いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2022年8月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

8月の星回り

ここ1年半ほど頑張ってきたこと、というとあなたは何を連想するでしょうか。コロナ禍ゆえに、これまでとは異なる努力をたくさん強いられてきた──いえ、適応しようと、なんとか前向きなところを探してきた人はとても多いことでしょう。そうした努力の日々が12日前後、「これはこれで、学ぶべきものがあったなあ」と感じられるようになるかもしれません。また、誰にとっても大きな転機となるのが20日以降。半年という長期的なスパンで情熱を持ち続けたいテーマが目の前に立ち現れてくるだろうと思います。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
身近な“ヨコのつながり”において、素晴らしい出来事がありそうです。友人、同僚、仲間と「苦労したからこそ、いい関係になれたよね」と言い合えるような出来事がありそう。親しい間柄ですから、そんな仰々しいことは言わないでしょうか。でも、お互いが「この人がいてくれて、出会えて、本当によかった〜」と思えていることは、あなたも実感できそうです。

恋愛運
恋愛運が好調なのは12日以降。自分から動いてこそいい恋になるときですから、好きな人がいるならお誘いしてみたり、メッセージを送ってみたりと前向きに行動を起こしていきたいところです。曖昧なことが許せなくなる時期でもありますから、ここまでふわっとさせてきたことを「で、どうなの?」とばかりに結論に持ち込もうとすることもあるかも。勇気を出そうとするとつい肩に力が入ってしまうものですが、優しい言葉を意識して。

仕事運
ばたばたと軽快な多忙さが日々に満ちています。やるべきことが次から次へと出てくるので、先送りはしないほうがベター。その日のタスクはその日のうちにきっちり片付けて、気持ちに余裕を作っておきましょう。下旬、自分のフィールドを広げたくなる人は多いかも。向こう半年くらいかけて追い求めたい、自分の新たな可能性を模索してみて。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
7月からかなり忙しい日々が続いている人はとても多いことでしょう。20日までは、情熱のままに目の前のことに取り組んでみることで、大きな飛躍を経験できるはず。今まではどうしても勇気が出なかったことも、この時期であれば「よし!」と思えるはず。今までの自分の殻を破るようなチャンスをぜひつかんでみて。

恋愛運
月の上旬は軽やかな気分で楽しめそう。恋を探している人は、ちょっとした会話がきっかけで意気投合する人がいそうです。相手の趣味をリサーチして話題を振ってみる、などという作戦も有効に働くかも。カップルはデートを提案するなど、ふたりの夏の思い出を積極的に作っていくといいでしょう。上旬は日帰り旅行などアクティブに、中旬以降はおうちデートが◎です。

仕事運
「行動あるのみ」「当たって砕けろ」的なアクションが有効に働くときなので、頑張りたいことが明確になっている人はチャンスが多そう。12日の満月前後では、キャリアにプラスの動きが起こります。苦手でも、気が進まなくても、長いあいだ頑張ってきたことがここで報われることになるでしょう。もし月初にこの占いをご覧になっているなら、あと一歩粘って頑張ってみては。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
ごく身近なところでいくつも動きが起こるとき。食事や片付け、友達付き合いなどをマメにやっておくと夏の毎日が充実するでしょう。転機は20日。「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星があなたのもとに巡ってくるのですが、この火星は普段の4倍以上の長きにわたり、あなたを力強く後押ししてくれることになっています。2023年3月末までは、闘うようにしてでも手に入れたいもの、向き合いたいものが見つかるのかもしれません。

恋愛運
これは恋に限った話ではないのですが、たとえば寛容さはときとしてルーズさと表裏一体だったりします。こだわりも、見る人が違えばガンコさと呼ばれることもあります。こんなふうに、好きな相手の性格に「もしかして、こうなのでは?」と思える部分が見つかるとき。ただ、これは決して「アラ探し」とか「冷めた」などといった意地悪な目線ではないはず。自分も相手も幸せになるにはどうしたらいいのかという、冷静な判断だと思います。

