いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2022年3月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

3月の星回り

6日を境に、パッと局面が変わります。長い人では昨年の秋から、短い人でも1月末あたりから続いてきた「ひとつの流れ」が、次のフェーズに移行するのです。恋愛でも仕事でも、現状に固執することなく気分に合わせて立ち位置や行動を変えてみてはいかがでしょうか。コロコロ変えることは良くないことのように言われることもありますが、生物は変わることを選択して進化してきました。この時期のあなたが変わる、変えることを選択するならば、それはただの気まぐれではなくて「成長」というものだと思います。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
忙しい日々が一段落、プライベートに余裕が持てるようになります。ここのところ「脇目も振らず突っ走る」ような日々を夢中で過ごしてきた人も多かったでしょう。頑張って来ましたね。3月は友達からのお誘いが増えたり、これからのことをあれこれ思い描いたりと、羽を伸ばすような時間も増えるでしょう。心をふわふわに解きほぐして、自由にのびのび未来予想図を描いていきましょう。

恋愛運
恋のきっかけは身近なところにありそう。「灯台下暗し」という通り、友達や仲間に対して急にときめき始めることも。ひょんなことで意気投合して一気に関係が進むこともあるのですが、一時の激情まかせで動くと「熱しやすく冷めやすい」関係になることも。そうしたワンナイトも楽しめるならOKですが、長く付き合いたい相手とは心を分かち合う時間も大切にできるといいですね。

仕事運
1月末から続いていたハードな日々は、3月上旬でいったん落ち着く予定。キャリアにおいて大きな挑戦をしている方も多いと思いますが、もしまだ頑張りたいことがある場合は、6日までに全力で力を尽くしてみるといいと思います。特別に頑張れる一瞬が、月初に据えられているからです。それ以降は人間関係が好調に。同僚とタッグを組んで「戦える」ときです。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
ばたばたと忙しくなってきます。学びから実践へ、思考から行動へ、内向的なスタンスから外向的なスタンスへと明確なシフトチェンジが起こるので、今だと思ったならどんどん行動に移してみるといいでしょう。あなたは物事を変化させるより、安定させるほうがお得意な人。ただ、星が後押ししてくれる時期ですから、不思議なほどためらいなく、むしろ前向きに変化の波に乗れると思います。

恋愛運
情熱や時間を仕事に全部投入しがちなので、その分恋は手薄に。パートナーがいる人は、デートやふたりの時間にはちょっぴり仕事を忘れるよう意識してみて。恋を探している人は、仕事で気になる人が見つかる可能性も。今は「チャンスがないな」と感じるかもしれませんが、まずは仕事に全力投球してみるといいでしょう。その姿が、相手にとっても好ましいものに映るはず。下手にチャンスを作ろうとするよりも、よっぽどいいはずです。

仕事運
キャリアにおける挑戦の季節がスタート。1ヵ月を通して大きなチャンスをつかみやすいときなので、積極的に行動するといいでしょう。転職を考えている人は、上旬の情報収集にツキがあります。スピード勝負の時期なので、積極的に行動を起こしていけると素敵です。一方、業界や会社、部署などの古い慣習や独自ルールを変えていきたいという思いが募るかも。まずは同じ志を持つ仲間を集めるところから始めて。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
久々に大きく伸びをして、胸いっぱいに空気を吸い込めるような、とびきりの開放感を味わえるタイミング。1月末から、ちょっと「自分らしくない選択」を強いられることも多かったかもしれませんが、ここから先は自分のペースでいけます。根拠はなくとも「きっとうまくいくはずだ」という展望が持て、それが実際に物事を幸運に向かわせていったりもするでしょう。

恋愛運
ここ数ヶ月というもの、自分の恋愛観や欲望、ちょっとブラックな気持ちなど、やや生々しいものをじっと見つめる時期でした。どんな感情にも、善悪や正誤があるわけではありません。だから否定しないで、おさえつけないで、ただ見つめるだけの時期というのはとても大切なんですね。6日以降、見つめた「先」の物語が始まります。飾らない自分の願いを胸に「これは自分の幸せにつながるか?」ということを考えながら、前に進んでいけると素敵です。

