いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2021年11月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

11月の星回り

10月はコミュニケーションから仕事まで、もったりとした停滞感が重なり合うような星回りでした。11月は一転して、すっきりと晴れやかな視界が広がります。今年も残り2ヵ月、自分が目指すべきものをまっすぐに見つめて前に進める人はきっと多いはず。また、愛に関してはここから来年3月頭まで、ひとつのテーマに焦点が当たります。一喜一憂するのではなく、気長に向き合ってみるといいかもしれません。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
「選択と集中」が大事なときです。あれもこれもやってみたい、どんどん可能性を広げていきたいという思いもあるかもしれませんが、今月は敢えて数を絞って、集中して取り組んでみるといい結果に結び付けられるでしょう。さて、ここであなたの頭に浮かんだテーマは何でしょうか? おそらくは、それが今のあなたにとって一番大事なこと。深く掘り下げて、味わってみてはいかがでしょうか。

恋愛運
シングルの人は仕事つながりの出会い、ご縁にスポットライトが当たります。ただ、「仕事が恋人!」状態になってしまうと、誰かの“脈アリサイン”に気がつけない予感も。もちろん仕事に全力投球というのもアリですが、恋を楽しみたいという気持ちがある場合は、少し心のゆとりを持てるように意識してみると良さそうです。パートナーがいる人は、いつも以上にコミュニケーションが重要に。気持ちは言葉にして伝えて。

仕事運
上司や先輩から重要なことを教わったり、責任ある立場を引き継いだりと、気持ちが引き締まるようなシーンが多そう。少々ハードルが高いと感じることは多いかもしれませんが、自信を持ってトライしてみるといいでしょう。あなたの実力を見込んでのオファーですから、その期待に応えることであなたの評価も上がっていきます。将来的に、収入面でもいい影響が及ぶはず。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
とても忙しかった10月を過ぎ、今月はわくわくするような予定が多くなるでしょう。目立って良いのは対人運で、いろいろな人からいい刺激をもらうことができます。ちょっとした雑談や相談事には気軽に乗って、意見交換をすると良さそう。ラッキーパーソンは対等に接してくれる人。年齢や性別の枠などまったく感じさせない、あなたを大切な「個」として扱ってくれる人といい時間を過ごしましょう。

恋愛運
視野が広がってきます。これまで好きになったことがないタイプの人に惹かれ始めたり、恋人が未知の世界を見せてくれたりと、世界はこんなにも彩り豊かなものだったのかとびっくりする人は多いでしょう。そうした引き出しの多い人や、成長させてくれるような人を求めるがゆえに、今まで好きだった人が急に子どもっぽく見えてしまうことも。一緒に学びを楽しめる人とは、いくらでも関係を深めていけるはず。

仕事運
コミュニケーションが仕事を左右する月。ただ事実を伝えるだけにとどまらず、相手の心をしっかり汲んで深いやりとりを目指していきたいところです。議論や交渉では、へつらうような態度はNG。堂々と胸をはり、目線を合わせて対等なやりとりを意識するといいでしょう。実際に会って話せればそれがベストですが、Webミーティングであればぜひカメラオンで臨んでみて。あなたの熱意が伝わりやすくなるはずです。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
ちょっぴり窮屈な思いをすることが多くなるかもしれません。やりたいことは多いのに、やるべきことが山積みで「動きたいけど動けない」というジレンマが大きいでしょう。周りも厳しい雰囲気になりそう。いつも以上に厳密なルール厳守を強いられたり、シビアな成果を求められたりと、まるで気が抜けません。ただここでビシッと頑張っておくと、その経験がのちのち自分を助けてくれます。いい機会だと思って頑張ってみてはいかがでしょうか。

恋愛運
人恋しい気持ちが募るとき。結果を急ぎたくなって自分らしさを見失ってしまうと、下心ばかりの人を引き寄せかねません。幸せになりたいという思いはずっと変わらず同じであるはず。じっくりお相手を見極める落ち着きを持てると素敵です。パートナーとの間にわだかまりが生じている人は、問題ばかりを見つめていると辛くなってしまうばかりに。向き合いつつも自分のための時間を充実させたり、友達との時間を大切にしたりして意識を分散させるといいでしょう。不思議と緊張状態がほぐれていきます。

