メイク崩れも怖くない! 化粧直しの基本的なやり方から季節の対策まで解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝しっかりメイクをしたのに、午後になるとテカりやヨレが気になる! なんて人は多いのではないでしょうか。特にマスク習慣においては、摩擦や湿気による乾燥で、よりメイク崩れが起きやすくてなっています。だんだん気温が上がるにつれて、汗や皮脂も不安材料に加わって、どうしたらいいの?

そんな不安を安心に変えるべく! 今回は、化粧直しの基本的なやり方、そして季節に応じた化粧直しの方法を詳しく解説していきます!

メイク崩れの原因は

「化粧直し」と言っても、そもそもどのようにしてメイクが崩れるのかわからないと、正しい直し方がわかりません。まずはメイク崩れの原因をしっかり知り、その後に基本の化粧直しのやり方を覚えましょう。

メイク崩れは主に、汗・皮脂・乾燥によって起こります。

・汗
夏メイクの天敵である汗は、ほとんどが水分です。そのため水に弱いメイク、例えば粉体のパウダーファンデーションやフェイスパウダーなどは、汗と一緒に流れてしまいます。

・皮脂
皮脂は汗と混ざり合うと顔がテカる原因に。化粧品はほとんど粉体と油分でできているため、メイクが汗や皮脂と混ざり合うと崩れ、ヨレてしまいます。

・乾燥
冷暖房や扇風機による風、紫外線、そして長引くマスク習慣などで肌は乾燥してしまいます。水分がなくなった肌では、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌してテカりに、そして皮脂がメイクと混ざり合ってヨレにつながります。

メイクが崩れないようにするには、まずそもそも日頃のスキンケアを見直して、肌の土台を整えることが大切です。寝る前の保湿対策でうるおいをたっぷりチャージしましょう。そして朝のメイク前は基本的なケアをしたら、ティッシュペーパーなどで軽く顔を抑えて、肌表面のべたつきをオフ。この一手間をかければ、化粧下地やファンデーションのムラができにくくなります。

化粧直しのやり方(基本編)

大体、化粧直しが必要になるタイミングは、午前の仕事や授業が終わって、昼食を食べ終わった後です。化粧直しは、ベースメイク、アイメイクにかかわらず、崩れた箇所の上にそのままメイクを重ねるのはNG! きちんと綿棒などで、ヨレてしまった箇所をキレイにオフしてから直しましょう。ではいよいよ基本的なポイントメイクの化粧直し方法を解説します。

気付いたら、眉がなくなっていた!なんてこと多いですよね。眉のあるTゾーンは皮脂腺が多く、崩れやすい箇所です。余分な油分をティッシュオフした後、ルースパウダーやフェイスパウダーをスポンジで眉全体を押さえて、マットな状態に仕上げましょう。全体が薄くなっていたらパウダーやペンシルで書き足し、眉尻だけが消えていたらリキッドタイプで補正します。

目元

目元はアイシャドウ、アイライン、マスカラとメイクが混みあう箇所ですが、一方皮膚が薄く繊細なパーツです。化粧直しには細心の注意を払いましょう。

・アイシャドウのにじみ
にじんだ箇所は、乳液や美容液をつけた綿棒でやさしくオフし、フェイスパウダーをなじませた後に、メイクを足します。午後、目が沈んで見えるときは、アイホールのくぼんだ部分に、肌のトーンを明るく見せる練り系のピンクアイシャドウを重ねて、くすみを飛ばしましょう。

・目の下のパンダ目対策
乳液、コンシーラーやファンデーションを含ませた綿棒でやさしく拭うだけでOK。市販のリムーバーを含んだ綿棒も便利です。

・消えたアイラインを復活
目尻の三角形部分は涙や皮脂がたまりやすいので、アイラインを書き足したら、ルースパウダーを重ねます。するとピタッとお粉止めでき、キープ力がアップ!

口もと

リップが色落ちしたとき、ただ塗り重ねるのではなく、一度ティッシュオフして保湿するときれいにカラーが復活するのでおすすめです。まずは唇に残ったリップや角質を軽く取り除き、リップクリームで保湿して、再度軽くティッシュで余分な油分をオフします。

唇の周りにフェイパウダーをなじませて、くすみを消したら、最後にリップをのせて完成です。可能であればリップ下地を仕込むと、リップの発色が長持ちするだけでなく、唇がふっくらして、タテジワを目立たなくさせてくれますよ。

化粧直しのやり方(ファンデーション編)

Set with Crashed beige face finishing, bronzing and liquid serum powder, zero waste wood finishing powder brush isolated on white background

肌を美しく仕上げるベースメイクは、ポイントメイクを支える土台なので、化粧直しするときは必ず崩れていないか確認してください。メイクが崩れる原因は、汗・皮脂・乾燥にあるので、まずは保湿することから始めましょう。

1)ミスト化粧水を顔全体に吹きかけてティッシュオフ
乾燥対策や化粧直しに重宝するミスト化粧水。メイクの上から顔全体に数回吹きかけます。顔が潤い、ミストが顔になじんだら、肌にティッシュを当てて手で軽く押さえると、余分な皮脂をオフできます。

2)乳液をつけたスポンジでヨレをならす
乳液をつけたスポンジをトントンと肌に軽くたたいて、小じわの目立ちや細かな部分のヨレなどを整えていきます。スポンジが浮いたファンデーションが吸着していくので、肌をすっきりとリセット!

