした追い風に乗るかどうかはふたご座次第。自分から動いてこそ、恋にスイッチが入るのがこの9月ですから、そのときどきの自分と素直に向き合って。

仕事運
好きなことなら特別に頑張れる、頼まれなくてもやっちゃう。そんなふうに調子が出やすい時期です。好きなことを仕事にした人にとっては、最高の1ヵ月といえるでしょう。そうでない人は、目の前の仕事にいかに楽しみややりがいを見い出せるかがカギに。「自分へのごほうび」を設定するのもいいアイデアでしょう。月末は見通しが狂いやすいので、どの案件も早めに進めておくと安心です。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
離れて暮らす家族や親戚にもなかなか会いづらい日々が続いていますね。寂しい思いをされている方もたくさんいらっしゃると思います。この9月は、かに座の人にとっては家族の結びつきが強まるタイミング。電話越しに元気な声を聞くのもいいですし、贈り物をするのもいいでしょう。この時期だからこそ、家族の大切さが身にしみて感じられるだろうと思います。

恋愛運
恋に前向きな動きが起こるのは11日以降。特にシングルの人にチャンスが多いときで、自分から積極的に行動を起こすことでぴったりの人と接点が増えるでしょう。時節柄、気軽に会うことは控えたいということであれば、SNSなどで趣味仲間をたくさん作っておくのもおすすめ。この時期の出会いは、いずれ恋に発展することも多いのです。同じノリで話せる人は、定期的に連絡を取り合えるといいですね。

仕事運
月の前半はいつも以上にアクティブ。いろいろな仕事を並行して進めることでアイデアが出やすくなるでしょう。ある仕事で得た知識が別の仕事でも役立つなど、面白い展開もありそうです。月の後半は慣れた仕事がはかどります。いつものメンバーとしっかり連携をはかって、ベストを尽くしましょう。職場の掃除や換気は、マメにやってこそ運気アップに。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
この秋は好奇心を刺激されるものとたくさん出会えそう。いつもはネットで情報収集をしている人も、本やテレビなど多様なメディアからヒントを得ることで、充実した毎日になるでしょう。なお、学びたいテーマがある人は、今月のうちにスタートしてみるのがオススメです。今なら頭が冴えて記憶が定着しやすいうえ、楽しめるのでいい学習習慣がつくでしょう。勉強は継続あってこそ。きっと、学びを深めていけるはずです。

恋愛運
知らず知らずのうちに、相手に対する期待が必要以上に高まっている自分に気づくかもしれません。誰を選ぶか、どんな関係にしていくか、すべては自分次第と思ってみるとスッキリして、なんとなく自信が出てきそう。それでこそ、自分も相手も幸せになる恋を実現していけるはず。シングルの人は、オープンな気持ちでいることがカギ。趣味や好きなアーティストの話で盛り上がれる人は、今後も発展が期待できるかも。

仕事運
月の前半は何かと「目に見える成果」を出すことを期待されるよう。やる気や実力は十分なはずなので、頑張ったことを客観的にきちんとアピールするところまでがワンセット、と思っていらしてください。月の後半はコミュニケーションがカギに。ひとりであれこれ考えるよりも、メンバーを集めてディスカッションを。ひとりではうまくまとまらなかったアイデアも、皆で話せばいい方向性が見えてくるはず。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
8月から、忙しい日々が続いてきましたね。この忙しさは9月半ばで終了し、そこからは自分のペースを取り戻していけそうです。と、その前に。忙しいさなかではありますが、ずっとあたためてきたことを実行に移すなら、7日の新月前後にスタートするといいでしょう。一気にすごいことをしなくても、「始める日を決める」「情報収集を始める」といったことでも十分です。そのテーマについて、運の後押しが得られるでしょう。

恋愛運
月の前半は相手を見極める目が厳しくなるとき。シングルの人は慎重に、カップルは「本当にこの人でいいの?」などと、少し冷静な目で相手を見つめる時間が多くなるでしょう。こういった冷静な時間も必要とはいえ、意地悪な視線は控えておけるといいですね。月の後半は楽しい雰囲気が戻ってきます。何気ないおしゃべりから意気投合! なんて、嬉しい瞬間もあるのかも。