仕事運
自分のこだわり具合を上手にコントロールしていくことが大事な時期。観察力が増す時期だけに、細かいところが妙に気になるのですが、ご存知の通り時間は有限。片っ端からこだわっていると他の予定に回す時間が取れず、仕事にムラが出てしまうのです。こだわらなくてもいいところはサクッと仕上げるなど、バランスを意識してスケジュールを立てるといいでしょう。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
好きなことに夢中になっていると、不思議とそのことに関連したチャンスが舞い込んでくるときです。たとえば趣味でアクセサリー作りにハマっていたら「お金出すから作って!」と頼まれたり、仕事に夢中になっていたら「ちょうど人を探してたんだ!」と新しいオファーをもらえたり。寝る間を惜しむほど楽しいと思うことがあるなら、ぜひ全力で楽しんでみて。世界がもっともっと、楽しくなってくるはず。

恋愛運
絶好調の1ヵ月。実はここから春までの間、かに座の人は愛とパートナーシップの充実期に当たっているのですが、この11月はその運にさらに乗っかるようにして情熱や喜びが満ちる時期なのです。特にシングルの人は、自分から行動を起こすことでいいご縁が巡ってくるとき。これまでどうしても勇気が出なかった人も、今なら「よし」と思えるような瞬間が多いだろうと思います。「いい時期なのだから、幸せになっていい」そんなつもりで過ごしていきましょう。

仕事運
あなたらしく自由な気持ちで頑張れるとき。旧態依然としたシステムやルールにがんじがらめになっている人とは真正面から対立することもありそうですが、闘争モードに入ってしまうと互いにダメージは大きそう。どちらの言い分にも一理あるはずなので、利害が一致するポイントを上手に探していきたいところです。困ったときは上の人が以外なほど味方になってくれるでしょう。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
家族や仲間など“身内”と呼べる人たちと、あたたかな交流を実現できるとき。刺激には欠けるかもしれませんが、ぬくもりや無条件の肯定が、今のあなたにとっては何よりのエネルギー源となるはずです。仮にこの時期、あまり前向きになれない状態にあるのだとしたら、それは「心許せるようなつながりを持てる人がいない」ということに原因であるはず。実家や友達に電話をしたり、SNSで知り合いの投稿にコメントしたりと、無理なくできる“つながり”を作ってみて。

恋愛運
好きな人のためならなんだってしてあげたいという気持ちになれますし、実際に行動にうつしていく人は多いでしょう。「今、相手にはこれが必要だろうな」というモノやアクションが、次々と見えてきそう。ただ、「見えすぎてしまう」というのが難といえば難。それが優しさであっても、相手が受け入れられる状況になければ、少し重たく感じられてしまうかも。せっかくの思いやりを活かすためにも、思いついたことよりちょっぴり少なく「してあげる」と、ちょうど良さそうです。

仕事運
今の仕事と仲間への思い入れが強くなり、皆でもっと上を目指したい! と思えるとき。後輩に仕事の勘所を教えたり、親身になって相談に乗ってあげたりと、皆のために貢献するのはいい選択と言えるでしょう。技術職など何らかの専門的知識を活かす仕事なら、プライドを持ってクオリティの高い仕事ができるはず。今までは悪魔か鬼としか思えなかった上司が、実は愛ゆえの厳しさだったと気付くのも、こんな時期であろうと思います。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
話すこと、伝えること、笑うこと、愛すること。私たちは生活のあらゆる場面で、言葉を使っています。たったひと言で救われたような気持ちになったり、好きな人の言葉がずっと胸に残っていたり。今月はあなたの言葉が持つ「力」が強まるとき。コミュニケーションにおいて、言葉が効力を発揮するシーンが少なくありません。ただ、強い時期だけに、思った以上のインパクトを持って相手に伝わってしまうことも。言葉選びはいつも以上に慎重に。

恋愛運
愛のシーズンが始まります。ここから来年春にかけて、おとめ座の人は長期的な視野で愛や、愛する力を育てていける時期に当たっています。カップルは愛を一段深めることができるでしょうし、課題があれば解決に向けて頑張れます。シングルの人はいいご縁も巡ってきやすいでしょう。「自分にとって、幸せとはこういうことだ」という自分なりの“軸”をしっかり持っていれば、迷うことなく未来をつかみ取っていけるだろうと思います。