3)部分的にファンデーションをなじませる
ファンデーションは顔全体に塗るのではなく、ヨレたところなど気になる部分に少量ずつのせていくのが化粧直しの基本です。パウダーファンデーションは粉体で汗に弱いので、化粧直しには密着力の高いリキッドファンデーションやクッションファンデを使用しましょう。なぞるのではなく、スポンジや指などを使って、トントンと軽く叩きながらなじませていきます。

その際にスポンジをミスト化粧水で湿らせておくと、ベースメイクの密着力が高まるので、ぜひ試してみてください。軽く仕上げたい人は、ファンデーションの代わりにルースパウダーやフェイスパウダーを使用するのもおすすめです。ファンデーションの塗りムラを防ぐことができて、より自然な仕上がりになります。

4)フェイスパウダーで蓋をして終了!
最後にメイクの密着力を高めるために、フェイスパウダーを重ねたらベースメイクの化粧直しは終了です。さらにハイライトでツヤ感を、チークで血色感をプラスすれば、顔の印象が明るくなり、午後も生き生きとした表情になりますよ。

化粧直しのやり方(鼻のテカリ編)

顔の中心にある鼻がテカると、悪目立ちしてしまいますよね。鼻のテカりは、皮脂の過剰分泌によって起こるもので、原因はさまざまです。鼻がテカらないようにする予防メイクと、テカってしまったときの化粧直しの2つを今回ご紹介します。

鼻のテカり予防メイク

鼻のテカりを予防するには、メイク前の保湿が大切です。小鼻だけ毛穴を引き締める収れん化粧水を使用して、立体的な小鼻をまんべんなく保湿しましょう。化粧下地には皮脂崩れ防止成分や、皮脂吸着成分が配合されているものを選ぶと、テカりや油分過多による化粧崩れを防ぐことができます。マットな仕上がりのサラサラ質感のものを重視しましょう。

そしてファンデーションの厚塗りはNGです。パウダーやリキッドなどの種類は問いませんが、顔全体をまず塗った後、最後の残りで小鼻周りを軽く叩くようにして塗りましょう。化粧水や水を含ませたスポンジを使うと、メイク後、水分が蒸発するときにファンデーションをより密着させてくれます。さらに蒸発時に肌表面の温度を下げてくれるため、毛穴がきゅっと引き締まりますよ。

鼻がテカったときの化粧直しのやり方

基本的に方法は、ベースメイクと同じです。まずはミスト化粧水で顔全体を潤した後にティッシュで余分な油分をオフ。乳液をつけたスポンジで浮いたファンデーションを取り除きます。その後、ヨレた箇所にコンシーラーを薄く載せて、指やスポンジで軽くたたきながら、しっかりなじませます。塗りすぎは禁物で、あくまでも自然な仕上がりを目指しましょう。仕上げにルースパウダーやフェイスパウダーをふわっとのせれば完了です。

詳しくはこちらも併せてご覧ください。
【鼻の油に悩む人へ】鼻のテカリの原因は?改善方法やメイク方法も解説

化粧直しのやり方(乾燥対策編)

冷暖房や紫外線、空気の乾燥、マスク習慣などを原因に、肌の乾燥は季節問わず起こりうるものです。肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂の分泌が多くなります。さらに皮脂がメイクと混ざり合うとメイク崩れの原因に……。メイク崩れを防ぐためにも、すぐにメイクの上から潤いを補給できるミスト化粧水などを外出先でも携帯しておくと安心です。そのほかにも乾燥によるメイク崩れの化粧直し方法をご紹介します。

乾燥時期の化粧直しは丁寧な「保湿」から

肌の乾燥が気になる時期のメイクは、丁寧な保湿が大切です。朝晩のスキンケア対策はもちろん、化粧直しのときも丁寧な保湿を心掛けましょう。ベースメイクの化粧直し方法は、基本のやり方とほぼ同じ流れです。そこにさらに、保湿力の高いアイテムをプラスしてしっかり乾燥肌対策をしましょう。

1)ミスト化粧水を顔全体に吹きかけてティッシュオフ
メイクの上から顔全体に数回吹きかけ、水分を肌の奥まで押し込むイメージでハンドプッシュをします。ミストが顔になじんだら、肌にティッシュを当てて手で軽く押さえると、余分な皮脂をオフ。潤いが足りないと感じたら、再度ミストを吹きかけてハンドプッシュをしましょう。

