ホームSHIBUYA MIX > 渋谷という街の今日の一杯 Vol.9 「FUGLEN TOKYO のMemory Lane」

SHIBUYA MIX

渋谷という街の今日の一杯 Vol.9 「FUGLEN TOKYO のMemory Lane」

  • facebook
  • twitter
  • hatena

2019/6/4更新

エネルギッシュなムードが漂う渋谷も、夜になればどこからともなく大人が集まり、渋谷という街にひっそりと酔いしれます。
渋谷という街にはどんな一杯が合うのでしょうか。今晩のお店のバーテンダーに聞いてみましょう。

代々木公園のほど近く、人気カフェ『FUGLEN TOKYO』。
人気のコーヒーを求めていつもたくさんの人が、のんびりとした時間を楽しんでいる。

いつもは昼間に来ていたけど、夜はカクテルを出すことをはじめて知った。
バーテンダーの荻原さんに渋谷に合うカクテルをオーダー。

「日本でも提供しているところが少ない“アクアヴィット”というじゃがいもを使ったスピリッツのカクテルがオススメです」

「甘酸っぱいチェリーリキュールを加えたカクテルです。
フグレンの本店があるノルウェーでは、アクアヴィットを使ったサワーが人気なんです。それをベースに、フグレン トウキョウ風にアレンジしました」

見た目から、イチゴミルクのようなクリーミーな味わいを想像していたけれど、とても爽やかだった。

「レモンジュースとミントで爽快感をプラスしてるんです。甘いだけの平坦な味わいではなく、変化に富んだカクテルに仕上げました。上の白いのは卵白です。口当たりがよくなりますよ」

度数がしっかりしているけど、ついつい飲み進めてしまう。5月の季節外れの夏日にとてもよく合うカクテルだった。

「思春期から渋谷で遊んでいて、今も渋谷で働いている。父親が渋谷で働いていることもあって、昔から馴染みの街なんです。

渋谷は古いものも大事にしているけど、新しいものもたくさん生まれる街ですよね。
そんなところからインスピレーションをもらって、クラシックのカクテルを今風にアレンジをしてレシピを作りました」

カクテルを少しずつ飲みながらあたりを見回すと、外国人がひっきりなしに訪れる。
コーヒー、カクテル、ビール……リラックスしながらお店の雰囲気を楽しんでいた。

「すごく多いんですよ。海外だとフグレン トウキョウのようにカフェ感覚のバーが多いのですが、都内にはほとんどないからか、よくお越しいただいています。
外国人のお客さまから、その土地の定番のカクテルを注文されることも。勉強になりますね」

確かにカフェのようにかしこまらないでお酒を頼めるのはすごく嬉しい。
みんな本を読んだりパソコンで作業をしたり、話し込んだりおもいおもいの時間を過ごしている。

「ここがお酒を楽しんでもらえる入り口になってもらえればと思っているんです。はじめてカクテルを頼む若い方も多くて。
そんな人へ、カクテルの楽しみ方、おすすめのバーをアテンドしたり、バーにふさわしい服装だったりをお話しして、もっともっとお酒カルチャーの深さや楽しさを知ってもらいたいんです」

大人の階段を昇ってみたいとき。
ちょっと緊張をしていても、店内を照らすぼうっとしたオレンジの明かりがほっとさせてくれる。

「何か飲みたいカクテルがあったら言ってくださいね。夜は気分にあったものを作りますよ」

今度は本を持って、ゆっくりしたい。
適度なざわめき、英語じゃない言語を聴きながら、コーヒーの香りを嗅ぎながら飲むカクテルは楽しい時間だった。

「FUGLEN TOKYO」
http://fuglen.com/
営業時間 月・火:8時〜22時、水・木:8時〜25時、金・土:8時〜26時、日:8時〜24時
(バータイムは水曜日〜日曜日の19時から。月・火は休み)
休み 不定休
住所 東京都渋谷区富ヶ谷1-16-11
電話番号 03-3481-0884




過去の連載をまとめてチェック!
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.8 「B FLAT BAR の桃とザクロとパイナップルのカクテル」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.7 「BAR KOBA のキールロワイヤル」
◆渋谷という街の今日の一杯 Vol.6 「Bar Rocaille のTea Cocktail」

ザ・スクランブルは渋谷の情報を集めて紹介するファッションマガジンです
  • facebook
  • twitter
  • hatena

pagetop