いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2022年5月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

5月の星回り

5月11日、「幸運と拡大の星」と呼ばれるラッキースター・木星がおひつじ座に移動。それにより、12年にわたる新しい幸運のサイクルが華々しく幕を明けます。とはいえ、5月10日からは「知性とコミュニケーションの星」と呼ばれる水星が逆行と呼ばれる動きを見せるため、「スタート!」感は少し薄めかも。自分にとっての幸福とはどういったものか、そのために何をしたいのか。過去を振り返りながら、確かめるように前に進み始める人が多いのかもしれません。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
11日、ラッキースター・木星があなたの星座に巡り、運のリターンが高まりやすい時期がスタート。「何もしなくてもいいことが起こる時期」というわけではありません。「幸運と拡大の星」というのは、幸運が多く巡るのと同時に、それをつかみやすく結果も出やすい時期、という意味。だからこそ、自分にとっての幸福をしっかり把握し、行動を起こしていくことが大事になります。おひつじ座のあなたなら、きっと大丈夫ですね。

恋愛運
「愛と美の星」と呼ばれる金星が巡り、持ち前の魅力がいつも以上に引き立つとき。さらに11日からは木星も巡って、ラッキースターが揃い踏み。恋愛に強い追い風が吹く1ヵ月です。水星のコミュニケーション力が少し弱る時期なので、相手の気持ちがわからなくなったり、メッセージの返信を待たされたりともどかしいこともあるかもしれません。ただ、何もかもが飛び去るように過ぎていくスピード社会のなか、恋くらいゆっくり楽しんでみませんか。そんなスタンスでいると、うまくいくでしょう。

仕事運
「やりたいこと」と「できること」の間で迷いが生まれそう。幸運期であることに違いはないのですが「昔のほうがよかった」と思えたり、今からでも学びを始めたほうがいいのかと焦ったり、いろいろな気持ちが交錯します。ただ、はっきりとした決断は来月以降のほうが確実。好調期ゆえに仕事のオファーは多いはずですから、今は迷いながらも目の前の仕事に没頭してみてはいかがでしょうか。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
1日、おうし座で部分日食が起こります。日食は「スタート」の意味を持つ新月の特別版。影響する時期も長く、向こう半年くらいと言われています。今回の部分日食では、アイデンティティを塗り替えるような、大きな「スタート」が心のなかで起こります。このままではいけない、そう思ったことは力強く、ゼロベースからテコ入れしていくことになるのでしょう。心の声をよく聞いて、力強く一歩を踏み出して。

恋愛運
ハッピーな恋をしたいという気持ちが胸いっぱいに満ちているのに、なぜか自分らしさを出していけないとき。でも、あなたのなかには「不器用だから」なんて言い訳っぽい言葉では済ませたくないほど、真摯に考えていることがあると思います。今月は、出会おうと頑張る前に、まずは自分の本心とよくよく向き合ってみるとよさそう。自分にとっての「幸福な愛」は、どういうものか。そうすることで、月末にキュッと上がる恋愛運を活かしていけるはずです。

仕事運
所属する組織や業界のなかで「あたりまえ」とされてきたことに強い違和感を抱くとき。こんなのはおかしい、自分の世代で終わりにしたい。そんな思いから、改革に乗り出す人は多そう。いきなり組織を変えようとしなくても、まずはあなたが変わってみるというのもいい選択。Noと言うことを、おかしいことをおかしいと言うことを、どうぞ恐れないで。痛みに慣れて、自分をすり減らしてしまう前に。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
ふたご座を力強くサポートしてくれる存在である水星が、10日以降はちょっとイレギュラーな動きを見せます。これにより、コミュニケーションにおいてもどかしさを感じることが増えたり、過去のことばかりがやたらと思い出されたりと、自分に違和感を覚える人が多いかもしれません。ただ、心残りがあることにリベンジしたり、かつての知人に再会したりと、過去に関する面白い出来事も。良くないことばかりに目を向けず、今を楽しんでみるといいでしょう。

恋愛運
今まで単なる友人や知人としか思っていなかった人の、以外な一面を目の当たりにすることに。あるいは、その人の過去の言動に「そういうことだったのか!」と納得がいったり。こうした、驚きをともなう発見が恋に変わるようなことがありそうです。しかし、この時期は友達止まりになりやすく、とんとん拍子にとはいかないケースが大半。ただ、一緒に楽しい時間を過ごすことで、将来への“種まき”ができるはずです。