仕事運
言葉にし難いようなフラストレーションが胸に浮かびそう。自分に対しても世の中に対しても「もっともっと、こうあるべきだ」という姿が胸につのるのですが、目の前の現実を見ると動きにくいものを感じたり、どう行動に出たものか迷ったりしがちなのです。でも、それでも大丈夫。20日以降には、頭と心が一致。ここまで熟成させてきた思いを、ちゃんと行動に移していけます。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
冒険心がぐぐっと高まるとき。もっと広い世界を見てみたい、自分にリミッターなど設けたくないとばかりに、いろいろなことにチャレンジしたくなるでしょう。ときに、普段のあなたなら「ちょっと空気読んでやめとこ」と思うような大胆発言も恐れない姿勢から、危なっかしい印象を与えてしまうことも。ただ、この時期は理解者もまたちゃんといるはず。勇気を出して、自分の世界を広げていって。

恋愛運
7月の後半から恋愛運が上昇しているかに座さんは、今月上旬まで好調なまま推移。人との接点が多い季節ですから、恋を探している人は積極的に行動を起こしてみるとよさそうです。SNSやマッチングアプリ、オンラインゲームなどネットを介した出会いも好調。価値観が合うなと思ったら、フォローやいいねをするなど反応を示してみて。いいきっかけになるはず。

仕事運
フットワーク軽く動いてみるとサクサクと気持ちよく仕事が進んでいきそう。夏の長期休暇に向けてあれこれとイレギュラーな対応が必要とされる時期ですが、臨機応変に立ち回ることができるでしょう。また、責任重大な役割を担ってプレッシャーに耐えてきた人は、その努力が報われる流れに。決して楽なことばかりではなかったと思うのですが、「頑張ってきてよかった」と思えるようです。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
じっくり腰を据えて頑張る、といった空気が似合うとき。物質的にも、精神的にも豊かな毎日のために力を尽くすといい情報をキャッチできるときなので、マネープランを立ててみるのはいい選択と言えるでしょう。気になっていたマネー系のセミナーをオンラインで受けてみる、といったアクションにもプラスの動きがあるはずです。12日以降はショッピング運がアップ。気になっていたものはマメにチェックを。

恋愛運
12日以降、恋愛運が急上昇。過去はどうあれ、ここから幸せを目指していこうと覚悟が決まるときです。今まで、長く向き合ってきたパートナーシップの課題がようやく解決に向かっていく人もいそう。人によっては、パートナーとの接し方すら変わるのかもしれません。もちろん、良い方向にです。愛されていいのだ、幸せになっていいのだと思ってみることが、解決の糸口となるはずです。

仕事運
目が回るような忙しさに「これはチャンスなのだろうか? それとも、ただジタバタしているだけなのだろうか」などと、一瞬わからなくなるような展開がありそう。ただ、心配はしなくて大丈夫。得意なこと、今まで身につけた知識などを活かして頑張れば、大いなる飛躍のときにしていける星回りです。今は不思議と、力になってくれる人も多い時期。大きなチャレンジは20日までに起こして、いい運の波に乗っていきましょう。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
いい風が吹いてきます。自分らしく、まっすぐに頑張れるだけのチャンスと気力に恵まれ、大きなチャレンジができるでしょう。「自分は自分だからいいんだ」と、素直な自己肯定感を持てるようになる人も。ボディメイクやヘルシーなライフスタイルのためにコツコツと努力を続けてきた人は、その成果を実感できるときでもあります。頑張った自分をホメてあげて。

恋愛運
友達が好アシストをしてくれるとき。あるいは友達と思っていた人がドキッとすることを言ってきたり「これってデート!?」と思うような瞬間があったりと恋愛ドラマさながらのシーンもあるかもしれません。すぐにどうするか決める必要はまったくないので、まずは気楽にこれからのことを考えてみるといいのかも。恋のトラウマがある人は、誰にも出さない手紙を書いたり、日記をつけたりして言語化してみると立ち直りのきっかけがつかめる時期です。誰も責めなくても、もう自分を傷つけなくても大丈夫です。

