ホームSHIBUYA Community > 【恋に効く渋谷Vol.4】デパ地下に知られざる「デート必勝ワインBar」発見

SHIBUYA Community

【恋に効く渋谷Vol.4】デパ地下に知られざる「デート必勝ワインBar」発見

  • facebook
  • twitter
  • hatena

2018/6/25更新

こんにちは! 双子でライター活動をしている奈津子(写真左/姉)と亜希子(写真右/妹)です。

この連載のテーマは「デートで即戦力になる渋谷の情報」を皆さんにお届けすること。 渋谷といえば、飲食店の激戦区! センター街に宮益坂、道玄坂をはじめ多くのスポットにレストランやBarが立ち並んでいますよね。

でも、たくさんのお店があるからこそ「デートで良いお酒が1杯飲みたい…」と思う時の店選びは至難の業…。

そんな中、「あまり人に知られていない最強のちょい呑みスポットがある」という噂を聞きつけ、さっそく行ってみることに!


■デパ地下にBar?

なんでも、その店は東急百貨店本店の地下1階、いわゆる「デパ地下」にあるんだとか。 デパ地下って一般的に、生鮮食料品がメインに並んでいるイメージですよね…。 デートとはあんまり縁のない場所だと思いますが、一体どういうことなんでしょう。

ちょっぴり不安になりつつエスカレーターで地下まで降下し左手に直進すると、和洋酒売場「THE WINE」にたどり着きます。

私たち双子を迎えてくださったのは、こちらの売場でワインの普及販売に携わるダンディなソムリエ・藤巻 暁さんです。

藤巻さんは美大在学中に美術の勉強でフランスを周遊した際にワインと出会い、その後多くのレストランやバーでサービスに従事し、現在も老舗ワインスクールで講師を勤めるほどのワインのエキスパート。

「Barカウンターに入る前に、少し店内のワインをご紹介します。きっと面白いですよ」と提案してくださり、まずは案内してもらうことに。


■彼への手土産に喜ばれるワインは… とはいえ、ワインの知識は限りなくゼロに等しい双子。単刀直入に「すみません…。ぶっちゃけワインの知識や味について1ミリも分からないんですが…」とお伝えし「意中の男性へプレゼントしたら喜ばれるワインがあれば教えて下さい!」と懇願。

そんなストレートな質問に対し、藤巻さんは優しく笑って、こう返してくれました。

「大丈夫ですよ(笑)。よく『ワインの味を表現する言葉を知らない』と不安になられる女性のお客様がいらっしゃいますが、無理して知識を得る必要はないと私は思います。

CDを買う時に『ジャケ買い』なんていう言葉があるように『ラベルがかわいいから飲んでみたい』など、そういう理由で選んでいただいても、最初は全然OKなんです。

だって、見た目が気に入らないワインは、気に入らない先入観を持ったまま飲まなければいけませんが、ラベルが印象的だと飲んでいる最中も気分が良いですよね。たとえば、こちらのワインなんですが…」

そう言って藤巻さんが選んだのは、『アモーレ・フウ』(750ml/税込4,860円)というワイン。

「こちらは、濃淡で表現したピンクの薔薇が全面に描かれたエチケットデザインです。意中の男性への手土産に花束を持っていく代わりに、花が描かれたボトルのワインを持っていくというのも、粋でしょう」とニッコリ。

たしかに花のデザインをしたワインを持っていくなんて、シャレオツな演出や…。このワインは若いリンゴや桃のような果実味があり、酸味は穏やでスルスルと喉を通る飲み心地なんだそう。