仕事運
キャリアにおけるチャレンジシーズンは、今月いっぱい継続の見通し。将来の見通しもだんだん明るくなってきますので、さらにやる気は高まっていくでしょう。ただ、水星の関係でデータを取り違えたり、アポイントメントが行き違いになったりと、ハプニングは多そう。頑張りたいときほど、時間に余裕をもって行動しましょう。仲間に恵まれる時期でもあるので、きっと大丈夫。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
仕事にも愛にもインパクトの強い出来事が起きやすい時期。基本的に好調期ではあるのですが、運が飛び交うような雰囲気のなか、無意識のうちに迷いを抱えていたり、思考が堂々巡りを繰り返したりする状態になりやすいかも。「ピンときた」「言葉では説明できないけどわかった」などといったカン頼みで行動すると、思わぬところで足をすくわれかねません。今はカンよりも、敢えてその正体をはっきりさせてみることのほうが、運にはプラスになりそうです。

恋愛運
月の中旬、愛が大きく「満ちる」タイミング。ここから半年くらいは、愛についてインパクトの大きな出来事が増えそうです。特に恋を探している人、片思いの人など、これからカップルになりたい人は嬉しい出来事が増えるでしょう。ただ、思いがけない方向に「満ちる」ことがあるのもこの時期の特徴です。気持ちも大きく揺らぎますが、自分も愛する人も尊重することからは、目をそらさずにいましょう。

仕事運
キャリアに強い後押しが加わるとき。あなたは今後、どんなキャリアプランを射程距離に入れていますか。現状維持のまま上を目指すのか、転職や独立により違うプランを想定しているのか。どれもそれぞれに魅力があるはずですが、10月頃まではどんなに欲張りに夢を追いかけても、欲張りすぎということはありません。ただ、出世するだけが、ガンガン働くだけが幸せというわけではないのもまた事実。そうした人にも、自分にぴったりの働き方を見つける風が吹きます。だから、今向き合っておくことに価値があります。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
大きな理想が胸に浮かぶタイミング。他の人が見れば「野望」と思うかもしれませんが、5月のしし座さんにとっては理想が大きければ大きいほど、やる気もまた出てくるよう。自分に制限をかけても、良いことはひとつもありません。夢を描くなら大きく、理想を抱くならとことん豊かに。そんなつもりで、視野を広げていきたいところです。理想を叶えるために、何かを学び始める人も多そうです。

恋愛運
ワークスタイルが正反対とか、まったく異なるバックボーンを持っているとか、これまで付き合ったことのないタイプの人にグイグイ惹かれていくかも。ひとつひとつのことが新鮮で、「そういう考え方もあるんだ!」といった好奇心が恋を後押ししてくれます。遠距離恋愛中の人、復縁を願っている人など、物理的・精神的に隔たりがある関係の人も、今月は「距離があるからこそ深まる愛」を、経験することになりそうです。

仕事運
1日、しし座の人のキャリアを管轄するエリアで部分日食が起こります。日食は「スタート」を意味する新月の特別版。よって、仕事において「これまでのものをゼロにして、スタートを切る」ようなことが起こりそうです。慣れたことばかりでなく、新人になった気持ちで新たなことにチャレンジする。なんとなく続けてきた仕事を辞め、異業種転職をする──そんな大きな転換点が、向こう半年くらいの間に生まれるかもしれません。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
仕事でも恋でも、趣味や習い事でも、ひとつのことに集中して深く深く掘り下げていきたくなりそう。選択肢をひとつに絞るというのは、逃げ道を断つことでもあります。そただ、そうした怖さは、この時期のおとめ座さんにはかけらもありません。むしろ、全力で関わることで不安が消え、自信につながっていくこともあるはずです。「これしかない」と思えることに、夢中になりましょう。

恋愛運
強く深い愛情が胸に宿ります。片思いの人はもちろんのこと、いわゆるマンネリ状態に陥っているカップルも、「やっぱり、この人しかいない」と心のなかで再確認することになるでしょう。ただし嫉妬や独占欲といった、ちょっぴりブラックな感情も生まれやすいときなので、冷静さをポケットに入れておきましょう。シングルの人は妙にモテるのですが、この時期に出会う人は70%が下心、なんてことも。人選はいつも以上に慎重に。