仕事運
結果を出したい、という思いが強くなるタイミング。ただ数字を追うばかりではなく、感謝されたり社会貢献につながったりと、理想を叶える頑張り方ができそうな今月。そうしたあなたの気持ちにぴったりフィットする場所やチャンスとご縁ができやすいときでもあるので、貪欲に頑張ってみると素敵です。踏み出したところに、ちゃんと道ができていきます。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
人間関係が一歩、深いものになりそうな時期。ここまで関係を築いてきた人たちの内面や、オブラートに包んでいる物事に深く“踏み込む”ようなことがあるのかもしれません。ここまで我慢を積み重ねて来た人であれば、ちょっと爆発したくもなるような出来事もあるのかも。ただ、それをやって得になることってあんまりないんですね。相手の話を聞いて、自分の気持ちも話して、時間をかけてお互いをわかっていけると素敵です。

恋愛運
順調に関係を育んでいるカップルは結びつきが強まる好調期。「この人とずっと一緒にいたい」という気持ちを持ち合える、いい春にしていけるでしょう。ただ、もし相手の気持ちが見えなくなっている場合は、モヤモヤが募って気持ちもこじれてしまいがちに。愛が執着に変わってしまっている場合は、ちょっとクールダウンの期間を置くのもいい選択です。シングルの人は人選ありき。幸せになれる相手かどうかよく見極めて。

仕事運
集中力と思考力に恵まれるとき。ともすれば「成果や結果につながらないことをメチャクチャ頑張る」ということにもなりやすいのですが、「広い視野で物事を見たあと、やるべきことを絞り込んでとことん集中する」といったふうに戦略的にやってみると、ポテンシャルを活かすことができるでしょう。タスクが曖昧だと迷いやすいので、まずはやるべきことを洗い出してみて。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
対人運が活性化。パートナーや仕事上でよくタッグを組む人など、接点が多い人と結びつきを強めていけるでしょう。話し合いの必要がある場合は、月初の10日間がカギに。お互いにハラを割って、対等な目線で話し合うことができたなら、必ずいい結果につなげていけます。

恋愛運
感謝や信頼をベースにパートナーシップを強めていける、素晴らしい時期にあたっています。ふたりのこれからについて。前向きな話が出てくる人も多いでしょう。今は恋を探している途中という人も、未来を想像できるような誠実な人との出会いが期待できそう。世の中の状況次第ではありますが、感染対策はしっかりしながらも人との接点を増やしていけると素敵です。

仕事運
交渉や調整、相談事など、意見交換により物事を決定する場が多くなりそう。今のあなたはコミュニケーション運が高まっているうえ、自分にとって有利な結論を導く説得力もそなわっています。「こうしたい」という方向性をしっかり持って、どんどん意見を出していくといいでしょう。場合によっては難しいプロジェクトに大抜擢されたり、昇進の打診があったりする人もいるかもしれません。前向きに話を聞いてみるといいでしょう。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
人間関係に爽やかな追い風が吹くときです。会話の総量が増えたり、会う約束をしたりする人はとても多いことでしょう。難しい交渉も、この時期ならうまくまとまっていくはず。ただ、こうした時期だけに気疲れする部分も多そう。無理をしすぎると過労に陥る暗示も出ていますから、オンとオフのメリハリをしっかりつけて過ごせると素敵です。春を楽しむためにも、自分をいたわって。

恋愛運
カップルの人は相手の笑顔のために「自分にできることをしてあげたい」と思うとき。これは決して「お世話をする」「家事ができるほうがモテる」といった話しではありません。相手が幸せで快適があるように頑張りたい、という思いが、ふたりの結びつきを強めていくのですね。恋を探している人は、新しい出会いに期待できそう。妙に話が合う人がいたら、4月以降に進展が期待できるかも!?