仕事運
月の前半はスピード勝負。「とりあえず様子見」なんて思っていると、チャンスは別の誰かのところにいってしまいそう。やる気だけでも示すなど、とりあえず動いておくとしっかりと運をつかんでいけるはずです。月の後半は忙しさも一段落。ちょっとゆっくり状況を見渡す余裕が出てきます。これから自分らしいペースで頑張れるよう、今のうちに効率アップのための工夫などをしておけると安心だと思います。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
気軽なおしゃべりの場が恋しくなる時期です。時節柄、なかなか以前のように気軽に会ったり食事をしたりといった機会も持ちにくいかもしれませんが、ビデオ通話やLINEなどを通じて、親しい人に連絡をしてみるといいでしょう。実は相手も、あなたからの連絡を待っていたりするかもしれません。ただ、月の後半はヒートアップしてケンカに、なんてことも起こりやすいかも。アツくなりすぎたら、ちょっと時間を置いてみましょう。

恋愛運
恋に好調な風が吹くのは11日まで。それ以降は落ち着いて吟味していく流れに入るので、チャンスが欲しい人は月初に行動を起こすといいでしょう。気になる人がいるなら、ジョギングや登山など体を動かすアクティビティがおすすめ。いつも以上に盛り上がることでしょう。カップルは月の後半、口ゲンカに注意して。冷静になって話をすれば、きっと誤解は解けるはず。

仕事運
トライアンドエラーを繰り返しつつ、核心に迫っていけるときです。いろいろな人と議論を繰り返しながら、確実に進めていきましょう。ちなみに、重要な会議など大事な予定は、21日までにセッティングすると良さそう。27日から翌10月19日までは何かと連絡や情報が滞りやすく、ビジネスでも棚上げとなる話が増えるでしょう。その影響が、21日頃から出始めるのです。早め早めに動いておきましょう。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
表面上は穏やかながら、水面下でいろいろな物事が進んでいく時期。これから起こると予測されることは、準備をするなど手を打っておくと今後がスムーズです。なお、7日の新月前後は大きな節目。これから実現したい夢について、行動を起こすことになる人は多いでしょう。協力者も得やすいときですから、やりたいことがあるなら周りに話しておくとよさそうです。

恋愛運
月初こそ素直になれなかったり、苛立ちを感じたりすることが増えるものの、特に心配はしなくて大丈夫。というのも、11日以降は恋愛運が急上昇し、来月上旬まで好調のままキープすることになるからです。この時期、気になる人が現れたらぜひ接点を持ってみてはいかがでしょうか。秋物のファッションを取り入れれば、さらに運気アップに。

仕事運
チームワークを強化していけるとき。特に前半は、衝突をも恐れない勢いで意見を戦わせることで、信頼できる関係が結ばれていくでしょう。新しい仲間が加わることも多いと思いますが、なぜかお互いの考えていることがわかるなど、ウマが合うと感じられるでしょう。テクノロジーとも相性がいい時期です。デジタルガジェットや便利なアプリをあれこれ試して、効率化をはかって。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
友達や仕事仲間など“ヨコのつながり”が充実する時期です。仕事で困っている同僚がいたらできる限り力になってあげるといいですし、あなた自身も「手伝うよ」なんて申し出は、前向きに受けてみると良さそうです。なかには、あなたに敢えて厳しい意見を言ってくる友達もいるかもしれません。もし「図星」と思える部分があったなら、素直に聞いてみるといいでしょう。

恋愛運
積極的に動くなら11日までがおすすめ。友達つながりでいいご縁があったり、または友達が恋人に昇格したり……といったことがあるかもしれません。カップルは、相手の友達を自分の友達のように大切にすると絆が強まりそうです。月の後半はつい意地を張ってしまって、気まずいムードになることも。でも、キツい言葉は口から出さないでいましょう。この時期の言葉は、ちょっぴり強く聞こえてしまうのです。そうなると、あなたの優しさやユーモアも、伝わりにくくなってしまいますから。