仕事運
仕事面でも素晴らしい集中力で取り組むことができるのですが、それはシングルタスクのときのみです。マルチタスクで進めると、いきなり「効率どこいった」状態になるので、集中できるスケジュールの組み方を意識しましょう。早朝など、邪魔が入りにくい時間も上手に使って。リモートワークの人は生活と仕事の区切りがつけにくくなるので、いつも以上にメリハリを意識できるといいですね。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
「幸運と拡大の星」と呼ばれる木星が、天秤座の対人運に明るい光と希望を投げかけ始めます。ここから半年くらいのあいだ、人間関係は豊かな広がりを見せ、人から刺激をもらい、自分もまた誰かに与えたりと、相互関係のなかで運が形づくられていくでしょう。大切なのは、変に遠慮しないこと。対等な目線で、自分が相手に与えられるものに自信を持てるように、自分自信を磨いていくことです。てんびん座さんは思いやりの深さゆえに、相手の気持ちをパッと察して行動を変えるようなところもお持ちです。それは長所のひとつですが、向こう半年は堂々と、自分を出していくということも重要であるはず。

恋愛運
パートナーシップに、とても前向きなことが起こります。すでにパートナーがいる人は、関係をさらに一歩深めるような話が出てくるでしょう。今は恋を探している途中という人も、安心して好きになれるような、誠実な人との出会いが期待できるはず。もしも恋人や好きな人と「これから」の話が出たならば、婚姻制度にこだわらず、いろいろなパートナーシップのあり方を話し合ってみて。お互いの絆をより強める時間にしていきましょう。

仕事運
責任感が高まり、自分に課せられた役割を果たすために全力で関わるときです。妥協を許さず努力するうえ、「お願い!」と頼まれると断れません。オーバーワークになりがちなところはありますが、真摯に努力する姿勢は周囲の信頼を勝ち取ることもできるでしょう。仕事相手にも恵まれるときです。同じ熱量で頑張ることができる「相棒」的な存在も、現れるかもしれません。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
人間関係や自分らしさについて、価値観を塗り替えるような出来事が起こりそう。「今までの自分はなんだったんだ」といった疑問も浮かぶかもしれませんが、むしろこれまで積み重ねてきた「自分」があってこその価値観の転換なので、恐れる必要はまったくありません。自信をもって、自分の多様性を受け入れましょう。この時期、大事なことは「決断や判断を、他人に任せない」ということです。それでこそ、今後の半年の足取りが確かなものとなるはずです。

恋愛運
恋は安定期を迎えます。相手のために尽くしたり、自分に何ができるだろうと考えたりと、優しい時間がふたりの間に流れているでしょう。片思いの人は情熱的に。いつもの自分ならできないような、大胆な選択をする人も多そうです。感じているドキドキが愛によるものか、スリルによるものかはちゃんと区別する
必要がありますが、トリガーを引くのは相手ではなく、自分ということはぜひ、覚えていてください。

仕事運
とても忙しくなってきます。手掛ける仕事の量が、とんでもない量になってくるのです。そのうえ、誰かから引き継いだ仕事で遅れが発生したり、際限なく作業が増えていったりもするのでしょう。あなたは責任感の強い人ですから、必ずやり遂げるはず。ただ、いかんせんオーバーワークになりがちなところもあります。誰がやってもいいような作業は断るなど、調整にも力を入れられると素敵です。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
あなたの才能や個性に注目が集まり、一気に人気者に。SNSの発信でバズる、チャンスをつかむといったこともありそうですが、何よりあなた自身が、好きなことを全身で楽しめるハッピーシーズンと言えるでしょう。音楽にアート、ファッション、テキスト……時間を忘れて夢中になれることが、生活のなかで生まれる小さな悩みや不安を、吹き飛ばしてくれるようなこともありそうです。

恋愛運
3日、11日、25日と、段階的に恋愛運が上昇する素晴らしい1ヵ月。ラブラブ度が上がっていくことを肌で感じる人は多いでしょうし、恋をしたいなと思っている人にも嬉しい展開が多いでしょう。この時期は「自分から行動を起こしてこそ、うまくいく時期」。ただ、コミュニケーションに関してはかなりスローテンポです。返信が遅いからといって「脈ナシかな?」なんて、すぐにジャッジしないほうがよさそうです。