仕事運
マメな連絡・報告とフットワークの軽さがプラスに働く時期。今月が勝負! という仕事もあるとは思うのですが、ここまでの経緯を見てもあなたであれば抜かりはないはず。このまま程よい緊張感を維持しつつ、ベストを尽くすといいいでしょう。また月末、仕事そのものというより、進め方やスケジュールの立て方において目からウロコの学びを得る暗示が出ています。いいなと思ったらぜひ実践を。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
これからいかに生きるべきか、他人とどう向き合っていくか。そんな、大きなテーマにおいて素晴らしい学びが得られる時期。メンターと呼べるような間柄の人がいるのなら、一度ガッツリと今の自分について話を聞いてもらうのもいいかもしれません。なお、相手の言うことをすぐ実践、というのは時期尚早と言えそう。思考や言葉を噛み砕いて消化するという過程は必要です。少なくとも、今月のうちは心のなかでしっかり熟成させて。

恋愛運
「灯台下暗し」という言葉がありますが、この時期はまさにそれを実感するような出来事が起こりそう。いつも接している人の秘められた魅力や本心を知り、休息に惹かれていくようなことが起こりがちです。いつもより深く人の心にコミットできる時期だけに、ある意味「闇」を見ることもあるかもしれないのですが、それが吸引力につながることも。冷静さは常に手放さないようにして。

仕事運
自分が本当にやりたいこと、本心とズレのないことを今一度、確認しておきたいときです。「仕事なのだから、ワガママは言えない」などと自分を押しつぶしていると、どんどん願っていない方向に話が進んでしまうことも。それよりは、自分が自分でいられるように、敢えて「選ばない」という選択も長い目で見れば重要と言えるでしょう。目先の損得に惑わされずにいましょう。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
コミュニケーション運が活発に。新たにいろいろな人と接点を持っていくというよりは、すでに関係性ができている相手と真剣に関わっていくことになるでしょう。仕事や趣味など、何らかの目的を持ってともに頑張る相手とは、真剣な対話が交わされることも。思いがすべて重ならなくてもOK。むしろ、違いから学び、違いを生かしたほうがいい未来につながっていくはず。

恋愛運
将来に向けて準備中のカップルは、現在と未来の間にある課題をどんどん解決していくアツい季節となりそう。「どうする?」と相手の出方を見るよりも「こうしていかない?」とあなたの側から提案するといい話ができるでしょう。恋を探している人は、いつもほどに関心がわかないかも。たとえば仕事で「素敵だな」と思う人がいても、恋愛スイッチは入りにくそうです。ただその分、まわりの人の人間的な魅力に気付けもするようです。

仕事運
「この人のためなら、なんだって頑張りたい」というアツい気持ちが生まれるとき。自分を信頼してくれた誰かのために、ともに頑張っている仲間のためにと、モチベーションが上がるきっかけが常に誰かとの関係性のなかにあるのでしょう。喜ばせたい、助けたい。ビジネスにおいてはウェット過ぎると思われることもあるかもしれませんが、個人的に納得のいく結果にできるはずです。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
ここまでコツコツ頑張ってきたことが大きく報われる流れに。特に「学び」と「コミュニケーション」においては、一定の成果が見られるようになるでしょう。ときに「こんなことをして何になるんだろう」と思った日もあったでしょうか。でも、頑張ったという事実は、あなたが「なかったこと」にしない限りはなくなりません。何より、日常的に頑張ったことを活かせていることが、努力が報われたことを実感させてくれるだろうと思います。

恋愛運
理想の恋とパートナーシップを模索するとき。恋は楽しんでナンボと思っていた人も、ちょっとマジメに「自分が幸せになれる愛とは?」と考える時間が増えそうです。苦しい恋をしていた人はそろそろ辛いばかりの状況に出口を見出だせそう。単純に「やめる」ばかりが正解ではないはずです。今の恋に、自分なりの意義を見出すことで、光を見つけられる人もいるのです。