2)乳液をつけたスポンジでヨレをならす
乳液をつけたスポンジをトントンと肌に軽くたたいて、小じわの目立ちや細かな部分のヨレなどを整えていきます。

3)ポイントの保湿には、保湿バームもおすすめ
目元や口元などポイントでカサカサが気になる場合は、スティック状に美容液を固めたもので、保湿力の高いバームをプラスするのもおすすめです。コンパクトサイズなので持ち運びも簡単で、メイクの上からも利用できます。気になる箇所にバームをなじませて、保湿してからファンデーションやポイントメイクをのせると、きれいに仕上がります。

4)部分的にファンデーションをなじませる
ヨレたところなど気になる部分に少量ずつ、ファンデーションをのせて化粧直しをします。乾燥時期は、ツヤ肌に仕上がるクッションファンデを使用すると、保湿&ツヤ効果で肌がうるおった印象に!

5)フェイスパウダーで蓋をして終了!
仕上げのフェイスパウダーは、保湿成分が含んだものを選びましょう。乾燥で肌がデリケートになっている人には、ミネラルなどの成分が含まれているものもおすすめです。

6)ポイントメイクの化粧直しも基本は同じ
ヨレたポイントメイクを落とす際は、乳液など保湿成分が高いものを使用します。ただし余計な油分が残ったまま、メイクを重ねるとまたメイク崩れの原因になりますので、ティッシュなどで余計な油分をオフしてから化粧直しをしましょう。

化粧直しのやり方(夏の汗対策編)

夏は汗でメイクが流れてしまいがち。日本は湿度も高いのでベタベタ肌になりやすく、化粧直しも大変です。そこで夏場にぴったりな化粧直しのやり方を2つご紹介します。

H3スグなんとかしたい派の化粧直しポイント

化粧直しをしたい!けれども時間がない!人は、こちらの方法で応急処置をしましょう。

1)べたついた肌は全体の汗とメイクの浮きをティッシュでオフ
スポンジをティッシュペーパーで包み、肌全体をやさしくたたき込んで、汗やメイクの浮きをオフします。

2)ファンデーションがヨレヨレの人は、スポンジを軽く湿らせて叩き込む
スポンジに水、もしくは化粧水をスプレーで吹きかけて軽く湿らせてから、肌全体をたたきこんで、ヨレたファンデーションを均一にならしていきます。夏場はファンデーションを重ねると、再度メイク崩れがあったときに目立つので、なるべく使わないようにしましょう。

3)汗の跡ができた人は、少量のパウダーファンデーションを重ねる
ティッシュオフ後に、汗の跡を発見したら、なにもついていないスポンジで汗の跡をたたきこんで、境目をぼかしていきます。サラサラ仕上がりのパウダーファンデーションを薄くスポンジにとって、汗の跡に沿って滑らせるだけでOK。崩れてない場所は触らないようにしましょう。

H3メイクをやり直したい派は外出先でプチクレンジング!

もうヨレヨレで今すぐ全部メイクをやり直したい!人は、外出先でできるプチクレンジングで化粧直しをしましょう。

1)水クレンジングでべたつくメイクをオフ&肌を保湿
水タイプのクレンジングをコットンにたっぷり含ませて、肌全体を拭き取ります。ポイントメイクはそのままに、ベースメイクだけを拭うだけにしましょう。クレンジングと保湿が一度にできるので、時短につながります。

2)いつものようにベースメイクを行う
クレンジングした後は、いつものように化粧下地~ファンデーション~フェイスパウダーとベースメイクを仕上げていきます。マスクをつけているときでも、夏場はきちんと紫外線対策としてUV効果のある化粧下地を仕込むのが大切です。夏場は汗に強いリキッドやクッションファンデーションを選び、フェイスパウダーを軽く載せて仕上げましょう。

まとめ

季節にはよって異なりますが、化粧直しにコスメ一式は必要ありません。また、朝メイク時に使用したラインナップとは少し違うので、化粧直しに必要なアイテムだけをポーチに入れて持ち歩きましょう。

【化粧直しにあると便利なアイテム】
・ティッシュ
・ファンデーション(クッションファンデがおすすめ!)
・ミスト化粧水
・乳液もしくは美容液
・(保湿バーム)
・綿棒
・使い捨てのスポンジ
・コットン
・ルースパウダーもしくはフェイスパウダー など

だんだん自分の崩れやすいパーツ、崩れ方がわかってくると、必要なアイテムも定まっていきます。仕事場で自分の持ち物を置くことができれば、かさばるものはそこに常備しておくと安心です。試供品やトラベルサイズなど、持ち運びやすいミニサイズのコスメは、ポーチ用に探してみましょう。

化粧直しは手間ですが、肌を保湿してメイクを美しく仕上げれば、午後も気持ちをシャキッとできます。なんといってもふとしたときに鏡や窓ガラスに、きれいな自分が映るのは嬉しいものです。「もっと輝け、自分」そんな想いを込めて、ぜひ化粧直しを楽しんでみてください。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の関連記事