仕事運
何をどこまでやるか、の見極めが上手くできるように。特に後輩に対しては、ついつい手や口を出しがちだった人もほどよく「お任せ」にできるよう。それが相手の成長につながっていることも感じられるはずです。一点気をつけたいのが、今月はコミュニケーションロスが起きやすい点。連絡が行き違ったり、誤解されたまま広まったりと驚くことも多そう。確実で丁寧な伝え方を工夫しましょう。なお、「好きなことを仕事にしたい」人はここから半年が頑張りどき。SNSでの発信なども頑張って、活躍のフィールドを広げていって。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
「何か新しいことを始めたい!」と目をキラキラさせる人と、原点に帰って自分自身を見つめる人。今月の山羊座は、外向きか内向きかで両極端になりそうです。外向きの人は、面白そうだと思ったことにはどんどん飛び込んでみると転機をつかみやすいでしょう。人と会い、学ぶことでいい刺激も受けられます。内向きの人は、かつての自分を振り返るチャンス。自分に厳しくなりやすいときなので、リラックスタイムも適度に確保できるといいですね。

恋愛運
愛はホッと心を許せる相手を求めるとき。恋を探している人は、頼もしさや包容力といった、自分が安心できる相手が魅力的に思えるでしょう。ふたりきりで過ごす時間を多めにとると、進展が期待しやすそうです。出会いを探している人は、元同僚や同級生など、よく知った相手と「いつの間にか付き合っていた」なんてこともありそう。カップルはちょっぴり甘えん坊に。しっかり者のあなたを受け止めてくれる存在を、どうぞ大切になさってください。

仕事運
一緒に働く仲間との関係が良好に。ただ、ここまで頑張って良くしようと思ってもどうにもならなかった人は、思い切って新しい場所を模索するのもいい時期です。どんな人たちと一緒に働きたいのか、何をやりがいとしたいかを、丁寧に振り返ってみて。また、10日以降は細かいことが気になってピリピリしがちに。他人に自分と同じだけの頑張りを求めたくなりますが、あなたほどの頑張り屋さんがそれをすると、心折れてしまう人もいるかもしれません。厳しさのなかにも、優しさを大切にできると素敵です。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
わくわくするような面白いものと、たくさん出会える時期がスタートします。気になるイベントや場所には積極的に足を運んだり、コミュニティに参加したりと、フットワーク軽く行動を起こしてみるといいでしょう。SNSでのやり取りを通して“同好の士”を作るのもよさそう。共感したり会話をしたりするなかで、自分のフィールドがぐいぐいと広がっていくことを感じられるはず。

恋愛運
いいなと思える人はいるのに、なぜかいいタイミングに恵まれない。話したくてたまらないのに、会うとなぜか言葉が出てこない。そんなもどかしさが強まってきそう。ただ、焦らなくて大丈夫。これは一時的なことで、6月初旬にはキレイに解決していくものです。見込みはないとか、相性がよくないとジャッジするのはまだ早そう。そういう時期と思って肩の力を抜いてみれば、不思議とうまくいくことも多そうですよ。

仕事運
人脈拡大を狙っていける好機です。コロナ禍のなか、オンラインでの打ち合わせがメインという人も多いと思いますが、顔を合わせる機会に恵まれた折には積極的に足を運ぶといいでしょう。また、いい情報をつかむことで仕事が格段にうまくいく時期でもあります、必要であれば有料セミナーや勉強会にも積極的に参加して、最新情報や業界の動向をキャッチアップしていくといいでしょう。仕事のための学びもはかどります。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
忙しい日々が続いていきますが、11日過ぎには少し肩の荷が下りるような気持ちになりそう。あれこれと先々のことを考えるばかりでなく、純粋な熱意だけで今を楽しめるようになる人も多いでしょう。また、今月は金運も好調です。スキルをお金に変えていくチャンスをつかめますし、ショッピングでもいいものを見つけられるでしょう。欲しいものがあれば、行ったことのないショップを訪問してみるとよさそうです。

恋愛運
恋は安定モード。一途に相手を思いつつも、自分が幸せになれる相手かどうか、慎重に判断する冷静さもそなわっているでしょう。カップルのなかには「一緒に住もうか」「家族に紹介するね」といった話が出てくる人もいそうです。ただ、今月は何かと気持ちが伝わりにくかったり、進んでいた話が仕切り直しになったりすることも多そう。今はじっくり絆を強めることに時間を使って、来月以降に実行するとスムーズでしょう。

仕事運
「頑張りたい」という気持ちのもとに、パワフルに目の前の仕事に取り組みます。もちろんそれだけでも素晴らしいことですが、「なくてはならない人」になるためには会話力、情報力も大事なよう。自分の作業に集中するだけでなく、人に話したり、「こうするともっとうまくいくよ」と情報をシェアしたりする時間も確保するといいでしょう。「あの人に相談したら、必ずヒントが見つかる」なんて、頼りにされるようになるかもしれません。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧
この記事の関連記事