仕事運
チャンス到来の予感です。キャリアにおいて、ピュアなやる気が湧いて「もっともっと頑張りたい!」という気持ちになれるはず。ひとりで進めるのも良いのですが、できればたくさんコミュニケーションを取りながら進めることで、自分のポテンシャルをアピールすることができるでしょう。ここまでコツコツと身につけた、知識や積み重ねた情報の厚みが仕事で活かせることもありそうです。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
好きなことで頑張れたり、活躍のフィールドを広げていけたりと、想像もしなかった方向に物事が展開していきます。「こんなことがあっていいの!?」とびっくりするかもしれませんが、ここでの変化は前向きなものと考えてOK。可能性は無限大と思って、チャンスを活かしていくといいでしょう。金運に前向きな動きが起こる人もいます。昇給が決まったりするかも!?

恋愛運
この夏、やぎ座の人々は濃い愛の季節を過ごすことになっています。もちろん「今は恋はいいかな」という人の場合は周囲の人とのあたたかなコミュニケーションや、子どもやペットへの愛に運が分散されていくでしょう。ただ、恋を頑張りたいなと思っている人は20日頃までに積極的に動いてみるとチャンスをつかみやすいはず。大胆さが転機につながる人も。

仕事運
実力を活かせるタイミング。いつもよりもアタマを働かせるタイプの業務が多く、趣味で培った「好き!」や「知ってる!」がアイデアのベースとなることも多いでしょう。20日以降は急に多忙に。やるべきことに優先順位をつけて、効率よくこなしていくことを意識して。一生懸命になりすぎてオーバーワーク気味になる人も出そうなので、仕事量は周囲とよく相談を。人の力を上手に借りられるといいですね。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
ここ半年くらい、長い人では1年半くらい頑張ってきたことが報われる人はとても多そうです。自分を鍛え上げるようにして、たくさん頑張っていらっしゃいましたね。人から「成長したよね!」「うまくなったね」なんてホメられることがあったなら、言葉どおりに受け取って喜んでおきましょう。嬉しい臨時収入を得ることもあるかもしれません。

恋愛運
12日、20日と、段階的に愛への追い風が強まってきます。パートナーがいる人は相手の愛情を実感できますし、相手からもより絆を強めていくことを求められるでしょう。今は恋を探している人は、20日以降に期待大。多少、刺激を求めすぎる傾向があるものの、「この人が好き」と思ったならとびきりの勇気を出せるときです。こうした傾向は向こう7ヵ月くらい続いていくので、どうぞお楽しみに。

仕事運
とことん情熱を燃やせるものを見つけられるときです。当初はターゲットが限られたものであっても、どんどん大きく広がっていくでしょう。あるいは、自分がやりたいことを実現するために、ちょっとした“自分への投資”をすることになる人もいるかもしれません。とても有意義な出費となりますから、前向きに検討してみるとよさそうです。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
自分でも想像もしていなかったような相手と話したり、意義のある対話が生まれたりするときです。仮にあなたが年下だったり、経験が浅いことを自覚したりしていても、あなたが自分のアタマで考えたことであれば、真剣に受け止めてもらえるでしょう。むしろ、黙っていては何も始まりません。チャンスメイクのスタートは言葉、と覚えておいてくださいね。

恋愛運
「大好き!」という気持ちや、ただ単純に楽しい時間を過ごすだけでは、ちょっぴり物足りなく感じるようです。もっと相手のために役立ちたい、自分も何かをしたいと考えるようになるのでしょう。相手の話をよく聞いて、気付いたことがあればどんどん行動に移してみるといいでしょう。ただ、アドバイスや熱烈すぎる褒め言葉は、余計と思われてしまうことも。相手に差し出すのは、言葉より行動のほうがいい時期です。

仕事運
新しい仕事仲間がジョインしたり、議論を戦わせたりと、頭を使う仕事が増える時期。その場しのぎの対応に終始するのではなく「なぜ、そうなのか」を明確に考えておくことで今後のためになるでしょう。場合においてはつい、強い言葉が出そうなこともあるのですが、ケンカをしてもあまり意味はありません。「あなたはどう?」と聞ける余裕は持っておきましょう。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事