仕事運
キャリアにおける挑戦の時期が続いていきます。特に7日の新月前後は、新しいオファーが到来する予感も。あなたにとって嬉しいお話のはずですから、ぜひ前向きに受けてみると良さそうです。また、1ヵ月を通してコミュニケーションが活発に。チームが一丸となって頑張れるときですから、スタンドプレーよりもチームプレーを心がけていきましょう。リモート続きで寂しかった人も、きっと仲間のあたたかさを実感していけるはず。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
知的好奇心が冴えて、どんどん自分の世界を広げていけるときです。たとえば資格取得やビジネススクール、社会人大学院などへのチャレンジを検討しているなら、この時期に前向きな情報収集をしてみるといいでしょう。実際に行った友達に話を聞くなど、リアルな声を集めると夢も具体的になりそうです。オンライン講座など、コロナ禍で広がった学びの場をチェックするのもおすすめ。

恋愛運
恋はスローペース。この時期のあなたには、恋よりも優先したいことがたくさんありそう。仕事に打ち込んでいたり、対人関係が活発で面白く感じられていたりするなかで、自然と恋のウェートは下がっていくのです。ただ、上司や先輩などに対して、尊敬の気持ちが愛に変わっていくようなこともあるのかも、もちろん仕事優先ではありますが、ときめく気持ちも忘れずにいると、より楽しくなっていきそうです。

仕事運
キャリアについて前向きな動きが起こります。大きなプロジェクトにがっつりコミットする人は多いことでしょうし、周囲からの期待もかなりのもの。もし転職や独立を考えているなら、月の後半からの勝負が効いてくるでしょう。ただ、27日以降は物事が予定通りに進みにくくなる時期。その影響は21日頃から始まるので、重要なことほど前倒しで進めておくと安心です。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
ふと考え込んでしまうような時間が多くなるかもしれません。仕事とは、愛とは、生きるとは……といった“答えのない問い”が、胸を捉えて離さないことも。そんなときはぜひ、心理学や哲学に触れてみるといいでしょう。社会が今まで通りでなくなった今、こうした部分に無頓着でいると、いざ迷ったときに心が折れやすくもなるもの。自分にとって、何が重要なのか。時間をかけて考えることで、自分らしく居続けられるでしょう。

恋愛運
これまで付き合ったことがない世界の人や、年齢がかなり上の人とご縁ができるかもしれません。愛や情熱はもちろんあるのですが、それ以上に「人間的に成長できる」という部分が、今のあなたにとっては魅力を感じられるよう。特にそういった出会いがなくとも気持ちは成長を志しますから、恋人やパートナーがいる人は、相手が急に子どもっぽく見えてくることも。一緒に高め合っていけると、楽しくなってくるはずです。

仕事運
海外と取引をしたり、語学力をフルに活かしたりするお仕事の人にとっては、忙しくとも刺激いっぱいの楽しい時期となるでしょう。特に関係のない企業でも、海外のやり方に学んだり、海外トレンドを取り入れたりすると面白いきっかけになりそう。海外を自由に行き来できるのはもう少し先としても、どんどん視野を広げて、発想の幅を広げていけると素敵です。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
集中力が高まって、いろいろなものの「本質」がクリアに見えてきそう。人間関係でも恋愛でも、もののウラのウラまでズバリ見抜いてしまうことも。ただ、ネガティブな気分に陥ると、どんどん悪い想像ばかりを強めてしまうことも。感覚が鋭敏になっているところにそうなってしまうと、辛くなるばかりでしょう。気分転換を上手に取り入れて、前向きな発想をキープしていけるといいですね。

恋愛運
対人運が活性化するなか、恋の動きも複雑に。パートナーがいる人は、お互いがいかに高め合えるかが大きなテーマとなりそう。たくさん会話をして、理解を深めていきたいところです。シングルの人はお誘いが増えるとき。ただ、この時期のお誘いはちょっと慎重に。下心メインでアプローチしてくる人も多い見通しなので、先を急ぎすぎないようにしましょうね。

仕事運
いろいろな人の思惑が交錯し、一筋縄ではいかない時期。表面上では快活で気さくな人が、実はウラでは文句ばかり……なんて、ふたつの顔を使い分けていることも。噂話に振り回されるときりがなくなるので、気になることがあれば本人に直接聞くようにするといいでしょう。21日前後は、長く続けてきた努力が報われるとき。次の目標も視野に入ってきます。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