爪が割れる原因は?爪が割れたときの対処法からセルフケア方法まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事中に、食事中に、メイク中に、自分好みに彩ったネイルがふと視界に入ると気分も上がりますよね。爪はメイクと違って、普段生活しながら自分で見ることができるコスメなので、いちだんと気合いが入るものです。

でも自爪はしっかりケアできていますか?

せっかく美しくデコレーションをしても、気が付いたら横から亀裂が入って割れていた!なんてことがあれば、なんだかやる気もダウン……。そうならないためにも、自爪を美しく健康に保つセルフケア方法を学びましょう!

爪が割れる原因は?

爪は皮膚が変化したもので、髪の毛と同じ「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で構成されています。厚さ1ミリほどの1枚板に見えますが、実は3枚の層からできています。そのため爪が割れると、層同士が剥がれて下の薄い層が現れる2枚爪になることも。
また、10~15%ほど水分を含んでいるため、肌や髪と同じように保湿をしないと、乾燥が爪トラブルの原因になることも。触ると固く感じるけれども、実は繊細な爪。割れる原因は、他にどのようなものがあるのでしょうか。

水分不足

爪がもろくなる原因のひとつは、水分不足です。水仕事の後など乾燥した爪に爪切りなどで大きな力が加わると、爪が層状に剥がれて、2枚爪が起きやすくなるそう。特にセルフネイル派の人は、手軽に家で何度も塗りなおせるので、除光液を多用している可能性があります。除光液を使用すると爪の水分が飛んで乾燥してしまうので、ネイルをオフした後は必ずネイルオイルなどできちんと保湿しましょう。

ケラチン不足

爪の主成分であるタンパク質「ケラチン」も不足すると、爪がもろくなり、割れやすくなります。食べ物から摂るタンパク質は筋肉や内臓などに優先的に送られるため、摂取量が少ないとなかなか爪にまでまわってこないことも。丈夫な爪づくりには意識して、鶏のささみやムネ肉、卵、大豆製品、青魚、鮭などを積極的にメニューに取り入れましょう。

併せて、ほうれん草や人参などの緑黄色野菜に多く含まれている「ビタミンA」は、ケラチン形成に欠かせない栄養分です。これが不足すると、爪が乾燥しやすくなり、爪割れの原因になる可能性も。

鉄分不足(貧血)

鉄分不足で貧血状態が続くと、酸素や酵素を運ぶヘモグロビンの量が減り、体が酸欠状態になるそうです。すると代謝が低下して、肌には血色や艶がなくなり、髪もパサパサ、爪ももろくなります。特に貧血の自覚がない「隠れ貧血」の人は要注意です。改善には、サプリメント、レバーや海藻、赤身のお肉などの食事で鉄分を摂るように意識しましょう。

爪きりの使用

合わせ刃で爪をつまむようにして切る爪切りは、爪のコンディション次第では、爪が欠けたり、二枚爪になったりすることがあるので注意です。

ストレスポイントから割れることも

皮膚と爪の境目付近は「ストレスポイント」と呼ばれていて、外部の衝撃を受けやすい場所です。ストレスポイントに負荷をかかりにくくするには、爪の形をヤスリなどで、強度のあるスクエア、もしくは角に丸みをもたせたスクエアオフに整えましょう。

爪が割れる前にできる対策は?

爪が割れないようにするには、日々のケアが大切です。爪自体のメンテナンスだけでなく、食生活を見直して丈夫な爪をつくる栄養分を摂るように意識しましょう。

必要な栄養分をしっかり摂る

すでにもろくなってしまった爪は、どんなにケアをしても丈夫にすることはできません。しかし、爪は生え変わるものなので、食生活を見直して必要な栄養分をしっかり摂ることで、丈夫な爪を育てることができるそうです。栄養バランスのとれたメニューを基本に、爪の主成分であるタンパク質、ケラチンを形成するビタミンA、鉄分などを意識して摂るようにしましょう。

保湿ケア

爪にタテ線が出てくる場合がありますが、これも乾燥が原因と言われています。こまめにネイルオイル、爪用の保湿クリーム、セラム(美容液)を塗って、爪にうるおいを補給しましょう。ヒアルロン酸、セラミド、スクワランといった保湿成分が含まれているものや、爪の保護・コーティング機能をもつタイプのクリームもおすすめです。また、ハンドクリームは浸透性や有効な美容成分が異なるため、爪の保湿ケアに代用できません。

ヤスリで爪の長さを調整する

爪に負担をかける爪切りの代わりに、爪の長さを調整するには「ネイルファイル」がおすすめです。ネイルファイルとは爪専用のヤスリで、爪切りと比べて時間がかかりますが、爪へのダメージを軽減できます。やさしく、少しずつ、左右のバランスを見ながら形を整えていけば、見た目もきれいに仕上がり、爪にモノが引っかからなくなります。

長い爪を切る場合は爪切りを使ったほうが早いので、入浴後の爪がやわらかくなっているときに、爪の端から少しずつ切りましょう。爪切りの後はネイルファイルで形を整えることを忘れずに!

