「MeiMei」〜今日も渋谷と。Vol.20〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々めまぐるしく変化し続ける渋谷。
注目の女性と一緒に渋谷に赴き、フィルムカメラで今日の渋谷を切り取る。

MVのクールな表情や力強く歌う姿も魅力的。だけど、一緒に歩きながら話している時、コレクションしているネイルファイルを見せてくれた時、歌を不意に口ずさむ時。18歳のチャーミングな一面もMeiMeiの魅力。
初夏の初台でしなやかで引力のある姿を切り取る。

「渋谷って外国人も多くて、安心感があります。それにデザイン性のある服を着ていても、変に注目されなくて居心地がいいですね。
教科書で見ていた渋谷の街に降り立った時はワクワクしました。今も宮下パークや竹下通りをよく散歩してるんですよ」

「小さい時から、いろんな国や街に住んでいました。アメリカ、オーストラリア、中国、日本……都会も田舎も経験して、大変なこともあったけど、いろんなカルチャーを吸収しているのが強みだと思います。
高校ではロサンゼルスにある芸術学校・Idyllwild Arts Academyでソングライティングの勉強をしていました。自分で制作した曲を先生に褒めてもらえた時は嬉しかったです。」

「英語、中国語、日本語3カ国語を話せることを歌に活かしていきたいんです。英語の歌詞に突然中国語が混ざると、その違和感で、歌詞を読んでくれたり、いい意味でパンチが出るんです。誰かや自分の励みになるようにエナジーを込めて歌います。」

「1月26日に配信した『Strangers feat. MIYAVI』では、MIYAVIさんとコラボさせてもらって本当に嬉しくて興奮しましたが、MIYAVIさんのパワーに負けない! 1+1=2ではなく、もっと大きな何かになれるようにと、心を込めて歌いました。
特に“I’m  fighting”というフレーズは、戦う自分と誰かの気持ちを鼓舞させるように意識したフレーズです。私の歌が誰かの人生に介入してくれるようになれると嬉しいですね。」

「フェス……サマソニやビルボードに出演したいですし、もっともっと大きなところ、グラミー賞やヴィクトリア・シークレットのショーステージにも出演したい。
18歳でまだまだこれからだけど、音楽を心から楽しむ環境で私の音楽を伝えていきたい、映像も楽曲も衣装もフルディレクションするステージを作る、それが今の私の夢です」

“MeiMei”
2003年生まれ、日本生まれ中国籍。幼少の頃より親の仕事の都合上、中国、アメリカ、日本など、合計11の地域に移り住む。高校ではカルフォルニアにあるIdyllwild Arts Academyに進学。本格的に音楽の勉強を始める。2021年7月にグローバルアーティストとしてワーナーミュージック・ジャパンよりデビュー。2022年1月にはギタリストMIYAVIとコラボした『Strangers feat. MIYAVI』を発表。今注目すべきZ世代アーティスト。

【Instagram】https://www.instagram.com/meimei_officialacc/
【公式HP】https://meimei-web.com/ja/

■Make Up Item

カラーパレット:〈アンプリチュード〉コンスピキュアス アイ&チークカラーパレット リミテッドコレクション a〈税込〉9,900円
リップ:〈アンプリチュード〉コンスピキュアス リップグロス EX-01〈税込〉4,510円
※どちらも2022年5月18日(水)数量限定発売

■Information
〈アンプリチュード〉
+Q(プラスク)ビューティー 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン6階

写真:湯浅亨 ヘアメイク:浅野絢美(LECO) 編集:高橋優璃 

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事