ホームSHIBUYA NOW! > 【SHIBUYA NOW!】 コスメデコルテ「色気のあるツヤをメイクで実現!秋に華やぐカラーコレクション」

SHIBUYA NOW!

【SHIBUYA NOW!】 コスメデコルテ「色気のあるツヤをメイクで実現!秋に華やぐカラーコレクション」

  • facebook
  • twitter
  • hatena

2017/9/4更新

渋谷の「今」を切り取ってお届けする「SHIBUYA NOW!」。今回は〈コスメデコルテ〉から、8月21日に発売された新色コレクションをピックアップ。

コスメデコルテ

秋はボルドーやパープル、ブラウンなど深みのあるカラーがコレクションに増え、大人シックな表情を楽しみたい気分。そこでキーワードになるのは、ヌーディながらも落ち着いた大人な色気。
これからの季節に注目したい「色気のあるツヤ」メイクのコツを、コスメデコルテの新コレクションから教えてもらいました。

深みのあるカラーで目元に大人の色気をオン

コスメデコルテ 手前からPK820、PU120、RO620、BR321、BR320

今季限定発売されるアイクレヨンは、線で引けばアイライナー、指でぼかせばアイシャドウとマルチに使える優秀なアイテム。描きやすく、するすると伸びるやわらかなテクスチャですが、汗・水・涙につよいウォータープルーフタイプで時間が経ってもよれにくく、美しい目元を長持ちさせます。

コスメデコルテ

おすすめは、人気のアイグロウジェムから出た限定色ダズリングゴールド(GD083)とのコーディネーション。グリーンがかった少し大きめのラメは、濡れたようなつややかな目元に仕上げることができます。

スフレみたいなやわらかなクリームはアイホールになじみやすく、二重まぶたの溝にたまらず、まばたきをしてもよれません。ぼかしやすく発色を調整ができるのも嬉しいポイント。

おすすめは、ダズリングゴールドのアイグロウジェムをアイホール全体にまぶし、ボルドーのアイクレヨンを目の際に入れた、深みのあるアイメイク。さらに、偏光パールが入ったピンクアイクレヨンを下まぶたにオンすれば、流行の抜け感をプラスできます。

アイメイクとリンクコーディネートして、色気をほどよく追加

コスメデコルテ 左から)AQMW ルージュグロウRO654、RD457/AQMW アールデフルール

目元にポイントを置いたら、美発色のルージュでやわらかく色気をオン。グロスのようにみずみずしい透明感があり、じゅわっと内側からにじみでるような赤みを唇に添えられます。皮むけを防止するトリートメント効果が高いため、カラーを楽しみながら唇をケアも。

コスメデコルテ 左からGY060、RD442

メイクは顔だけでなく、全身でスタイリングするもの。爪先にはアイメイクとリンクコーディネートしてボルドー、もしくは色を引き算するようにクールにグレージュを取り入れてみては。

秋色が視界に入ると、気分もすっかりモードチェンジ。「色気あるツヤ」メイクを手に入れたら、新たなおしゃれにチャレンジして、訪れる季節を楽しみましょう。

■渋谷駅・東急東横店西館5階 化粧品売場
〈コスメデコルテ〉
AQMW アイクレヨン(限定品)・・・〈税込〉2,916円
AQMW アイグロウジェム(限定色GD083)・・・〈税込〉2,916円
AQMW ルージュグロウ・・・〈税込〉3,780円
AQMW アールデフルール・・・〈税込〉6,480円
AQMW ネイルエナメル・・・〈税込〉2,160円

※ 限定品はなくなり次第終了となります。予めご了承ください。




おすすめの記事もまとめてチェック!
◆【アート初心者向けレッスンNo.2】ベルギー発奇想天外な作品を、ホラー映画から読み解く!
◆「正解がないからおもしろい」 “渋谷菌友会”が「発酵」を実験する理由
◆映画解説者・中井圭の「今宵は渋谷で映画でも?」vol.10 ジム・ジャームッシュの「誇り」を感じる『パターソン』

ザ・スクランブルは渋谷の情報を集めて紹介するファッションマガジンです
  • facebook
  • twitter
  • hatena

pagetop