【花のある暮らし】Vol.21 秋はやっぱりケイトウが可愛い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋にあるだけで心が和む花。いつも花がある生活は憧れますよね。花はちょっとのコツで長持ちさせることができます。今が旬のお花とお手入れ方法を知って、日常的に花を飾りませんか? 今回は秋を感じるケイトウを紹介します。

ケイトウ 400円前後 ※仕入れ状況により価格が変動します。

8月下旬から少しずつ増えてきているケイトウ。起毛したフォルムが秋の訪れを感じさせてくれます。最近は色も豊富で、インテリアや気分、ブーケの雰囲気に合わせて選べるのが嬉しいポイント。上手に飾って、家の中に季節を呼び込みましょう!

ケイトウのおすすめの飾り方

今出回っているケイトウは、ふわっとした見た目の“トサカケイトウ”と、羽のようなシュッとしたフォルムの“ウモウケイトウ”の2種類。
“トサカケイトウ”はネイティブフラワーと組み合わせてボリューム感を楽しんだり、秋を感じるススキなど、線の細いものと合わせてメリハリを効かせたりと、場面に合わせて扱いやすいのが特徴。
“ウモウケイトウ”はそのまま2~3本程度飾って、キッチンなどの水回りにさりげなく置いても素敵。

ケイトウのお手入れ方法とは

水の量
少なすぎないことを心がける

茎の切り方
真っ直ぐカットし、下の葉は取ってあげると、長持ちする。

ドライにするコツ
ケイトウは乾燥に強く、ドライフラワーにしやすいので、フレッシュな時期を楽しんだら、
逆さまに吊るしておくと、綺麗なドライフラワーに。

ケイトウでしか楽しめないこのボリューム感。いろんな色を飾るもよし、他の花とのコーディネートで遊んでも楽しいケイトウ。
買いやすい価格帯なので、日常的に取り入れてみて!

■Information
〈Hibiya-Kadan Style 渋谷ヒカリエShinQs店〉

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店 渋谷・東急本店地下1階
03-3477-3787 〈直通〉
https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/shop/detail.html?shopcode=aoyamaflowermarket

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
高橋優璃
Yuri Takahashi
出版社の女性向けメディアにてWEBディレクターとしてSNSやビューティ、占いコンテンツなどを担当。 その後独立し、女性向けWEB媒体のエディター、雑誌のライター、大手企業のカタログエディットなどを手掛ける。
執筆記事一覧
この記事の関連記事