「タカハシマイ」〜今日も渋谷と。Vol.24〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々めまぐるしく変化し続ける渋谷。
注目の女性と一緒に渋谷に赴き、フィルムカメラで今日の渋谷を切り取る。

透明感のある肌に、キラキラとなびく青い髪。存在感と儚さが同居した雰囲気はずっと見惚れてしまう、唯一無二の魅力を湛えた女性。
アーティスト、モデルとして活躍するタカハシマイと、秋の気配が感じられる恵比寿ガーデンプレイスで青空と溶け込む。

「渋谷は生活の一部ですね。埼玉出身なので身近な場所でしたし、19歳で上京して働いていたヴィンテージショップも渋谷、お買い物、友人と会う場所、ライブハウス、事務所……何かと来る街なんです。
今も昔も変わらないのは、いろんなカルチャーが混ぜ合った街ですよね。生活の一部でありながら、おもしろくて飽きない場所。」

「高校卒業して、音楽をやるために上京後、モデルやヴィンテージショップで働きながら、当時の事務所の養成所に通っていました。その頃はじめて行ったフジロックに魅了されてしまい。絶対にフジロックに出たい! と固く決心しました。今もその気持ちは変わらないです。
フジロックに魅了された当時、いろんな準備をして大好きなバンドの最前列を死守したり、かなり積極的に行動していた時も(笑)。いろんな思い出があって思い入れがありすぎるので、フジロック出演は叶えたい夢のひとつです。」

「Czecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)というバンドでヴォーカルとシンセサイザーを担当しています。
コロナでライブ活動ができなくなった時、心の元気がなくなってしまい、落ち着いた曲ばかりを聴いている時期がありました。
そんな時、家で趣味のように作っていた曲が気持ちにフィットして、Living Ritaというプロジェクトを始動させました。」

「今まで当たり前のように行ってきたライブや、人との交流ができなくなって、人と会うことが心のケアになっていたんだな、と痛感しました。
落ち込む時間も多かったですが、“いつかやりたいね”と言っていた、Living Ritaのプロジェクトを立ち上げられたのもこのコロナ禍のおかげ。きっとコロナがなかったら、いつかはいつかのままだったかもしれません。」

「今は自分のやりたいこと、やってみたいことを丁寧に、楽しくやっていきたいです。
SNSの発達でいろんなものが即時に届けられる反面、あっという間に流されたり消化されてしまうような気がしています。
だからこそ、自分の好きなことにちゃんと向き合って、音楽活動もモデルも、ファッションの仕事も真摯に届けていきたいと思っています。

ようやく世界的に緩和されてきたので、海外でライブを行ったり、フェスに行きたい。いろんなことをたくさん吸収して、刺激を受けたいですね。それを自分の活動に還元したいです。」

“タカハシマイ”
1992年生まれ、埼玉県出身。モデル活動をしながら、ロックバンドCzecho No Republicのメンバーとして2013年より活動をスタート。ライブ活動など精力的に活動する傍ら、テレビ番組にも出演。2020年からファッションブランド、ELLA CANTARIAのデザイナーとして、また新プロジェクト、Living Ritaの活動を開始。多面的な才能で多くの女性の支持を集める。

【Instagram】https://www.instagram.com/iamihsahakatiam/
【公式HP】http://c-n-r.jp/

■Make Up Item

アイシャドウ:〈スリー〉ディメンショナルビジョンアイパレット X02〈税込〉7,150円※
リップ:〈スリー〉アライジングスピリットリップグロー 08 〈税込〉4,290円
ネイル:〈スリー〉ネイルポリッシュ〈税込〉1,980円

※2022年9月7日(水)限定発売

■Information
〈スリー〉
渋谷ヒカリエ ShinQs店 B1階

写真:湯浅亨 ヘアメイク:浅野絢美(LECO) 編集:高橋優璃 

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事