仕事運
6日以降、ちょっぴりハードな日々になりそうな見通しです。やるべきことが山積みで、ストイックに頑張らざるを得ない状況になる人が多いかも。責任感の強いあなたのことですから、器用に手を抜くなど想定に入っていないでしょう。心も体も健康的に仕事をするためには、月初の10日間がカギに。ここでやるべきことを洗い出し、ダンドリをつけましょう。そして、無理なことはこのタイミングで調整をはかること。ダメ元でも、まずは相談してみることから見えてくる道もありそうです。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
遊び心がスパークし、趣味や今ハマっていることに全力で飛び込んでいく楽しい時期。オン・オフの切り替え上手になれるときでもあり、「やるべきこと」と「やりたいこと」を両方楽しんでいけるはずです。18日の満月前後では、長い間抱えてきたお悩みが「もう、いいかな」と自然に手放せるようになる人も多そうです。起こった過去は変わらなくても、あなたはちゃんと、自分の心をケアし続けてきたのだろうと思います。意識的にせよ、無意識的にせよ。

恋愛運
6日、愛いっぱいの情熱のシーズンが始まります。ここ数ヶ月、守りに入りがちだった人も、モードがパッと切り替わることでしょう。パートナーがいる人は、出会った頃のようなときめきを感じながら楽しんでいけるはず。今は恋を探している途中という人も、「幸せになる」と決めて前向きに人と接点を持っていきましょう。この時期は、自分から動いてこそ幸せをつかめるときです。

仕事運
誰を笑顔にしたいか、どんなときに「ありがとう」と言われたいか。これらを明確にイメージしてみると、仕事に対するやりがいやアイデアが湧いてくるときです。頑張りたいことがある人は、まずは計画ありき。ひとつひとつこなすことで自信がつき、周囲の信頼も得られるでしょう。ここまで少々無理をしがちだった人は、ワークライフバランスの調整に力を入れてみて。今なら話も通りやすいはずです。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
安定を望む気持ちと冒険心、「普通でいい」という現状維持の発想と「普通じゃつまらない」という未来への期待。こんなふうに、相反する気持ちが同居する1ヵ月。どちらか一方を無理に選択する必要はまったくありません。いろんな思いが同居するのが今という時期なのですから、そのときどきの自分の気持ちに正直でいましょう。月末にはきっと、自分の考えが定まってくるはず。

恋愛運
一緒にいてホッとするような相手や、穏やかな日常を一緒に過ごすことが魅力的に思えるとき。パートナーがいる人は、春の陽射しのようにぽかぽかとあたたかい関係を築いていけるでしょう。恋を探している人は、持ち前の優しさを出していくことできっかけをつかみやすいとき。自分がリラックスして過ごせる場所やムードを大切にできるといいですね。

仕事運
仲間と息を合わせて頑張っていける楽しい時期。時流に乗って新しいことにチャレンジするよりも、自分や会社の強みをベースに頑張ったほうが有利な時期です。特に、クリエイティブなお仕事に従事している方は頑張りどき。SNSでの情報発信に力を入れたり、言葉を尽くして制作の意図を語ったりすると、今後の仕事に広がりが出るでしょう。営業をかける! というよりも、楽しみながら話をすることも大事なポイントです。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
対人運とコミュニケーション運が急上昇。あちこちからお誘いや連絡が飛び込んできて、身辺がにぎやかになってきそう。面白そうと思ったことにはどんどん飛び込んでみると、面白い春になりそうです。語学や資格取得など、学んでみたいテーマがある人は6日以降にスタートするとやる気が持続。モノになる可能性も高いはずです。

恋愛運
人との関わりが増える時期だけに、「いいな」と思える人が何人か現れそう。すぐに恋に直結しそうな要素がないように思えても、それでOKです。今は進展を狙うよりも、たくさんコミュニケーションをとってお互いへの理解を深めていくとき。それでこそ、今後の可能性も見えてきます。すぐに進展する関係ばかりに価値がある、というわけではないのですよね。カップルは近場デートにツキがあります。