仕事運
アタマもカラダもフル回転の、躍動感にあふれた1ヵ月です。どんな経験も学びとなり、どんな学びも即戦力となるでしょう。ひとつひとつのことに「ここから学べるものは何か?」「自分の経験を活かせる部分はあるか?」などと、忙しいなかでも丁寧に向き合っていけるとポテンシャルを活かせます。いろいろなことを同時並行で進めて、アイデアの化学反応を楽しむのも有意義な時間に。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
慌ただしかった10月を過ぎ、11月はホッと肩の荷が下りたような気分でスタート。自分のペースを取り戻し、リラックスした気持ちで目の前のことに取り組んでいける人は多いでしょう。今月は、お金や資産に関する状況に変化が起きる暗示が出ています。収入アップのために頑張ったり、新しく貯金を始めたりするのはいい選択。パートナーがいる人は、収入や家事の分担において見直しや仕切り直しをすることになるかもしれません。

恋愛運
心が安定を求めるとき。お付き合い期間が長いカップルの場合、この11月から来年3月くらいまでの間に結婚や同棲の話が出てくるかもしれません。互いの親やきょうだいに挨拶するにもベストな時期です。ふたりでよく話し合って、自分たちならではのパートナーシップのあり方を模索していきましょう。シングルの人は身近な人、あるいは自分とよく似た人と進展の予感。初対面の人も、まずは出身地や出身校、趣味など共通点を探ってみて。

仕事運
仕事の「本質」をおさえることで、いい動きができるときです。忙しい毎日、つい目の前の仕事を「どうにかする」ことでイッパイイッパイになってしまうことは、一般的によくあるパターンです。そこで敢えて「何のための作業?」「誰に何のメリットが?」などと考えてみることで、かゆいところに手が届くような配慮ができるでしょう。ベテランの人も、敢えて振り返ってみると充実感がフレッシュなものに。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
11月の主役といえば、間違いなくトップ3に名前が上がるのがさそり座です。まさに「本領発揮」のタイミングであり、自分が目指すものに向かってまっすぐ進んでいくことができるでしょう。新しく始めたいことがあるなら、ぜひ5日の新月前後を門出の日にしてみて。きっとあなたらしく、楽しみながら前に進めていけます。見切り発車でもいけると思うならOK。この時期は勢いがあれば、足りない部分をキャッチアップしていけるでしょう。

恋愛運
人との接点が急増します。仕事でもプライベートでも、たくさんの人と熱心に話し込むようなことが増えるでしょう。趣味つながりの人とは、話題が尽きるヒマがないほど楽しい時間にできるはず。リアルだけでなく、SNSでの交流も盛り上がりそうです。ただ、この時期はなぜか「友達止まり」の時間が長く、深まるには少し時間が必要。じっくり恋をしたいタイプのあなたにとってはむしろ嬉しいかもしれませんが、先を急ぎすぎなくて大丈夫です。

仕事運
ハートはアツく、アタマは冷静に。情熱と知性がバランス良く発揮できるときで、新しいチャレンジにも追い風が吹きます。挑戦したいと思っていることがあるのなら、素晴らしい1ヵ月にしていけることでしょう。ただし、「無難にやろう」「安全パイを狙っていこう」などと思っていると、周囲から厳しいツッコミが入ることも。それは、あなたに期待している証拠。小さくまとまることなく、大きく夢を描いていきましょう。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
冴えたひらめきが頭に浮かぶとき。「なんとなくこう思った」という直感が“当たる”ときでもあります。この時期の着想は言葉で説明しがたい、こんがらがった紐のような感情であることも多いのですが、臆することなく人に話してみるといいでしょう。「わかる! こういうことだよね」などと、周囲の人が共感というかたちで言語化してくれる傾向があるようです。アイデアの原石が、どんどん磨かれていくでしょう。

恋愛運
恋には基本的に「いつでもウェルカム」ないて座ですが、今月はどこか及び腰に。お誘いがあっても「ひとりでダラダラ過ごしたほうが楽だな」と思ってしまったり、アプリでもスペックばかりに目がいく自分が嫌になったりすることも。恋は無理してするものではない、というのはあなたもよくご存知ですね。気が向かないときは、自分のために生きるとき。そんなふうに考えて、マイペースでやっていきましょう。

