「吉木菜香」〜今日も渋谷と。Vol.17〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々めまぐるしく変化し続ける渋谷。
注目の女性と一緒に渋谷に赴き、フィルムカメラで今日の渋谷を切り取る。

ほぅっと見惚れてしまうスタイルから発せられるのは、日向のような多幸感。肩の力がすっと抜けているのにたおやかな立ち姿はずっと見ていたくなるほど。
秋晴れの旧山手通りをモデルの吉木菜香と散歩をする。

「山梨県出身なんですが、東京に出やすかったので、中学生の頃、遠足気分で109の初売りに並んで福袋を買いに行ったのが最初です。
テレビで見る渋谷はすごく広いイメージがあったのですが、スクランブル交差点も狭いし、憧れだった109も思った以上に狭くてびっくりしたのを覚えてます。」

「なりたいものがないまま、山梨で大学生をやっていたのですが、20歳の時、原宿でスカウトされた時に『これだ!』と思ってモデルの世界に飛び込みました。
S-Cawaiiという雑誌でモデルをしていたのですが、自分がかわいく写っていればOK、この写真は何を意図しているのかよく分かっていない時期もあったんです。
モデルになりたての頃はネガティブな性格で、自分のことがあまり好きじゃなかったんです。でも仕事をしていく上で徐々に自分と向き合えるようになってきて。」

「ギャル系の媒体の時、甘い顔付きの女性にすごく憧れていたんです。でもある日、顔は変えられないし、甘い顔付きの人は私の顔にはなれないよね、と自分を認められるようになってきたんです。
もちろん最初はカラコンを外すのですら大騒ぎするくらい(笑)、メイクやファッションで武装していたのですが、私にできる役割がある、と、思えるようになってきました」

「今は、私という素材のままを活かすお仕事も増えてきて、表現の仕方もずいぶん変わってきました。少し前からどの現場でも必ず撮影意図を確認します。他のスタッフさんは前からずっと準備をしているのに、モデルは最後だけし
かいない。私もそのひとつのものを作る人として、参加させてもらっているという心構えでお仕事させてもらっています」

「個人のYouTubeや、事務所のチャンネルで『桃色ワンダーランド』というチャンネルを開設したり、新しいことにもいろいろチャレンジしています。
個人のYouTubeは自分でスマホで編集しているんです。集中する作業が好きで、楽しんでやっています。」

「話すことも好きで、ラジオをやっていたときに声を褒めていただいたことがあって。YouTubeは続けていきたいと思っています。結婚をきっかけに料理にもハマっていて、料理関係の仕事も興味があります。今はいろんなことが楽しいですね」

“吉木菜香”
1991年生まれ、山梨県出身。大学生の時に原宿でスカウトされてモデル活動をスタート。S-Cawaiiの専属モデルを経て、現在はファッションブランドや広告などでも活躍。個人のYouTubeチャンネルと所属事務所のモデル3人のチャンネル「ももいろわんだーらんど」を開設。インスタグラムから垣間見えるライフスタイルにも注目が集まる。

【Instagram】https://www.instagram.com/saika518/
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UClB2tAERdfD0KL8d29lqbqg/featured
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjf9QzOOxCA6K_etNy0MXP9huD_MUxDwT

■Make Up Item

アイシャドウ:〈ジルスチュアート〉ブルームクチュール アイズ 03 peony harmony〈税込〉¥6,380
チーク:〈ジルスチュアート〉ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 20 honey amaryllis 〈税込〉¥4,620
リップ:〈ジルスチュアート〉ルージュ リップブロッサム 126 wispy daisy、127 mocha moonflower〈税込〉¥3,080
ネイル:〈ジルスチュアート〉ネイルラッカー ブルームクチュール 02 lady flamingo 〈税込〉¥1,650 ※限定色

※全て2021年1月7日(金)発売

■Information
〈ジルスチュアート〉
+Q(プラスク)ビューティー 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン6階 ジルスチュアート

写真:湯浅亨 ヘアメイク:浅野絢美(LECO) 編集:高橋優璃

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事