仕事運
活発な議論が生まれ、仕事が面白くなってくるとき。物怖じせずに質問をして、あなた自身もたくさん話ができると充実するでしょう。世の中の状況にもよるでしょうが、できればフットワーク軽く動き回ることで“使える”アイデアが浮かびます。感染症対策に力を入れつつ、行動範囲を広げていけるといいですね。18日前後、ここまで頑張ってきたことが報われる暗示も出ています。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
6日を境に、ふわりと気持ちが軽くなりそうです。振り返ってみれば昨年から今年にかけて、やぎ座には複数の星が集中したり、金星や水星という影響力の強い星がイレギュラーな動きを見せたりと、なかなか気持ちに負担がかかりやすい時期が続いていました。いいこともたくさんある一方で、どこか緊張を強いられていた方も多かったことでしょう。ここからは、自分のペースを取り戻していけます。頑張った自分を、たくさんねぎらってあげてください。

恋愛運
恋は安定モードに。ふたりでこんな生活をしたい、こんな関係性でいたい……と想像が豊かに広がっていく時期です。恋を探している人は、人を見極める目がちょっぴりシビアになるかも。ただ、それは決して打算的という意味合いではなく、「自分に合う人がちゃんとわかっている」ということだと思います。自分の目に自信を持って大丈夫です。

仕事運
1月下旬から、追い立てられるように忙しい日々が続いていたやぎ座さん。今月頭にはプレッシャーから解き放たれ、自由度が増してくるでしょう。スキルや知識に磨きをかける人も多そうです。この時期のインプットや学びは、仕事ですぐに活かせるのが嬉しいところ。「いつかちゃんと勉強しなくちゃ」と思っていたことがあるなら、ぜひ前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運

6日、パッと運気が活気づいてきます。「愛と美の星」と呼ばれる金星と、「情熱と拡大の星」と呼ばれる火星が、同時にあなたの星に巡ってくるのです。特に何かあったわけではなくともやる気が出てきたり、楽しくなってきたりする人はとても多いでしょう。心が動くその方向に、全力で飛び込んでいくと物事が好転することも多いはずです。

恋愛運

全体運のところでも触れたように、「愛と美の星」と呼ばれる金星が巡ってくることで恋には前向きな追い風が吹き始めます。昨年秋から、不器用な気持ちを抱えて苦しかった人も多かったでしょうか。頑張っていらっしゃいましたね。ただ、自分の気持ちとしっかり向き合った時間は決して、無駄にはならないはずです。あなたらしい恋をしていくために、必ず役立ちます。おそらくは、今月からさっそく。

仕事運

情熱と理屈がうまく噛み合うようにして、仕事に前向きな動きが起こるでしょう。ともすれば合理的・効率的に過ぎて、人の心の機微は二の次になりがちな星回りなのですが、今のあなたなら大丈夫。ビジネスの視点も、相手の心への思いやりも、自分のプライドも、どれも大切にしていけます。厚みのある、豊かな仕事をしていけるに違いありません。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
言葉の力を味方にできるとき。ずっとモヤモヤとしていたことにしっくり来る言葉が見つかったり、説明上手になれたりと、明晰な頭脳で人とコミュニケーションを取れるでしょう。ちょっぴり話しすぎるきらいはありますが、人は言葉を使ってこそ、分かり合うことができます。その喜びを胸いっぱいに感じることができる、さわやかな春となるでしょう。

恋愛運
ちょっと不器用になりがちな時期です。大好きなのに素直になれなかったり、不満を溜め込んでは爆発してしまったりと、自分でもどうしたのかと思うような場面も多そうです。つい自己否定に走りたくなるかもしれませんが、これらがうまくできたからといって恋がうまくいくというわけでもありませんね。幸い、言葉で表現する能力は高まるときです。「今、あんまり素直になれないみたい」「いろいろ溜め込んじゃってるみたい」など、言葉で今の自分を伝えられると、こうした時期にしかできない絆の強め方ができるでしょう。

仕事運
トークが冴え、頭の回転は早く、スピーディーに行動できる時期。勢いが重視される業務では大活躍間違いなしです。ただし万能というわけではなく、じっくりと物事を掘り下げたり、過去の事例に丁寧にあたっていったりする作業では今ひとつ冴えた仕事がしにくいよう。ディスカッションをして人の視点を取り入れたり、いつもより時間をかけて取り組んだりと、工夫をするとうまく乗り切っていけると思います。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧
この記事の関連記事