爪が割れたときの対処法

爪が割れてしまうと、割れた部分が洋服にひっかかったり、キーボードを打ちづらかったり、なにかと不便です。また割れ方次第では、放置しておくと雑菌が入り込んで症状を悪化させることもあるので、早めに対処しましょう。

絆創膏で応急処置をする

爪が割れたときは、どこかに引っかけて悪化しないように、絆創膏で割れた部分を保護します。あくまで応急処置ですが、爪が割れやすい人は常備しておいたほうが良いでしょう。指先なので、ウォータープルーフタイプを選べば、手を洗うときも取れません。

ネイルサロンへ相談をする

ネイルをしてもらう印象が強いネイルサロンですが、爪のプロでもあるネイリストに爪トラブルの相談が可能です。爪を補強するために、爪の状態に応じた施術を行ってくれます。ただし、あくまで爪の補強や見た目を良くするための施術なので、爪が割れた際に出血や痛みが伴った場合は、ネイルサロンの前に病院へ相談してください。

大きく割れている、痛みがあるときは迷わずに病院へ

爪は体の中でも小さなパーツなので、わざわざ病院に行く必要はないと思うかもしれません。しかし爪が大きく割れて出血したときや、痛みがある場合は、迷わずに皮膚科を受診してください。

爪が割れる原因に乾燥や栄養不足を挙げましたが、原因はそれだけではありません。カンジダ菌や白癬菌などが原因の場合は自己治療ではなかなか直すことができないため、病院で適切な治療を受ける必要があります。

さらに爪を美しく保つケア方法

手先が美しくなるからといってジェルネイルやセルフネイルの繰り返しで、爪がボロボロになっていませんか。もろくなった爪は、美しくジェルやマニキュアを載せることができません。

爪を健康的に美しく育てるには、定期的なセルフケアがおすすめです。血色が良く、ピンク色でツヤのある理想的な爪に近づくために、必要なアイテムや自宅でできるセルフケアの方法をご紹介します。

セルフケアに必要なアイテム

爪を手入れするアイテムは以下の通りです。
・ネイルファイル(爪やすり):長さ調整用
・爪切り:長さ調整用
・ネイルポリッシャーもしくはブロックバッファー:表面磨き用
・キューティクルリムーバー:甘皮ケア用
・プッシャー:甘皮ケア用
・ニッパー:甘皮ケア用
・爪用美容液:保湿用
・ネイルオイル:保湿用

アイテムそれぞれの用途については、セルフケアのステップごとに説明します。

1)爪の長さをネイルファイルで整える

爪が長い人は爪切りなどで先端のほうを切ってから、ネイルファイルを使います。
爪の先端にネイルファイルを45度の角度で当てて、爪の脇から中央に向かって一方方向にゆっくり動かし、爪を削ります。脇を削りやすくするには、サイドの指のお肉は親指で下げましょう。先端の白い部分が2~3ミリの長さだと、爪が美しく見えます。時間をかけて、深爪にならないように注意しながら、爪を整えてください。

2)ネイルポリッシャーで爪表面をなめらかにする

表面に凹凸のある爪は、見た目も良くないほか、ネイルの密着度も低くなります。そのため、爪の表面を削ってなめらかに整えましょう。

使うアイテムは、ブロックバッファーもしくはネイルポリッシャーです。ブロックバッファーとは立方体の爪やすりで、4面それぞれに配した粗さが異なるやすりがついています。ネイルポリッシャーは電動の爪やすりで、仕上げの違いで3種類アタッチメントがついています。どちらを使うかはお好みですが、ブロックバッファーのほうが比較的安価で手に入ります。

凹凸がかなり目立つときはザラザラとした粗い面を、ちょっと気になる程度であれば2番目に粗い面を……というように、ケアをする際は爪の状態によって、使用する面を変えます。フラットな爪の人は、つるつるとした面を使って、左右に動かしながら表面を整えましょう。ただし爪がすでに薄くなっている人は痛みを感じる場合があるので、磨きすぎに注意です。

3)甘皮を処理する

爪の根本にある甘皮(キューティクル)のケアは、お風呂上りがチャンスです。温まってやわらかくなった甘皮付近に、キューティクルリムーバーを塗ります。キューティクルリムーバーは固くなった甘皮や皮脂などをやわらかくして浮かすアイテムです。

そしてプッシャーという器具を爪表面に対して45度の角度で立て、爪の中間から根本まですべらせます。圧をかけると爪に負担がかかるので注意してください。古い角質のルースキューティクルがカスになって出てくるので、ガーゼやコットンでやさしく拭き取りましょう。最後に、小さなはさみ状のニッパーで、爪回りのささくれなどを取ります。

4)爪を保湿ケアして完成

最後に、保湿力の高い爪美容液を塗り、乾燥対策にネイルオイルを重ねましょう。それぞれ爪表面だけでなく、周りの皮膚、爪の裏側にもしっかり塗ることを忘れずに。セルフケア方法の1)~4)までは、ジェルネイルやマニキュアを取った後に、もしくは自爪の人は2週間に1回のペースで行いましょう。

爪が薄くなってきたなと感じたら、ネイルをお休みして育爪期間を設けるのもおすすめです。爪は成人で1ヵ月に約3ミリずつ伸びていくので、傷んだ爪でも半年から1年ほどで全体が生え変わります。そんな長期間は待てなくても、数週間、1ヵ月の間だけでも「育爪週間」として毎日集中保湿ケアをするだけでもOK。手を洗った後、もしくは朝出かける前と夜寝る前に1回ずつ、美容液とネイルオイルを塗りましょう。

まとめ

同じ皮膚なので、爪もスキンケアと同じように毎日ケアをしてあげたいところ。しかし一度ジェルネイルやマニキュアに魅了されると、自爪のままで仕事やデートに行くなんて想像できません……。

しかし爪が傷んでしまっては後の祭り!きちんと定期的なセルフケアを続けていれば、ジェルネイルにも負けない美しいクリアピンクの素爪を手に入れるかもしれません。地道なケアが必要ですが、ぜひ続けて手元美人を目指しましょう!

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の関連記事