仕事運
ひらめきに富んだ時期だけに、周囲をあっと驚かせるようなアイデアを連発できそう。長くボトルネックとなっていたことを解消したり、ブレイクスルーを起こしたりと、ワクワクするような展開も多いはず。ただ、この時期のアイデアはいささか「粗い」ものであることは確か。正確性が求められる仕事においては想定外の事態を招くこともあるので、入念なリサーチとリスクヘッジも忘れずに。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
「この言い方は、誰かを傷つけるのではないだろうか」そんなふうに、人や社会をフラットに見つめていくときです。自分だけでなく、まわりの誰かのために「そういう言い方はないんじゃない?」と声を上げることもあるかもしれません。ジェンダーやパートナーシップ、家族のあり方など、人が自分らしく生きていくうえでハードルとなることが、世の中にはまだまだあります。そうした“古い壁”を、この時期は打ち壊していけるのだろうと思います。

恋愛運
この11月から2022年3月頭までの4ヶ月間、やぎ座の人には強い愛の追い風が吹き続けることになっています。「ずっとモテ期!」的な運が巡ってくる人もいるかもしれませんが、敢えて申し上げるなら「愛する/愛されるためのレッスン」という言葉のほうが似合うでしょう。あなたがあなたらしく人を愛し、また幸福なかたちで愛されるために、課題となることがあるならこの時期、取り組んでいけます。恋を探している人も、恋にトラウマがある人も、きっとご自分なりの幸せをつかんでいかれることでしょう。幸せになるおつもりで、晩秋から春の季節を楽しんでいきましょうね。

仕事運
同僚や仲間など「ヨコのつながり」が活性化。チームプレイを意識してみるといいときです。10月中はちょっと動きにくさを感じていた人も、ここからは未来が楽しみに思えてくるような展開が増えてきます。今、やっていることは決して「単なる作業」ではありません。「未来につながる努力」です。ちょっと先の自分が回収する伏線をたくさん、たくさん張っていけますので、そのつもりで楽しんでいきましょう。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
11月、12月は非常に勢いのある好調期。2021年の“主役”であるみずがめ座がいよいよ本領発揮、「やれることは全部やる!」くらいの勢いでいると、この時期の運をフルに活かし切ることができるでしょう。やる・やらない以前に、すでに忙しすぎて身動きが取れない! という人は、いい運気の波に乗れている証拠。意味のある忙しさですから、この先必ず報われると信じて力を尽くしていきましょう。

恋愛運
結婚を強く意識したり、別々の人生を歩む決意を固めたりと、人それぞれに人生の節目となるようなイベントが起こることが多い時期。「自分が望む幸せとは何か?」を考えたとき、それが世間一般でよく語られる“幸せ”とは違っていても、ぜひ自分の幸せを大切にしてください。それ以上に優先すべきものなんて、ひとつもありません。あなたが本当に望むものを追いかけたとき、それに見合う幸運も訪れるのだろうと思います。

仕事運
「勝負」の時期。望むキャリアに直結するようなチャンスをつかむ人もいれば、胸が震えるようなオファーをもらう人もいるでしょう。この時期は、あなたにしては珍しく(?)周囲からの評価が気になって仕方がないところがあるようなのですが、周囲は「あなたらしい仕事」に期待しているようです。正解に合わせにいくよりも、自分がベストと考えることに、照準を合わせていけると素敵です。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
「理想が高い」という言葉はどこか、非現実的で分不相応な夢というニュアンスが含まれます。ただ元来、高い理想を胸に抱くからこそ乗り越えられるハードルもあれば、たゆむことなく続けられる努力だってあるはずです。この時期、あなたが描く理想は非常に高く、しなやかな強さを持っています。今のあなたを何よりも鼓舞し、未来に向けて駆り立ててくれるものでしょう。

恋愛運
遠慮なんてせずに思い切り笑って、なんでも話し合えるような、風通しのいい恋ができるとき。今までのどんな恋よりも、自分が等身大でいることを感じられる人は多いでしょう。シングルの人は、友人・知人に急に惹かれ始めるなど「まさかの展開」が多くなるかもしれません。進展はゆっくりですが、あなただから見つけられるその人の光やあたたかさが、あると思います。

仕事運
スケールの大きな発想で、どこまでもアイデアや視野、イメージを広げていける面白さがある時期です。誰かの指示を待つよりも、自分から課題を見つけて行動を起こしていくことで、仕事はどんどんおもしろくなってくるでしょう。現実を見据えたとき、あなたが描いた大きなビジョンは少し小さくしたり、一部だけが切り取られたりするのかもしれません。でも、そこに息づくあなたの魂は、決して消えることはないのだろうと思います。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事