【花のある暮らし】Vol.9 梅雨が楽しくなるあじさいを品よく飾る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋にあるだけで心が和む花。いつも花がある生活は憧れますよね。花はちょっとのコツで長持ちさせることができます。今が旬のお花とお手入れ方法を知って、日常的に花を飾りませんか? 今回は街中で見かけると、季節の訪れを一層感じさせるあじさい。ジメジメ気分を花を飾って解消しましょう!

室内にもあじさいの気配を取り入れたい

あじさい1本平均300円〜1,000円前後 ※仕入れ状況により価格が変動します。

本当に今だけ! この時季にしか出回らないあじさい。道端で見かけると嬉しくなりますよね。お手入れにコツがありますが、やっぱり梅雨の期間は一度が飾って欲しいもの。最後まできれいに飾る秘訣を教わりました。

あじさいのおすすめの飾り方

少ない本数で飾るなら、長さを見せるのが素敵。少し長めのものを選び、シリンダータイプの花器に飾れば、涼しげな雰囲気に。本数多く飾るなら、ドシっとボリューム感のある器を選んであげましょう。長さを少し不揃いにしても素敵。白や寒色系のカラーがほとんどなので、飾りやすく、同色でまとめても、グラデーションでも◎。

あじさいのお手入れ方法とは

水の量
水をよく吸うので、花瓶は大きめで、たっぷりのお水で活ける。また、乾燥に弱く、毎日の霧吹きをしてあげる。

茎の切り方
茎を斜めにカットしたら、中に白いワタが入っているので、取り除く。水を換える度にカットした方がモチが良い。

その他長持ちのコツ

・暑くなければ1週間ほど長持ちすることもあるので、なるべく涼しい場所に置く。
・直射日光はNG。カーテン越しに日が当たる程度に。
・もし鉢で買った場合、大きさにもよるが毎日お水をあげてもOK。また、来年も花をつけるので、日々水やりを欠かさずに。

ドライフラワーにするには
・持ち帰ったら水につけず、ぶら下げて干す。
・花の部分を上にすると、首が下がってしまうので、きれいなドライフラワーにするなら逆さまにする。

まさしく“今”の季節を象徴するあじさい。天候次第では突然シーズンが終わってしまうこともあるので、見かけたら一度は連れて帰って欲しい花の1つ。
季節の移ろいを花から楽しみましょう!

■Information
〈青山フラワーマーケット〉

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店 渋谷・東急本店地下1階
03-3477-3787 〈直通〉
https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/shop/detail.html?shopcode=aoyamaflowermarket

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事