ボトルデザインで魅了される商品も数多くあることが分かりました。


■1,000円ポッキリワインも激ウマ

続いて、こちらのかわいらしい猫がデザインされたボトルワインをピックアップ。

ポルトガル産の『ガタオ ヴィーニョ ヴェルデ』という超人気ワインだそうです。

爽やかな甘みが心地よいライトスパークリングワインのこちらは、常連のマダム達が、入荷するごとにまとめ買いを希望するほどに超人気なんだそう。

しかもお値段、なんと税込1,080円…。や、安い…。

さらに、藤巻さんはスッと「秘密の鍵」をポケットから取り出し、店内奥のワインセラーにも案内してくれました。

こちらの貯蔵庫には1本70万円以上するワインや希少なブルゴーニュワインまでたくさんのボトルを寝かせているそうです。

なんだかワイン好きにはたまらないスペース…。

こちらのセラーは、希望すれば売場係員の方が鍵を開けて誰でも入れるそうですが、防犯上、手荷物を持って入場することは出来ませんのでご注意を。

それにしても、数多くの幻にワインが並ぶ姿は圧巻です。百貨店の地下に、こんなワイン王国があったなんて今まで誰も教えてくれませんでした…。


■忽然と姿を現す「週末限定Bar」

いやぁ、ワインって奥深いし面白い。そんな風に奈津子が思っていた矢先、亜希子が姿を消しました。急いで探すと…店内右奥のスペースにいました! 

オイオイ。取材に同行してくださった東急百貨店のイケメン担当者さんに隣に座ってもらって、ブリッ子してるし…。

ドン引きする奈津子ですが、それにしても店内にこんなスペースがあったなんて! 

そうなんです。

こちらが知られざる「デート必勝ワインBar」こと、ワインテイスティングスペース。

毎週末(土・日)の午前11時〜20時まで、テーマを決めて店内で販売するさまざまなワインをグラス価格でテイスティングできるカウンターなんだそう。

アットホームな広さに美しいワイングラスが立ち並び、ワインに関する洋書なんかも置かれていて、とっても良い雰囲気です。売場一角に作られたスペースとは思えないほど、リッチな空間。

ここでは藤巻さんがピックアップした厳選ワインを複数テイスティングすることができ、ロブマイヤー社製の1脚約2万円ほどのグラスで飲むことができます。

そして、嬉しいポイントがもう1つ。

1杯700円代のワインから5,000円以上する高級銘柄まで豊富にメニューが取り揃えられてる点です。これなら彼とデートで来ても、その日の予算に応じて安心してワインをオーダーすることができます。

ちなみに取材当日は、ピンク色の唇ラベルデザインが印象的な人気のランブルスコ「バーチョ」も置いてありました。 このワイン、中田英寿氏さんがボトルやラベルのデザインをプロデュースされているんですって。

サッカー好きの彼とテイスティングしたら、それだけで話に花が咲きそうですよね。(注:テイスティング可能なワインの銘柄は定期的に入れ替わります)

地下フロアのご近所・明治屋さんから取り寄せた特製オードブルセット(税込648円)も注文可能。

いやぁ。まさかデパ地下で、これだけ奥深いワイン体験ができるとは衝撃です。

週末の夕方、ディナー前にこちらのカウンターに訪れて彼とまったりワインデートしても良し。

女子ひとりで来て「彼への手土産ワイン」を藤巻さんに相談しながらセレクトしても良し。

百貨店の地下には驚くべきワインBarがありました…。皆さんもぜひ行ってみて下さいね。



■ 渋谷・東急本店 和洋酒売場〈THE WINE〉
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
電話番号:03-3477-3111〈本店・東横店代表〉
URL:https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/




おすすめの記事もまとめてチェック!
◆【恋に効く渋谷Vol.1】やっつけ映画デートに飽きたら「森の図書室」で知的な夜遊びをすべき
◆【恋に効く渋谷Vol.2】彼と食事後「もっと一緒いたい…」それなら夜専門のパフェに誘うべし
◆【恋に効く渋谷Vol.3】彼との距離がグッと縮む「ボルダリング」を体験してみた

ザ・スクランブルは渋谷の情報を集めて紹介するファッションマガジンです
  • facebook
  • twitter
  • hatena

pagetop